<   2017年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

測定日誌(2017年2月22日)@三条御前

222日の測定結果報告です。


担当は高木さんと楠本です。今日はほっこりカフェもやっていて賑やかです。本日は自主測定の鰹節と白大豆を依頼測定しました。


1.鹿児島県産 鰹節削り節(粉砕)

572g 3000

c0233009_14001331.jpg

Cs137 放射能濃度検出せず検出下限値4.46Bq/kg

Cs134 放射能濃度検出せず検出下限値4.11Bq/kg

共にピークも確認出来ず不検出と判断します。


2.京都府与謝郡加悦町産 白大豆

800g 5000秒

c0233009_14004337.jpg
c0233009_14010160.jpg

Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値2.44Bq/kg

Cs134 3.36±1.83Bq/kg 統計誤差54.7% 検出下限値2.26Bq/kg

セシウム134に数値が示されていますが、セシウム137.134共にピークが確認出来ない事や半減期の関係で現在セシウム137とセシウム134の比率は現在約1:0.15の割合になっています。セシウム134のみの検出は考えられず、これらのことから測定結果は不検出と判断します。


測定依頼や人の出入りがあると嬉しいです。新丹波橋測定室に来られたことの無い方ぜひぜひ、お立ち寄り下さい。



[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-02-25 14:01 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年2月18日)

本日測定員は藤原と佐藤です。

京都は本日は晴れ。春が近づきつつあり、花粉との戦いも近づいております。

さて、本日2月18日(土)の測定報告です。

コーン(ハンガリー) 1000ml 
測定結果は 1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値3.57Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値3.32Bq/kg。不検出
スペクトル確認 異常な値はみられず。結果 不検出。
 
こんにゃく (群馬県産) 500ml 
測定結果は 3600秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値4.46Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値4.10Bq/kg。不検出
スペクトル確認 異常な値はみられず。結果 不検出。

本日2検体測定。2検体不検出。


夜から朝にかけて一桁の気温の日が続いています。皆様お風邪を召されないようきおつけ下さい。会員の皆様のお越しをお待ちしております。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-02-25 13:57 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年2月12日)

佐藤です。

今回は「土壌」と「落ち葉」の測定報告です。

静岡県浜松市の山のものです。微妙な結果になるかなと思い、最初から長時間測定しました。

山の土の測定結果は、54000秒 1リットル測定で

セシウム137が 17.7±3.5Bq/kg。検出下限値0.63Bq/kg

セシウム134が 4.91±1.07Bq/kg。検出下限値0.58Bq/kg

でした。セシウム137はピークあり判定でした(セシウム134は判定なし)。スペクトルからも、「検出」と判断しました。

同じ山の落葉の測定結果は、54000秒 1リットル測定で

セシウム137 6.70±2.84Bq/kg。検出下限値4.08Bq/kg

セシウム134 1.62±2.31Bq/kg。統計誤差100%越え 検出下限値3.80Bq/kg

でした。セシウム137はピークあり判定(セシウム134は判定なし)。ですが、スペクトルはバックグラウンドを少し上回った程度で、はっきり「検出」と言えるかどうか微妙な感じでした。セシウム134は統計誤差が100%を越えていましたので、検出とは見なせずでした。

2月4日に測った茨城県水戸市の土が数十ベクレル/kgだったことと比較して、静岡県浜松市の土は汚染が低いのは確かです。

しかし、これまでも静岡のお茶から検出した例があることを考えますと、少しであっても汚染があるのは間違いないと考えます。

報告は以上です。測定所をみなさま、ぜひご利用ください。よろしくお願いします。



[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-02-25 13:55 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年2月12日)@三条御前

楠本です♪くっすんらぼの測定依頼の結果報告です。

1.静岡県産茶葉 煎茶 靜の誉(しずのほまれ
100g 65000秒
少量の為0.1ℓ容器で測定
Cs137 放射能濃度4.38±3.53Bq/kg 統計誤差80.6% 検出下限値5.69Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値4.98Bq/kg
セシウム137,134共にピーク検出無し、スペクトルグラフからもピークは確認できず不検出と判断します。

2.静岡県産茶葉 みどり薫る玉露
100g 65000秒
同じ100gですが煎茶よりかさが高いので0.5ℓ容器で測定
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値10.9Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値11.7Bq/kg
セシウム137,134共にピーク検出無し、スペクトルグラフからもピークは確認できず不検出と判断します。

3.埼玉県入間市産 狭山茶
100g 65000秒
0.1ℓ容器で測定
Cs137 放射能濃度9.23±3.97Bq/kg 統計誤差38.3% 検出下限値5.69Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値4.98Bq/kg
セシウム137,134共にピーク検出無し、スペクトルグラフからもピークは確認できず不検出と判断します。

3試料とも少量での測定のため、あくまで参考値として報告します。また、検出値は天然放射性核種等の影響による誤検出と考えられます。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-02-13 02:03 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年2月5日)@三条御前

楠本です。くっすんらぼの依頼測定結果です。

ホームセンターで購入した土 
075g 10800秒
Cs137 放射能濃度 6.12±1.68Bq/kg 統計誤差 18.5% 検出下限値1.28Bq/kg ピーク検出せず
Cs134 放射能濃度10.3±2.3Bq/kg 統計誤差 9.7% 検出下限値1.32Bq/kg ピーク検出せず

[判定]
セシウム137,134共に放射能濃度検出がありますが、西日本の土壌によくみられる天然核種であるウラン系列の鉛214(Pb214),ビスマス214(Bi214)やトリウム系列のアクチニウム228(Ac228)のピークが確認でき検出された数値は天然核種等の影響による誤検出と考えられます。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-02-06 02:42 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年2月4日)

佐藤です。
今日は久しぶりに「土壌」測定を行いました。茨城県水戸市の家の土です。

1つ目は、家の西側で採取された土
測定結果は、3600秒 1リットル測定で
セシウム137 78.8±15.8Bq/kg。検出下限値1.98Bq/kg。
セシウム134 27.5±5.9Bq/kg。検出下限値1.84Bq/kg。
でした。セシウムは両方ともピークあり判定。スペクトルもピークがはっきり見える「検出」でした。

2つ目は、同じ家の北側で採取された土
測定結果は、3600秒 1リットル測定で
セシウム137 51.5±10.5Bq/kg。検出下限値2.25Bq/kg。
セシウム134 23.2±5.1Bq/kg。検出下限値2.10Bq/kg。
でした。セシウム137はピークあり判定。(セシウム134は判定なし)スペクトルを確認したところ、両方ピークが見える「検出」でした

いつでもそうですが、「土」を測る時は緊張しますね。測定器や部屋が汚染されないように気を使います。今回のように、汚染がはっきりした土はきちんと保管しないといけませんし。

実は2014年の10月、今回と同じ家の土を測っていました。
その時3箇所の土を計りましたが、結果は、
1箇所目 137が48.7Bq/kgと134が30.8Bq/kg
2箇所目 137が246Bq/kgと134が102Bq/kg
3箇所目 137が285Bq/kgと134が111Bq/kg
でした。同じ家でも採取した場所によって放射能の値は変わりますので、単純な比較はできないでしょう。ですが、汚染が2年以上たっても消えず、続いていることは間違いありません。

報告は以上です。測定所をみなさま、ぜひご利用ください。よろしくお願いします。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-02-04 16:47 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年1月29日)

佐藤です。
寒い日が続きますね。みなさまお変わりないですか?
私事ですが、上の娘が大学に合格してくれてほっとしております。

さて本日の測定報告です。
1検体目は長野県中野市のエノキ茸です。
測定結果は、3600秒 500ミリリットル測定で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.82Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値3.15Bq/kg。
でした。スペクトルも問題なく、不検出でした。

2検体目は、「ニラ餃子(生)」を測りました。
測定結果は、3600秒 500ミリリットル測定で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値4.55Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値3.73Bq/kg。
でした。スペクトルも問題なく、これも不検出と判断しました。

報告は以上です。測定所をぜひご利用ください。よろしくお願いします。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-02-01 16:55 | 測定日誌 | Comments(0)