タグ:京都 ( 11 ) タグの人気記事

 

5月19日1周年集会でのごあいさつ

c0233009_13153517.jpg


ご あ い さ つ

2013年5月19日 
京都・市民放射能測定所 
代表 奧森祥陽 

 
 福島原発事故による放射能汚染は広範囲に広がり、私たちは放射能と向き合って生きていくことを余儀なくされています。政府が定める「基準値」以下の汚染食品が全国に流通し、大人も子どもも内部被曝を強いられています。
 こうした状況の中、私たちは、市民自らが放射能を測定し、放射線防護の知識を身につけ、正しく判断していくための「ツール」となる京都・市民放射能測定所を昨年5月19日に立ち上げ、ちょうど1年がたちました。
 今日まで約600検体の測定を実施してきました。京都府内産の農産品や畜産品からは放射性セシウムを検出することはありませんが、流通している加工食品等からは検出することがあり、市民による監視の重要性をあらためて感じております。
 今、全国で多くの市民測定所が活動しており、関西でも京都に続いて奈良市、西宮市で開設されました。市民による放射能測定の全国的な取り組みは「すべての食品の放射能測定と公表(表示)」という大きな目標を実現する力になります。

 本年2月から、プレマ株式会社様が所有している放射能測定器「AT1320A」と測定ルームを、市民向けの測定に使用させていただくことになり、「四条烏丸測定室」がスタートしました。プレマ株式会社中川社長様をはじめ、関係者のみなさまに心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。
 
 当所は、240名の会員と20名余りのボランティアスタッフの献身的な活動に支えられて、この1年間運営をしてきました。しかし、決して順風満帆といえる状況ではありません。多くの会員に支えられているとはいえ、依頼測定は思うように伸びず、財政的には厳しい運営を余儀なくされています。
 私たちは、開設から1年間の成果を踏まえ、測定所会員の更なる拡大とともに、会員の測定利用の拡大を呼びかけていきたいと考えています。また、保育所の給食食材の依頼測定をさらに広げるとともに、農業生産者や飲食店経営者のみなさまに当所を利用していただけるように、営業活動も積極的に行っていきたいと考えております。

 当所のこの1年の活動目標は次の2点です。
 第1は、専任スタッフ体制の確立です。理由は、今年2月から2測定室体制となり、民間保育園の給食食材の測定に加えて、プレマブランドの有料測定も始まりました。開所日以外にも測定することが多くなってきました。これまでのスタイルでの運営が限界にきているためです。
当所は、ボランティアスタッフの交代制による測定体制からスタートし、平日の測定スタッフの体制を作ってきましたが、専任スタッフがいないため、安定的な運営という面では大きな課題がありました。
 以上のことから、専任スタッフ(有償ボランティア)の配置をめざします。速やかに準備を整え、早期に実施したいと考えています。
 実施する上での最大の課題は財政です。現在の測定所財政(会費や測定料収入)では、専任スタッフの活動費(月額手当)を保障することができないので、専任スタッフ活動基金を立ち上げ、月額1000円を支援をしていただく賛同者を募っていきたいと考えています。目標は50名です。
 資金集めの具体的な方法は、詳細が確定次第、MLやホームページ、会報などでお知らせしますので、ぜひみなさんのご協力をお願いします。

 第2は、測定所の関西(西日本)の測定所ネットワーク作りです。
 関西では、京都に続いて奈良市(3月)、西宮市(5月)で測定所が開所しました。大阪府高槻市でも開設準備が進んでいます。三重県名張市や神戸市西区にも測定所が開所しており、中国地方には岡山県、広島県に測定(依頼)所があります。
 当所はこれまで、CRMS福島やこどもみらい測定所、測定所全国ネットなどと連携を持ち、測定技術を学びながら、関西初の測定所としての運営を行ってきました。現在、上記のように関西、西日本に多くの測定所開設されているので、関西、西日本の測定所ネットワークを作り、連携を強めていきたいと考えています。
 具体的な内容は、これから各測定所のみなさんと検討していきますが、現時点で考えていることは以下のとおりです。

 ・各測定所から運営委員を選出し、関西(西日本)ネットワークの運営委員会を作る。
 ・2ヶ月に1度程度、各測定所持ち回りで運営委員会を開催する。
 ・運営委員会では、原発や放射能、測定をめぐる情勢についての意見交換、測定技術・解析力向上のための検討会、測定所運営に関する交流、講演会などの合同(連続)開催。
 ・「市民測定所データサイト(みんなのデータサイト)」(「CRMS市民放射能測定所」、全国市民放射能測定所ネットワークなどによる共同プロジクト)に参加できるように準備を進める。

 → その後、奈良、阪神の皆さんと相談し、関西ネットの第1回会合は、7月7日午後2時から、奈良・市民放射能測定所で開催することになりました。関係者のみなさま、スケジュールを空けておいてください。

 
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-05-26 12:56 | 主催イベント | Comments(0)  

【ご案内】開設1周年の集い(5月19日10:00~15:30)にご参加ください!

c0233009_11352896.jpg


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

京都・市民放射能測定所
開設1周年の集い

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【日時】5月19日(日)10:30~15:30

【場所】京都市呉竹文化センター・創造活動室ほか

   京都市伏見区京町南七丁目35番地の1
   (近鉄・京阪丹波橋駅下車すぐ)
   http://www.kyoto-ongeibun.jp/kuretake/map.php

【参加日】会員500円・一般800円


 京都・市民放射能測定所が開設して丸1年がたちました。私たちは、この1年で約600検体を測定してきましたが、流通している加工食品等から放射性セシウムを検出することがあり、市民による監視の重要性を痛感しています。今、全国で多くの市民測定所が活動しており、関西でも奈良市、西宮市で開設されました。

 当所は現在240名の会員と20名余りのボランティアスタッフに支えられていますが、運営面では決して順風満帆といえる状況にはありません。会員からの依頼測定は思うように伸びず、厳しい財政運営を強いられております。

 私たちは、測定所開設1周年を機に、会員のみなさんとともにスタッフ一同力をあわせて、課題を乗り越えさらに大きく飛躍できるようにがんばっていきたいと思っております。

 そこで、下記のとおり開設1周年の集いを開催いたします。京都、そして関西の市民測定所運動をさらに意義あるものにしていくために、ぜひ多くのみなさんのご参加をお願いします。

++++++++++++++++++++++

★☆プログラム☆★

<1部>

10:00 受付開始

10:30講演「原発事故から2年 広がる放射能汚染と市民測定所の役割」(仮題)
講師 守田敏也さん
(フリーライター・市民と科学者の内部被曝研究会常任理事)

11:30質疑応答

12:00終了、昼食休憩

<2部>

12:45 午後受付開始

13:15 京都・市民放射能測定所からの報告と提案
   経過報告と今後の方針
   関西ネットワークの設立について
   
13:30 講演2「福島の今」(仮題)
   講師 阿部宣幸さん
(CRMS市民放射能測定所福島・広報)

14:30質疑応答

15:00各市民測定所からのお話など

15:30終了

<1周年記念パーティ>

 【時間】 16:00~18:00
 【場所】 京都・市民放射能測定所 丹波橋測定室
 【参加費】飲む人1,000円・飲まない人500円
  
  *軽食・飲み物の持ち込み大歓迎

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  京都・市民放射能測定所事務局

 〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254北川コンサイスビル203号
  tel/Fax:075-622-9870
  e-mail:shimin_sokutei@yahoo.co.jp
  http://nukecheck.namaste.jp/
  http://crmskyoto.exblog.jp/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ちらしのダウンロードはこちら
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-05-19 10:30 | 主催イベント | Comments(0)  

【ご案内】10月20日-21日京都市民測定所まつりを開催します。みんなきてね。

京都・市民放射能測定所代表の奥森です。

10月20日、21日と測定所まつりを開催します。市民測定所パネルや無料測定会、講演会、上映会など企画盛りだくさんのまつりとなります

このまつりは、どなたでも参加できます。
ぜひ、ご家族そろって、測定所まつりにお越しください。


 よびかけ

 福島原発事故による放射能汚染は広範囲に広がり、私たちは放射能と向き合って生きていくことを余儀なくされています。政府が定める「基準値」以下の汚染食品が全国に流通し、大人も子どもも内部被曝を強いられています。
 こうした状況の中で、市民自らが放射能を測定し、放射線防護の知識を身につけ、正しく判断していくことが必要となっています。私たちは、そのための「ツール」として、関西初となる市民放射能測定所を5月19日にオープンいたしました。
 京都でも、流通している加工食品等から放射性セシウムを検出することがあります。市民による監視の重要性を痛感しています。市民による放射能測定の全国的な取り組みは「すべての食品の放射能測定と公表」という大きな目標を実現する力になります。
 このたび、京都・市民放射能測定所を広く知っていただくために、市民測定所まつりを開催することになりました。無料測定会、上映会、講演会、ほっこりカフェなど、盛りだくさんのまつりです。ご家族そろってぜひご参加ください。お待ちしています。


日時 10月20日(土)午前10時~午後5時
    10月21日(日)午前10時~午後4時30分

場所 京都市・伏見区役所1階ホール(区民交流スペース)

   *地図の印刷はこちら
c0233009_11271093.png


内容 10/20(土)
(1)パネル展示「京都・市民放射能測定所物語」 午前10時~午後5時

(2)無料測定会(食品の放射能検査) 午後1時~午後5時ごろ

 京都・市民放射能測定所 太っ腹企画

 食品の放射能検査を無料で行います! 
 無料測定会では20分測定を行ないます。検出下限値は検体により異なりますが、玄米の場合ではCs-137で4Bq/kg程度です。食品の検査を希望される方は、細かくみじん切りにした食品を1リットル分(1kgではありませんのでご注意ください)をご持参ください。計量カップではかるか、1リットルの牛乳パック等にしっかりと詰め込んでご持参ください。
 腐りやすいものはご遠慮ください。希望者が多数の場合は、お持ちいただいた食品すべてを測定できない場合がありますのでお早めに受付してください。

京都・市民放射能測定所の測定器 AT1320A
c0233009_11164039.jpg


測定結果はこんなシートになります。
c0233009_10555044.jpg


(3)映画「内部被ばくを生き抜く」上映会
 ・鎌仲ひとみ監督作品
  第1回上映・午前10時30分、第2回上映・午後3時

c0233009_1102931.png

c0233009_10461030.png


まもりたい!未来のために。
内部被ばくの時代を私たちは
どうやって生き抜いていくのか
原発事故後の日本で
命を守りながら前向きに生きていきたい
全ての人たちへ。
専門家たちと福島からのメッセージ!

ストーリーはこちら

(4)ほっこりカフェ(内部被曝を生き抜く第1回上映終了後すぐに開催します。12時から1時30分ごろまで) *開催時間が変更になりました。
 避難生活のこと、放射能のこと、食の安全のこと、原発のこと、原発事故こども・被災者支援法のこと…
 お茶をいただきながら、あれこれおしゃべりしませんか?

(5)お子様連れの方へ。
  「内部委被ばくを生き抜く」の上映中は、絵本の読み聞かせなど、保育スタッフがお子様のお相手をします。スタッフに声をかけてください。


10/21(日)
(1)パネル展示「京都・市民放射能測定所物語」 午前10時~午後4時30分

(2)無料測定会(食品の放射能検査)午前10時~午後3時ごろまで

(3)京都・市民放射能測定所 会員総会 午前10時30分~12時
 これまでの活動総括、今後の活動方針、財政、規約、役員人事について提案し、討議、決定します。
市民みんなで作っていく測定所です。会員のみなさんは、ぜひご出席ください
 ●市民による測定運動を大きくひろげよう!
 ●200人の会員で会員測定料金を2,000円に値下げしよう!
 ●すべての食品の放射能検査と表示(公表)を!

(4)市民測定所講演会      午後1時~2時30分
  テーマ 「こどもみらい測定所の取り組みから~市民測定所の役割と今後の展望について」(仮題)
  講師  石丸偉丈さん (こどもみらい測定所代表・全国市民測定所ネット世話人)
 こどみら測定所は、東京都国分寺市にあるカフェスローの入口にあるエコマーケット「Memoli」に開設された放射線市民測定所です。
今回、石丸偉丈さんにこどみら測定所の取り組みを踏まえ、市民測定所の役割と今後の展望についてお話いただきます。講演の後は、質疑・意見交換の時間をたっぷりと取っております。ぜひ、ご参加ください!
c0233009_10453360.jpg
   

(5)意見交換会 午後2時45分~4時30分
   ・市民による測定運動をどう広げていくか?
   ・市民測定所関西ネットワークの設立について

(6)アロマハンドマッサージ(午前11時~午後4時)
   ・肘から手のひら両腕約10分  無料
    人の手によるタッチハンドと、アロマの香りでリラックス。測定の待ち時間に是非どうぞ♪
   アロマテラピー有志の会カルミア

(7)お子さん連れのかたへ
 お子様連れの方も、ご一緒に講演・意見交換会場にお入りください。
 こどみら測定所・石丸さんの講演中は、会場の外で、子どもむけアニメを上映しています。


参加費
ア 食品の放射能測定会は無料です! 太っ腹!  

イ 映画「内部被ばくを生き抜く」  会員500・一般800円

ウ ほっこりカフェ (飲み物などが有料です)

エ こどみら測定所 石丸さん講演会 会員500円・一般800円

主催

京都・市民放射能測定所/うつくしま☆ふくしまin京都

c0233009_22355098.png

c0233009_22355681.png


印刷用はこちら

(2012年9月23日)
[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-10-20 10:00 | 主催イベント | Comments(2)  

測定所見学会(8月25日)の報告です!

開所式以来の測定所見学会でした。
事前に十分な宣伝ができていなかったのですが、8名の方が参加されました。
測定所に関心を持っておられる方が多くいるのだと、とてもうれしくなりました。

c0233009_14151560.jpg

佐藤事務局長の司会で見学会を開始。最初にスタッフの自己紹介(奥森、佐藤、武村、三宅)を行い、(1)測定器の簡単な説明とウオームアップ、エネルギー校正、バックグラウンドチェック様子を見ていただきました。続いて、(2)検体の前処理、マリネリ容器に詰めるところを見学していただき、その後、(3)実際の測定の様子を見ていただきました。

c0233009_14155272.jpg
c0233009_14161019.jpg

 30分測定の間に、NaIシンチレーターによる放射線検出の仕組みの簡単な説明、放射線計測の基本的な考え方、測定結果の見方などについてお話をさせていただきました。

 その後、参加者から自己紹介と問題意識についてお話しただき、質疑応答をしました。

 すべての測定結果を一般に開示してほしいという意見や、運営資金の調達方法についての提案をいただきました。

 また、保育所で測定に使えるお金がない中で、どういう形で測定できるのか、また測定して安全が確認できた食品をどうすれば確保できるかなど、保育所現場での悩みもお話していただきました。とにかく毎日使う食品からでも実際に測定をおこなっていただくように測定所からもお話させていただきました。

 「おかとん」さんの測定所開設に関わっている方からは、実際の測定や結果の解析について、いろいろと質問をいただきました。京都での経験をいろいろとお話させていただきました。測定結果の解析は、実際に測定を重ねるなかで深まっていくことなので、お互いに研鑽して参りましょうとのお話になりました。

 神戸の放射能汚染がれき受け入れ反対の取り組みをされている方は、熱心に写真撮影をされていおられました。測定所の必要性を理解されておられました。神戸の関心のある方と一緒に、あらためて見学に来ていただければと、ご案内しました。

 結局、説明や質疑に追われて、3枚しか写真を取ることができませんでした。せっかくの自主測定の様子をカメラに収めることができず、もったいなかったです。

 また、その場では会員になっていただけませんでした。何人かの方に申込書を持って帰っていただいたので、今後に期待いたしましょう。

 反省点は、ちゃんとプログラムを作って、役割分担しなければなりませんでした。ミーティングで具体案を提案して議論しないといけませんでした。やることだけしかきめていなかったので。
 会議スペースとの間のついたても、外しておいた方がよかったですね。狭かったです。

 次回のミーテイングでは、9月見学会について具体案を提案します。スタッフのみなさま、よろしくお願いします。

 とりあえずの報告でした。(奥森)

++++++++++++++++++
ここからは、武村さんから報告です。

測定所見学会お疲れ様でした。
今日の測定所見学会、とってもよかったですね!
2時間たっぷり、佐藤さん、奥森さんの説明・解説聞きながらの測定見学は、なかなか内容が充実していて、私も勉強できて、お手伝いに行ってラッキーでした~

娘との大事な約束があり、12時調度までしか居られなかったので、最後、お一人お一人の方が、どういう思いで今日参加して下さったのか?
どんな感想を持たれたのか?
聞けず、残念でした~
どの方が、保育所の栄養士さんだったのかしら?

会員になって下さった方、いらっしゃいましたか~?

実際に測定所に足を運んで頂いて、顔合わせながら話して、見学してもらって--と、いうことから、顔の見える大事な繋がりができて広がっていくのだな~と思いました。
来月も、がんばりましょ~

(武村)
[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-08-27 14:20 | 測定所見学会 | Comments(0)  

測定日誌(8月26日)

楠本です♪
8/26(日)の測定報告をします。

鳥山さんと楠本が担当でしたが予約が入って無かったので、鳥山さんと私が自宅から持って来たもの4検体を測りました。

●国産大豆を使った豆乳
Cs137 1.06Bq/kg±1.41>100%
Cs134 検出されず
Cs137は誤差の方が高くエラーも100%
以上なので不検出です。
ピークも立っていません。

●信州味噌
Cs137,Cs134共に不検出でした。これは私がマリネリ容器に味噌を詰めた経験が無く、いつかやってみようと思ってた検体です。詰めても引っ付いて戻ってくるので難しかったです。

●日清お好み焼き粉
Cs137,Cs134共に不検出です。

●ケロッグオールブラン
 鳥山さんがネットでセシウムが出るとあちこちで噂されてるものを買って来はりました。

Cs137 不検出
Cs134 6.82Bq/kg±4.08でしたが、統計誤差が59.7%でスペクトルが少し怪しかったので、延長しました。Cs134がCs137より多く検出されたり、統計誤差が高かったりして最終的に9000秒まで測りました。結果は Cs137 6.51Bq/kg±2.53統計誤差33.4%、Cs134 5.27Bq/kg±2.16統計誤差35.9% でした。ピークは検出されませんでしたが、セシウムがある可能性が高そうです。検体を残してあるので近い内にもう一度測って見たいと思います。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-08-27 11:16 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定所ニュース8月号

c0233009_2325658.jpg

印刷用はこちら
[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-08-05 23:29 | 測定所だより | Comments(0)  

測定日誌(8月4日)

こんにちは、武村です。
いつも、皆さんからのたくさんの貴重な情報ありがとうございます!

8月4日(土)の測定報告です。
今日は、測定スタッフが、私1人しか決まっていなかったのですが、奥森さん、末野さん、
上野さんが、駆けつけて下さり、色々教えて頂き、とても勉強になりました。
ありがとうございました~
皆で、色々測定しました。

まず、
静岡県産緑茶(末野さんが、クロスチェックのため持って来て下さいました。)を測定しました。セシウム134、137の比率がすっきりしませんが、かなり値が出たので、今夜、長時間測定にかけることになりました。

次に、
以前に測定した粉ミルクの再測定
セシウムは、検出されませんでした。

それから、群馬産キャベツ
これも検出せず。

その次は、
野菜用培養土の測定 これもセシウム検出せず。

最後に、
乾麺のうどんを測定しました。
これも、検出せず。
「被災地の子どもたちのための保養キャンプの食材、安心なもの集めたいから、
測定してもらったの」
と言って頂きました。
測定所がお役に立ててとても嬉しいです。

今日は、測定の合間に、新会員の名簿登録や、会員証作成、発送準備を、皆でしました。
会員数、160人になりました!!!
「会員数が、200人まで増えたら、会員の測定料金値下げして、もっと会員さんの負担少なく測定所使ってもらいたいね」
という話があります。
後40人!!みんなで頑張って仲間増やしましょ~

夕方、嬉しいお客様もありました。
広島で、市民測定所を作ろうとされている男性が、訪問して下さいました。
広島での様子、京都の様子、色々話がはずみました。
「西日本各地に市民測定所ができて、ネットワークができたらいいですね。一緒にがんばりましょう~」
と元気のでる土曜日でした。

c0233009_17394277.jpg

野菜用培養土をマリネ李容器に詰めているところ
[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-08-05 17:36 | 測定日誌 | Comments(3)  

今更ですが、オープニングイベントでの記念写真です

ほんとにいまさらですが

京都・市民放射能測定所 オープニングイベントでの記念写真です。
携帯での撮影なので、画質はあまり良くないですが、記録として残しておきますね。

c0233009_0144349.jpg

c0233009_0145135.jpg

[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-05-19 23:59 | 主催イベント | Comments(0)  

【お知らせ】4/8午前10時・京都にAT1320Aがやってくる。ホンマにつくるぞ市民測定室

<大拡散希望>
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
京都にAT1320A(放射能測定器)がやってくる 
ホンマにつくるぞ!市民測定所
-守田敏也さんの講演と食品測定見学会-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
●日時:2012年4月8日(日) 9時30分開場
    1部 測定所開設ジャンプ集会 10~12時
    2部 食品測定見学会       12時15分~

●場所:1部 呉竹文化会館・和室 (京阪本線・近鉄丹波橋駅「西口」下車すぐ)
       http://www.kyoto-ongeibun.jp/kuretake/map.php
    2部 京都・市民放射能測定所 開設準備室(呉竹文化会館から徒歩1分)

●内容:1部 10:00~12:00 内部被曝と市民放射能測定所の役割 
    (1)報告 「京都に市民測定所をつくろう」     京都・市民測定所設立委員会から
    (2)講演 「内部被曝から身体を守るために」  守田敏也さん(フリーライター)
    (3)質疑
   
    2部 12:15~  ATOMTEX社・AT1320Aによる食品測定見学会
   
*今回の食品測定は、デモンストレーションとして実施しますので、測定する食品は設立委員会で準備します。
 
●参加費:500円

●呼びかけ
 みなさん。
 待ちに待った放射能測定器(ATOMTEX社・AT1320A)が4月6日に京都にやってきます。
 測定技術の取得や測定室の整備、スタッフ拡充を進めながら、5月中にも京都・市民放射能測定所を開設したいと考えています。

 そこで、食品による内部被曝の危険性について学習するとともに、食品の放射能測定を実際に体験してもらうためのイベントを計画しました。

 あなたも、京都・市民放射能測定所をつくる一人になってください。
 ぜひイベントに参加していただくとともに、開設資金カンパへのご協力、測定所会員になっていただきますよう、お願いします。

+++++++++++++++++++++++++++++
京都・市民測定所設立委員会 (代表 奥森祥陽)
〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254
 北川コンサイスビル203号
TEL 090-8232-1664FAX 0774-21-1798
+++++++++++++++++++++++++++++
[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-04-08 13:00 | 主催イベント | Comments(0)  

【ご案内】京都・市民測定所設立委員会第4回会合にご参加ください

+++++++++++++++++++++++++++++++
設立委員会第4回会合について
+++++++++++++++++++++++++++++++

日時:2012年3月18日(日)午前10時~12時

場所:市民測定所開設準備室
   京都市伏見区両替町9丁目254
   北川コンサイスビル203号
   (京阪丹波橋駅・呉竹文化会館となりの3階建てのビルの2階)

議題:(1)CRMS市民放射能測定所(福島)の阿部さんとの交流(1時間)
   (2)募金運動の現状と今後の方針
   (3)各チームの報告と方針
   (4)測定所の名称・愛称などの検討
   (5)その他いろいろ

運営:奧森は阿部さんとの交流が終われば、阿部さんと一緒に奈良に移動します。運営は、佐藤事務局長にすすめてもらいます。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-03-18 10:00 | 設立委員会・ミーティング | Comments(0)