タグ:奈良 ( 7 ) タグの人気記事

 

【お知らせ】奈良・市民放射能測定所が開所しました。お近くの方はぜひ測定にお越し下さい。

辻本です。


奈良・市民放射能測定所がオープンしました。開所日(営業日)は週3日です。測定のための検体を持って、ぜひお訪ね下さい。059.gif

見学ももちろんOKです。実際に測定実習をしてみると放射能測定の難しさや奥深さがよく分かります。一人でも多くの方に測定スタッフになっていただければ、開所日を増やすこともできますので、よろしくお願いします。001.gif

当面の開設日は以下の通りです。ホームページから測定のウェブ予約ができます。開所日に直接電話062.gif(0742-81-8458)して下さってもOKです。よろしくお願いします。
063.gif
 
<3月>

 毎週火曜日・木曜日、および 16日(土)、23日(土)、31日(日)

<4月> 

 毎週火曜日・木曜日、および 6日(土)、14日(日)、20日(土)、28日(日)
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-03-13 14:18 | 奈良・市民放射能測定所 | Comments(0)  

奈良・市民放射能測定所オープニングセレモニー始まる

奧森です。
今日は、京都の丹波橋測定室によって奈良にきたので、開会に遅れてしまいました。

当直すると、守田さんの講演が始まったところでした。

講演する守田敏也さん
テーマは、「低線量・内部被曝の危険性と市民放射能測定所の役割」
c0233009_10564676.jpg

c0233009_1111472.jpg


守田さんの講演に聞きいる参加者
c0233009_10575817.jpg


私のお土産は、福島県産ひとめぼれ玄米+パーティー用のスパークリングワイン2本。
玄米は、ゲルマニウム半導体検出器で測定済みのもので、CRMS福島から送ってもらったものです。
c0233009_113322.jpg

セシウム137 3.63±0.45 Bq/kg 検出限界放射能濃度0.87Bq/kg
セシウム134 1.87±0.37 Bq/kg 検出限界放射能濃度0.99Bq/kg

奈良・市民放射能測定所の「CSK-3i」の精度確認に使っていただければと思っています。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-03-09 11:04 | 連携団体イベント | Comments(0)  

3月9日(土)奈良・市民放射能測定所オープニングセレモニー

c0233009_23265355.jpg

[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-03-09 10:00 | 連携団体イベント | Comments(2)  

奈良無料測定会 結果速報その2

4 宮城県産白米2012年
・Cs-137 3.53Bq/kg±2.38Bq/kg 統計誤差67.6% 検出限界3.83Bq/kg
・Cs-134 不検出
・K-40 45.2Bq/kg±27.8Bq/kg 統計誤差61.5% 検出限界44.4Bq/kg

Cs-137の測定委が出ているので、本日夕方から再度長時間測定を行います。

c0233009_1484065.jpg


5 白菜 奈良市産
30分測定で、Cs-137のみ測定値が出たので、30分延長して60分測定を実施中。
c0233009_14102240.jpg

[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-12-15 14:11 | 測定結果等 | Comments(0)  

奈良無料測定会・結果速報(15日その1)

奈良の無料測定会結果速報

15日午前の結果
4検体測定 セシウム134、セシウム137が検出されたものはありませんでした。

1 奈良県生駒市2012年産玄米
・Cs-137 不検出
・cs-134 不検出
・k-40  44.6Bq/kg ±27.9Bq/kg  統計誤差62.7%
c0233009_1254275.jpg


2 奈良県月ヶ瀬産鶏卵 2012/12/14製造
・Cs-137 不検出
・cs-134 不検出
・k-40 25.9Bq/kg ±24.3Bq/kg  統計誤差93.7%
c0233009_12555861.jpg


3 ネオミルク すこやか 大塚製薬
・Cs-137 不検出
・cs-134 不検出
・k-40 189Bq/kg ±61Bq/kg  統計誤差25.3%
c0233009_136074.jpg

[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-12-15 13:13 | 測定結果等 | Comments(0)  

来年3月10日開所へ 奈良市民放射能測定所準備会

c0233009_12334090.jpg


奈良準備会の辻本さんから


第8回準備会の報告です。
1.確認できた内容
①前回までの簡単な経過
・3/18に福島測定所から阿部宣幸さんを招いて(コーディネイトして下さった京都測定所の奥森祥陽さんも参加)、講演と測定デモンストレーションを開催した。その時に参加した「奈良こどもの未来をまもる会」のメンバーが 「呼びかけ人」になり、「奈良に市民放射能測定所をつくろう!」というチラシをつくり、呼びかけ人・賛同人を募る活動を開始した。

・以来、7回の準備会を重ねた。京都測定所の見学や内部被曝学習会(講師:入江医師)も実施した。しかし、呼びかけ人自身の中でも測定所設立について様々な意見の違いがあることが明確になった。奈良で本当に必要なのか、資金協力やスタッフの確保は大丈夫なのか、開設したが継続運営ができなくなるというリスクはクリアできるのか、本気で設立を考えている人がどれだけいるのかなどの意見が出された。そ
んな中で、第8回準備会は次のような方向で実施することになった。

設立に向けた具体的なイメージを提示し、改めて賛同者を募るためのチラシ(案)を作成する。盛り込む中身について話し合いを通じて、出されている疑問点や課題をクリアし、合意を作り出す。元の「呼びかけ人」はリセットし、ぜひ設立したいという思いを持ったメンバーを中心に広く賛同を呼びかけ、開設に向けて運動を作る。

②奈良市民放射能測定所設立に向けた合意事項
・開設時期:2013年3月11日のメモリアルデー(11日は月曜日なので、オープンは前日の10日予定)
・測定器:非電化工房製品CSK-3i(105万円)を基本に考える。すでに使用している仙台の「小さき花SSS」の石森さんの話では、温度管理が課題だということでした(年中エアコンが必要)。名張市で測定所開設を計画されている中川さんが先週末に非電化工房を訪問され、色々と調査されてきました。このML
に もその報告を流していただくようお願いする予定ですので、その報告も踏まえて最終判断をしたいと思います。
・年会費:4000円とし、測定費は会員1回2000円(年一回測定無料)、一般1回4000円とする。
・場所探し:気密性があり、重量に耐えられるところ。家賃は3万円までとする。
・開設カンパ:一口1000円(できれば複数口をお願いする)
・振込口座の開設ができ次第、新しいチラシ及びリーフレットを作成し、会員・カンパ募集の活動を開始する。
・奈良市民放射能測定所暫定規約(取りあえず京都市民測定所のものを借用しています
(名 称)
 第1条  本会の名称は、奈良市民放射能測定所と称する。(ぜひ愛称を考えたいですね)
(目 的)
 第2条  本会は、放射能に汚染された食品による内部被曝を防ぐために、食品の放射能測定・検査を行うことを目的とする。
(事務所)
 第3条 本会の事務所を○○○○○に置く。
(会 員)
 第4条  本会の目的に賛同し、年会費4,000円を納入するものは、会員になることができる。
(総 会)
 第5条  代表が召集する年1回の総会において、年間活動方針並びに役員体制を決定する。3分の1以上の会員の要望により臨時総会を開催することができる。
(役員体制)
 第6条  本会の役員として代表、副代表、事務局長及び会計を置く。また、必要に応じて、事務局員を置くことができる。
 第7条  上記役員は、年1回の総会において、会員の中から互選で選出するものとする。
 第8条  役員の任期は、次回の総会までとする。再任は妨げない。
(設立年月日)
 本会は2013年3月10日に設立する。
・役員体制
 代表    辻本  誠
 副代表   武部 毅陸 桑原 由香
 事務局長  渡辺 由貴子
 会計    渡辺 由貴子(当面、兼務)

・メーリングリストアドレス:nara-shiminnsokutei@freeml.com

2.次回の予定
  日時:10/14(日)13:00~15:00 1-3・1-4会議室 
 場所:はぐくみセンター

3.イベント予定のお知らせ
①京都市民放射能測定所見学会
  9/30(日)10:00~12:00(京阪「丹波橋駅」下車すぐ)
②さよなら原発生駒市民の集い
  9/23(日)13:30~15:30 セイセイビル301号室
  ・堀田美恵子さん「脱原発への私の思い」
  ・避難者より(天貝あきさん・萩原ゆきみさん)
③鎌田 慧さん講演会「脱原発社会は可能~民主主義を私たちの手で」(さよなら原発県ネット)
  9/29(土)13:30~15:50 橿原文化会館小ホール
④奈良オーガニックマーケット
  9/30(日)9:00~14:00 JR奈良駅前広場
⑤奈良県くらし創造部 消費・生活安全課主催「食品中の放射能物質対策について学ぶ
  10/19(金)13:30~16:00 学園前ホール
  *詳しくは、奈良県HPのくらし創造部・生活安全課のお知らせをご覧下さい。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-09-17 22:02 | Comments(0)  

【ご案内】3・18キックオフ-奈良・市民測定所設立準備会はじめます

c0233009_21351370.jpg


奈良・市民測定所設立準備会はじめます!
――被曝社会を生き抜くために――


 日 時 : 3月18日(日) 13:00~16:00
 場 所 : 奈良市保健所・教育総合センター(はぐくみセンター)
 参加費 : 800円 (避難者 500円)


☆☆☆プログラム☆☆☆

*阿部宣幸さん(CRMS市民放射能測定所理事)のお話
*ベクレルモニターLB200による食品の放射能測定のデモンストレーション
*今後の具体的活動についての話し合い

 東京電力福島第一原子力発電所事故は、原発周辺地域のみならず、日本全国、世界をも危機に陥れています。大量の放射能は現在も拡散し続け、大気・土壌・海洋を汚染し、飲料水・原乳・野菜・食肉などの汚染は、内部被曝の危険性を生み出しています。私たちは被曝から免れることはできない社会に生きていかなければなりません。

 国は年間1msvの被曝は健康に影響がないと判断し、それに基づいて食品内の放射能基準値を設定し、それを下回る食品を流通させようとしています。私たちが声をあげない限り地方自治体も国の基準を盲従し追随しようとしています。

 私たちは安全な、つまり健康被害の恐れのない被曝などあり得ないと思う市民です。特に成長期の子どもたちは放射線に対する感受性が大人の数倍だとされています。

 こうした状況の中で市民自らが放射能の測定を行い、放射線防護の知識を身につけ、正しく判断していくことが必要になっています。私たちはそのための「ツール」として市民放射能測定所の設立を目指します。想像力を働かせて、単なる測定所ではなく「可能性の場所」にしていきたいと思います。福島をはじめ各地で繰り広げられている市民放射能測定所を設立するための動きと連動しながら、子育てを見守る場所、誰かがいつもいてちょっとホッとできる場所、安全でおいしいものが食べられる場所、子連れでも気兼ねしなくてよくて、免疫力アップや安全な暮らしのための情報を交換しあえる場所…そんな可能性を秘めた場所づくりを目指していきたいと思っています。

 あなたも是非このような「場所づくり」の準備会に参加しませんか?記念すべき第一回目の準備会、福島で市民放射能測定所を立ち上げた阿部宣幸さんをお迎えし、ベクレルモニターLB200による放射能測定のデモンストレーションとお話をしていただけることになりました。ぜひご参加ください!

+++++++++++++++++++
 呼びかけ人( 奈良こどもの未来をまもる会メンバー)
 乾 言子(いぬい ゆうこ) 090-5465-2975  genthan@kni.biglobe.ne.jp
 田村 美帆(たむら みほ) 090-3055-7598

※測定してみたい食材がある方は上記連絡先に事前に電話かメールをお願いします。

奈良・市民測定所設立準備会のチラシは こちら
[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-03-18 13:00 | Comments(0)