タグ:三条御前測定依頼所 ( 81 ) タグの人気記事

 

測定日誌(2017年3月13日)@三条御前

楠本です。三条御前測定依頼所の測定結果報告です。

粉末寒天
原産国インドネシア、日本
700g 65000秒
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値1.07Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値1.09Bq/kg
セシウム137、134共にピークも確認できず不検出と判断します。
c0233009_14090570.jpg


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-03-22 14:09 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年3月9日)@三条御前

楠本です。三条御前での測定依頼結果報告です。

宮崎県産ちりめんじゃこ
520g 65000秒
c0233009_23241744.jpg
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値1.46Bq/kg
Cs134 0.57±0.92Bq/kg 統計誤差>100% 検出下限値1.49Bq/kg
半減期30年のセシウム137と半減期②年のセシウム134の比率は現在約1:0.15となっておりセシウム134のみの検出は考えられません。スペクトルグラフからもセシウム137,134共にピークは確認できず統計誤差も100%をこえているため不検出と判断します。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-03-12 23:24 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年3月8日)@三条御前

楠本です。三条御前の依頼測定結果報告です。

1、鹿児島県産 鰹節削り節
280g 65000秒
Cs137 6.14±2.15Bq/kg 統計誤差28.7% 検出下限値2.81Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値2.89Bq/kg
スペクトルグラフにピークは見えませんがセシウム137に数値が示されてます。軽量検体を長時間測定した時によく起こることですが粉砕して密度を増やして再測定しました。

2、1を粉砕したもの
572g 65000秒
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値1.32Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値1.35Bq/kg

鰹の削り節は仕事で普段取り扱っているので定期的に自主測定していきます。

3、5日のマイタウン向島での無料測定会での再測定、いわき市で着ていた衣類(カーディガン)
Cs137 6.38±2.94Bq/kg 統計誤差42.0% 検出下限値4.31Bq/kg
Cs134 4.05±2.73Bq/kg 統計誤差67.2% 検出下限値4.45Bq/kg
セシウム137の662kev付近にピークがみられます。微量ではありますが放射性セシウム137の検出と判断します。

4、徳島県産 7分付き米 (胚芽米)
950g 65000秒
c0233009_23221562.jpg
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値0.77Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値0.79Bq/kg

5、大山まきば牛乳
1035g 65000秒
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値0.70Bq/kg
Cs134 0.32±0.45bq/kg 統計誤差>100% 検出下限値0.72Bq/kg
統計誤差が100%をこえておりスペクトルグラフにピークが確認できないことで天然核種などの影響での誤検出と考えられ不検出と判断します。

2月後半から高熱が続き報告遅れてすみません。ほぼ完全復活しましたのでよろしくお願いします。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-03-12 23:22 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年2月5日)@三条御前

楠本です。くっすんらぼの依頼測定結果です。

ホームセンターで購入した土
1075g 10800秒
Cs137 放射能濃度 6.12±1.68Bq/kg 統計誤差 18.5% 検出下限値1.28Bq/kg ピーク検出せず
Cs134 放射能濃度10.3±2.3Bq/kg 統計誤差 9.7% 検出下限値1.32Bq/kg ピーク検出せず

[判定]
セシウム137,134共に放射能濃度検出がありますが、西日本の土壌によくみられる天然核種であるウラン系列の鉛214(Pb214),ビスマス214(Bi214)やトリウム系列のアクチニウム228(Ac228)のピークが確認でき検出された数値は天然核種等の影響による誤検出と考えられます。

[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-03-12 02:55 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年1月12日)@三条御前

楠本です。
三条御前測定依頼所での今年の初測定です。

産地、栽培方法は確認中ですが、福島県川内村の方からのいただきものの椎茸だそうです。
生椎茸
628g 65000秒
Cs137放射能濃度検出せず 検出下限値1.20Bq/kg
Cs134放射能濃度検出せず 検出下限値1.22Bq/kg

共にピーク検出も無しで不検出と判断します。産地、原木か菌床栽培かわかり次第報告します。

[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-03-12 02:40 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年2月22日)@三条御前

222日の測定結果報告です。


担当は高木さんと楠本です。今日はほっこりカフェもやっていて賑やかです。本日は自主測定の鰹節と白大豆を依頼測定しました。


1.鹿児島県産 鰹節削り節(粉砕)

572g 3000

c0233009_14001331.jpg

Cs137 放射能濃度検出せず検出下限値4.46Bq/kg

Cs134 放射能濃度検出せず検出下限値4.11Bq/kg

共にピークも確認出来ず不検出と判断します。


2.京都府与謝郡加悦町産 白大豆

800g 5000秒

c0233009_14004337.jpg
c0233009_14010160.jpg

Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値2.44Bq/kg

Cs134 3.36±1.83Bq/kg 統計誤差54.7% 検出下限値2.26Bq/kg

セシウム134に数値が示されていますが、セシウム137.134共にピークが確認出来ない事や半減期の関係で現在セシウム137とセシウム134の比率は現在約1:0.15の割合になっています。セシウム134のみの検出は考えられず、これらのことから測定結果は不検出と判断します。


測定依頼や人の出入りがあると嬉しいです。新丹波橋測定室に来られたことの無い方ぜひぜひ、お立ち寄り下さい。



[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-02-25 14:01 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年2月12日)@三条御前

楠本です♪くっすんらぼの測定依頼の結果報告です。

1.静岡県産茶葉 煎茶 靜の誉(しずのほまれ
100g 65000秒
少量の為0.1ℓ容器で測定
Cs137 放射能濃度4.38±3.53Bq/kg 統計誤差80.6% 検出下限値5.69Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値4.98Bq/kg
セシウム137,134共にピーク検出無し、スペクトルグラフからもピークは確認できず不検出と判断します。

2.静岡県産茶葉 みどり薫る玉露
100g 65000秒
同じ100gですが煎茶よりかさが高いので0.5ℓ容器で測定
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値10.9Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値11.7Bq/kg
セシウム137,134共にピーク検出無し、スペクトルグラフからもピークは確認できず不検出と判断します。

3.埼玉県入間市産 狭山茶
100g 65000秒
0.1ℓ容器で測定
Cs137 放射能濃度9.23±3.97Bq/kg 統計誤差38.3% 検出下限値5.69Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値4.98Bq/kg
セシウム137,134共にピーク検出無し、スペクトルグラフからもピークは確認できず不検出と判断します。

3試料とも少量での測定のため、あくまで参考値として報告します。また、検出値は天然放射性核種等の影響による誤検出と考えられます。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-02-13 02:03 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年2月5日)@三条御前

楠本です。くっすんらぼの依頼測定結果です。

ホームセンターで購入した土 
075g 10800秒
Cs137 放射能濃度 6.12±1.68Bq/kg 統計誤差 18.5% 検出下限値1.28Bq/kg ピーク検出せず
Cs134 放射能濃度10.3±2.3Bq/kg 統計誤差 9.7% 検出下限値1.32Bq/kg ピーク検出せず

[判定]
セシウム137,134共に放射能濃度検出がありますが、西日本の土壌によくみられる天然核種であるウラン系列の鉛214(Pb214),ビスマス214(Bi214)やトリウム系列のアクチニウム228(Ac228)のピークが確認でき検出された数値は天然核種等の影響による誤検出と考えられます。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-02-06 02:42 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年1月29日)@三条御前

楠本です♪測定依頼の結果報告です。

1、宮崎県産 ちりめんじゃこ
  500g 36000秒

Cs137 1.08±1.13Bq/kg 統計誤差100% 検出下限値1.81Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値1.84Bq/kg

2、広島県産 かえりじゃこ
  400g 36000秒

Cs137 1.30±1.45Bq/kg 統計誤差100% 検出下限値2.29Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値2.34Bq/kg

1、2の試料両方共セシウム137の数値が示されてますが統計誤差が100%をこえている事や、セシウム137・134共にスペクトルグラフにピークは確認できないことから不検出と判断します。やはりおじゃこ類や茶葉の放射能測定は難しいです。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-01-29 14:45 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年1月25日)@三条御前

楠本です♪
三条御前測定依頼所での試料で、テクノAP社製TG150Bゲルマニウム半導体検出器によるクロスチェック結果です。

まずは三条御前測定依頼所の結果から

滋賀県産茶葉 236g 65000秒
Cs137 放射能濃度6.49±2.48Bq/kg 統計誤差32.7% 検出下限値3.31Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値3.51Bq/kg
セシウム137、134のピークが確認出来無い事や鉛214(Pb214),ビスマス214(Bi214)のピーク検出が確認出来る事から、天然核種等によるもので不検出と判断しますが、当測定室では軽量で天然核種が多く含まれる飼料の依頼があり、測定結果の信頼性を確認するため全ては無理ですが、ゲルマニウム半導体検出器での精密測定をお願いしています。

ゲルマでの結果
261g 48時間測定
Cs137 検出下限値0.5Bq/kg にて不検出
Cs134 検出下限値0.4Bq/kg にて不検出

良かったです。肩の荷がおりました。安心して不検出でしたとお返しできます。やはり、唯一であると言っていい洗うことのできない野菜の茶葉や天日干しのおじゃこ系は栄養素がたっぷりな反面天然核種の影響も多くなかなかのツワモノです。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-01-27 05:42 | 測定結果等 | Comments(0)