測定日誌(2018年4月23日)@三条御前

楠本です。
三条御前測定依頼所「くっすんらぼ」の測定結果報告です。
京都市内の砂場のすなと園芸用の土の2種類を測定しました。

1、砂場のすな
1206g 15000秒
CS137 0.71±1.01Bq/kg 統計誤差 100% 検出下限値 1.02Bq/kg ピーク検出なし
Cs134 9.72±2.22Bq/kg 統計誤差 9.9% 検出下限値 1.04Bq/kg ピーク検出なし

2、園芸用の土
1062g 65000秒
Cs137 2.78±0.81Bq/kg 統計誤差 20.8% 検出下限値 0.70Bq/kg ピーク検出なし
Cs134 12.9±2.6Bq/kg 統計誤差 4.2% 検出下限値 0.72Bq/kg ピーク検出なし

2検体共セシウム137とセシウム134に数値が示されてますがピークが検出されてない事、ウラン系列の鉛214(Pb214)とビスマス214(Bi214)とトリウム系列のアクチニウム228(Ac228)のピークが見られることから、天然核種による誤検出と考えられ放射性セシウムは不検出と判断してよいと思います。

西日本の土壌は天然核種の影響が大きく判断が難しいですが、こうして定期的に測定してデータを蓄積するのはとても有意義なことです。
結果の判断は慎重にしなければいけない為時間がかかることもあるかもしれませんが、ご興味ある方はご相談ください。


[PR]
by sokutei_kyoto | 2018-04-27 02:38 | 測定日誌 | Comments(0)

このブログは、京都市民測定所のブログです。イベント情報や測定日誌を掲載しています。ぜひ、お立ち寄りください。


by sokutei_kyoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31