人気ブログランキング |

3.11以前の「かつお節(鹿児島県枕崎産)」をゲルマ測定

楠本です。

魚介類の放射能汚染が気になる方も多いと思いますが。
福島第一原発事故以前はどうだったのでしょうか?

3.11より前に仕入れた鰹節を粉砕し、
南福崎土地株式会社 放射能測定室にて
ゲルマ(ゲルマニウム半導体検出器)測定
をお願いしました。

結果内容です。

◇鹿児島県枕崎産 かつお節(2011年2月仕入)
◇測定日/ 2014年12月17日
◇測定時間 / 22H
◇測定機器 / ゲルマニウム半導体機器
◇検体重量 / 735g

<結果>
Cs-134→0.2Bq/kg下限値以下の為、不検出。ピークは見えず。
Cs-137→0.60Bq/kg ± 0.1>0.3Bq

定量には至りませんでしたが、Cs-134は不検出でありピークは見えず。
よって、チェルノブイリか原爆実験由来のCs-137と判断できます。

キログラムあたり0.4べクレル位は過去の核実験の影響であるのではないかと覚悟してましたが、0.6Bq/kgはちょっとショックですが事実です(個体差はあると思います)。
正直、削り節工場の責任者の僕がこのデータを公表するのはどうかと躊躇もしましたが、3.11以前に仕入れた事が確認出来る鰹節を、密度を上げる為に粉砕してゲルマ測定をするチャンスがある人間って少ないと思いますので、あえて流します。

ふう〜〜
c0233009_20262043.jpg

by sokutei_kyoto | 2014-12-19 20:27 | ゲルマ測定 | Comments(0)

このブログは、京都市民測定所のブログです。イベント情報や測定日誌を掲載しています。ぜひ、お立ち寄りください。


by sokutei_kyoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31