人気ブログランキング | 話題のタグを見る

測定日誌(11月7日)  お魚編

こんにちは、島田です。



11月7日(水)の測定日誌です。



この日は寂しいことに、予約が入りませんでした。



・・ので、ちょっといつもと違う自主測定をしました。



北茨城に上がったマダラ(出荷自粛中の北茨城市沖産)と、

シイラ(販売用の茨城北部沖産)を送っていただいて測定しました。



① タラは可食部だけで測定しようと思いましたが、

大振りな割りに頭が大きく、内臓を含めて

1リットルでの測定となりました。



測定日誌(11月7日)  お魚編_c0233009_1253393.jpg

測定日誌(11月7日)  お魚編_c0233009_1254073.jpg



結果は予想通り検出。



Cs137  12.7  ± 3.6 Bq/Kg

Cs134   7.13 ± 2.48 Bq/Kg


セシウム合計 19.8 ± 4.37 Bq/kg



測定日誌(11月7日)  お魚編_c0233009_12542988.jpg




茨城県のサンプル調査(測定器などは分かりません)

によると、同じ網にっかかったマダラ10検体から

セシウム合算値11Bq/Kg~140Bq/Kg

だったそうです。



同じ網のものでも、これだけ数値に幅があることが分かり、

やはり魚は食べるものを計らないとダメなのかな~と・・・。



② 続いてシイラ。

  こちらは可食部だけで1リットルにすることができました。



測定日誌(11月7日)  お魚編_c0233009_1255380.jpg

測定日誌(11月7日)  お魚編_c0233009_12552864.jpg




結果不検出でした。



測定日誌(11月7日)  お魚編_c0233009_12555747.jpg




少し、ネットで調べた情報と漁業関係者の話から、

マダラは“低生魚”深海を泳ぎ回遊するものもあるが、

同じ場所に留まるものが多い。



一方、シイラは“表層魚”海面近くを泳ぎ、南から上ってくる

回遊魚だそうです。



汚染状況にはその辺の違いが関係しているのでしょうか・・。



魚の生態を知ることも大事かな・・・

そこまでしないと魚を食べられないのかと思うと、

切ないやら、面倒やら・・・やれやれ・・。



以上
by sokutei_kyoto | 2012-11-09 13:00 | 測定日誌 | Comments(0)

このブログは、京都市民測定所のブログです。イベント情報や測定日誌を掲載しています。ぜひ、お立ち寄りください。


by sokutei_kyoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30