人気ブログランキング | 話題のタグを見る

測定日誌(2019年4月10日)

先週の測定日誌が、今週になってしまい、すみません。
京都・市民放射能測定所、先週4/10水曜日開所日、菊池が当番でした。

*京都・市民放射能測定所は、基本水曜日と、土日のいずれかの週2回、開所しております。
(念のため、京都市民放射能測定所(食材の放射能測定 カンパ・会員募集中 )
ホームページ→http://nukecheck.namaste.jp/
ブログ→https://crmskyoto.exblog.jp/ で、開所日時ご確認ください)

開所時間帯は、開所し測定スタッフがおりますので、測定所所蔵の放射能に関する書籍の閲覧がでこますし、また測定スタッフに放射能測定や放射能のことも気軽におたずねください。来所されるときはご連絡ください。


4月10日(水)の測定結果を報告させていただきます。

冷凍チキンライス(解凍後測定)
測定日誌(2019年4月10日)_c0233009_23545615.jpg
500ミリリットル測定 3600秒
セシウム137 濃度の数値出ず 検出下限値4.21Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず 検出下限値3.42Bq/kg。
でした。

ピークもなく不検出と判断しました。


放射能測定について、話題を一つ、
4月12日朝日新聞が朝刊でWTO の上級審が、日本の水産物を韓国が輸入規制していること、韓国の主張を認めたことをわざわざ一面トップで報じたことにびっくりしました。
さらにびっくりしたのは、その日の夕刊に新聞全紙がトップでとりあげ、それで終わらず次の日の朝刊ででも、しかも朝日以外は全部が社説までもつけて、しかも1面か2面でまだとりあげていました。

これほどまでに国策東電原発事故による被害者や避難者への棄民政策には無関心なのに、国策東電による放射性物質による放射能汚染に対しては自称報道機関がこれほど関心があるとは知りませんでした。

国が日本に住む人たちへはだんまりを通して許されてきましたが、今回のような出番に世界に向かって国策東電原発事故から、環境へ、空気へ、土へ、海へ、放射性物質の放出は続いているが、福島の県境でとまるから放射性物質は福島県境からでないし、魚は福島海域に入らないし、福島海域から県境を越えて魚は出ないしと言ってくれる科学者を国や新聞社はたくさん抱えていたので安心しきっていたのでしょう。

今こそ世界にその科学者たちに主張してもらったらどうでしょう。なぜかその科学者たちはだんまりしてますね。放射能汚染の状況は、測定することでしかわからないです。それをずっと国は怠っていると思います。


by sokutei_kyoto | 2019-04-21 23:57 | 測定日誌 | Comments(0)

このブログは、京都市民測定所のブログです。イベント情報や測定日誌を掲載しています。ぜひ、お立ち寄りください。


by sokutei_kyoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30