測定日誌(2019年1月30日)

佐藤です。夜分失礼します。

丹波橋測定室では、『郵送による依頼測定』も受け付けています。
あんぽ柿(福島県伊達郡桑折)の依頼がありましたので1月30日に測定しました。

あんぽ柿(福島県産)
63000秒 500ミリリットル測定
c0233009_23202920.jpg
セシウム137 0.65±0.62Bq/kg 検出下限値0.94Bq/kg。
セシウム134 0.71±0.50Bq/kg 検出下限値0.75Bq/kg。
でした。
スペクトルは、セシウム137にピーク表示が出ました。

スペクトルのセシウム137の位置(662keV)の所に、ごく小さな山がありました。非常に微妙な結果ですが、ごくわずかに放射性セシウムが含まれていることを否定できない結果となりました。あったとしても1ベクレル以下ですので、今月測定した福島市の干し柿30ベクレルよりずっと小さい値です。

きっと、収穫された農家の方は大変な努力をして除染されたのだろうと想像します。こんな小さな値なら全然問題ないという方も、疑いがある以上食べないという方も、判断分かれる所と思います。ただ私は、完全に汚染の疑いを消し去ることができないという結果に、原発事故への憤りを感じました。


京都測定所では、新米測定プロジェクトを引き続きすすめてます。ぜひ、測定のご依頼をおまちしています。

そして、京都測定所の新しいパンフ、好評発売中です。『原発は事故がなくても危険』(500円)
トリチウムの危険性など、よくわかります。ホームページから申し込めるようになりました。
http://nukecheck.namaste.jp/
ぜひご購入ください。

よろしくお願いします。


by sokutei_kyoto | 2019-02-03 23:21 | 測定日誌 | Comments(0)

このブログは、京都市民測定所のブログです。イベント情報や測定日誌を掲載しています。ぜひ、お立ち寄りください。


by sokutei_kyoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28