<   2016年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

測定日誌(5月29日)

【測定日誌】(16年5月29日)

少し暑くても窓からは爽やかな風のある測定所です。測定結果を報告します(スタッフ カンダ)

1 乾燥ヨモギ(愛媛県東温市重信河原で採取)
c0233009_21273073.jpg
Cs-137、Cs-134共不検出
→ 乾燥していて110g/Lと軽く、1時間測定で検出下限値は24.7、23.1Bq/kgですが、スペクトルでセシウムにピークは無く不検出と判断しました。乾燥ヨモギはお茶として利用されるようです。

2 木くず(伏見区向島 畑地用、湿潤)
(1時間15分測定)
c0233009_21273795.jpg
Cs-137 4.4±3.1Bq/kg(検出下限4.8)
Cs-134 不検出
→ Cs-137について、スペクトルにピークがあり、少し有りそうですので継続して長時間測定中です。結果は後日。

【情報】
京都中央卸売市場では福島第一原発事故に伴い、周辺地域から第一市場に入荷する農水産物の放射能検査を開始しています。気になる食材、産地の参考になりますよ。
例えば、H26年度では…
6月ヒラメ(宮城県) Cs-134:5Bq/kg、Cs-137:16Bq/kg
8月メイタガレイ(茨城県)Cs-137:2Bq/kg
12月ヒラメ(青森県) Cs-137:1Bq/kg


[PR]

by sokutei_kyoto | 2016-05-29 22:19 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(5月25日)

こんにちはー、丹波橋測定室より神保です。

先週に引き続き、25日(水)のスタッフは高木さんと私でした。
今日はお客さんが1名!どうもありがとうございます!そして、複数の検体をご持参してくださったので、当日のご予約枠を全て埋める運びとなりました。しかし、長時間測定につき測定自体は1件のみとなります。

●ヨモギ(乾燥状態) 京都府木津川周辺
c0233009_14363589.jpg
101g 500ml測定
10800秒
c0233009_14364922.jpg
Cs-137 検出下限値16.0Bq/kg
Cs-134 検出下限値12.7Bq/kg
→ 若干ですが検体量が不足していたため、飽くまで参考値とお考えください。ただ、そもそもヨモギ自体の重量も軽いため3時間測定では下限値も高いですね。スペクトルの詳細解析に怪しさは感じられませんでしたが、1リットルでキチッと測定できたら…と思いました。

以上、結果報告となります!
本日ご持参頂いた他の検体については、また日曜日以降の測定になりますね!

さてさて、最近、測定依頼を頂く際「検体量の不足」が増えてきたかな?と感じています。1リットルや500ミリリットル分の検体を揃える(購入する)大変さは私も生活をする者として重々承知していますが、やはり検体量が不足していると満足なデータは出せないと思います。お越しの際には検体のご準備をどうぞよろしくお願いいたしまーす!


[PR]

by sokutei_kyoto | 2016-05-25 14:37 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(5月13日)@三条御前

楠本です。
三条御前測定依頼所の測定報告です。

広島県産 かえりちりめんじゃこ
353g 65000秒
Cs-137 放射能濃度検出されず 検出下限値 3.12Bq/kg
Cs-134 6.30±2.33Bq/kg 統計誤差31.2% 検出下限値3.17Bq/kg
ピークは見られず。

京都府産 煮干し
270g 65000秒
Cs-137 放射能濃度検出されず 検出下限値 4.13Bq/kg
Cs-134 6.22±2.89Bq/kg 統計誤差42.3% 検出下限値4.21Bq/kg
ピークは見られず

どちらもセシウム134に数値が示されていますが現在、福島第一原発事故によるセシウム137とセシウム134の比率はおよそ1:0.2となっており、セシウム137が検出されてないことやピークが見られないことから天然核種の影響による誤検出と判断します。軽量検体を長時間測定した事も影響していると思います。
測定依頼ありがとうございました。またよろしくお願いします。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2016-05-25 14:17 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(5月21日)

佐藤です。
5月15日の測定所4周年のつどいは60名余りの参加があり、大成功でした。ご参加、ご協力、本当にありがとうございました。

さて、今日は夏日となる暑さですね。昼食の時食べたアイスクリームが美味でした。今日の測定当番は、藤原くんと佐藤でした。

1検体目は、京都産のタケノコを測りました。小学校の給食で使われたタケノコが234ベクレル/kg汚染されていたことが明らかになりましたので、気になりますね。

測定結果は、3600秒 500ミリリットル測定で
Cs-137 濃度の数値出ず。検出下限値4.19Bq/kg。
Cs-134 3.29±2.19Bq/kg。検出下限値3.40Bq/kg。
でした。
セシウム134 (半減期2年)に微量ですが数値が出ました。しかし、セシウム137(半減期30年)は全く数値出ず。次にスペクトルを確認した結果、セシウム134の位置に怪しい気配なし。なので、セシウム134(605KeV)にスペクトル上近い「ビスマス214(609KeV 天然核種)」を誤検出したと判断しました。

2検体目は、千葉県産の土ゴボウを測りました。

測定結果は、5400秒に延長 500ミリリットル測定で
Cs-137 2.27±2.49Bq/kg。統計誤差100%越え。検出下限値3.99Bq/kg。
Cs-134 濃度の数値出ず。検出下限値3.23Bq/kg。
でした。
測定中、セシウム137の値が、統計誤差100%付近を前後していました。最終的に100%を越えたことと、スペクトルもセシウム137の位置にピークが出なかったことをふまえ、「検出と見なせず」と判断しました。

会員のみなさま、ぜひ測定所にお越し下さい。そして、会費切替対象の方、よろしくお願いします。
以上です。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2016-05-22 19:05 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(5月18日)

こんにちは、神保です。

18日(水)のスタッフは高木さんと私でした。
お客さんは…残念ながらなく、自主測定。検体選びは、高木さんが「食べたい!」ということで鹿児島産の「キメジマグロ」に決定。なお、資金不足のため500ml測定です。

●キメジマグロ 鹿児島県産
c0233009_22244826.jpg
539g 7200秒
Cs-137 放射能濃度2.42Bq/kg 絶対誤差±1.96Bq/kg 統計誤差81.2% 検出下限値3.12Bq/kg
Cs-134 検出下限値2.53Bq/kg
→ 天然放射性核種の影響か、ノイズの多いスペクトルでした。Cs−137は誤検出と考えます。下限以下の不検出判定です。

それでは簡単ではありますが、結果報告となります!

そして、ご家庭で眠っている無料測定券をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非測定所をご利用ください。存続とともに重要なのはデータの蓄積、皆さんのご利用があっての測定所でーす!監視の役目、もっとさせてくださいませませー。

[PR]

by sokutei_kyoto | 2016-05-18 22:25 | 測定日誌 | Comments(0)  

【ご案内】京都・市民放射能測定所 第4回総会&4周年集会にご参加ください!

c0233009_00480753.png
c0233009_00483127.png
京都・市民放射能測定所
4周年記念総会と集会のご案内です。
ぜひ、ご参加ください。

5月15日(日)10時~16時30分
京都呉竹文化センター(京阪・近鉄『丹波橋駅』下車すぐ)

主なプログラム

【午前の部】 参加無料

講演その1 10時~11時
『帰還政策・原発再稼動への動きと脱原発・反被曝運動をめぐる最近の情勢と展望』
講師:渡辺悦司さん (「放射線被曝の争点-福島原発事故の健康被害は無いのか」共著者)

会員総会 11時~12時

飛田晋秀さん写真展 10時30分~15時
『福島のすがた 3/11で止まった町』

ほっこりカフェ&無料測定会 10時~14時 丹波橋測定室
測定は一人一品、先着5名まで
カフェでは抹茶を楽しんでください。

【午後の部】 会員・避難者500円、一般1000円、学生無料

総会報告とスタッフ紹介 12時30分~12時50分

講演その2 12時50分~
『福島こども尿中セシウム測定結果』
斉藤さちこさん(こどもエイド副代表)

ドキュメンタリー映画『たゆたいながら』上映 14時~
阿部周一監督トークあり
第七回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル コンペティション部門入賞作品

ライブ『ワッハッハ・コンサート』 15時15分~
河野康弘さん(ジャズピアニスト 地球ハーモニー代表)

16時30分終了

【打ち上げ】 参加費1000円

17時30分 丹波橋測定室にて おこないます。


原発事故から5年が過ぎ、当測定所が開所して丸4年を迎えます。
関西でトップを切って開所した当測定所は、優秀なスタッフと多くの会員さんに支えられ、様々な取り組みに挑戦してきました。
昨年の3周年の集いでは、「京都北部に市民測定所を作ろう」と呼びかけ、綾部市など北部在住のみなさんと力を合わせ、2015年8月に無事開所となりました。
今は、市民測定所西日本ネットワークの仲間としてともに活動しています。
この1年新たに挑戦する課題は、放射能汚染の拡大を監視する測定活動を強めていくことです。
本来は放射性廃棄物として厳重に保管されるべき物が園芸用・建設資材などとしてリサイクルされようとしています。
こうした動きを監視するため、新たに「ホット・スポット・ファインダー」を導入したいと考えております。ぜひ、会員総会で議論したいと思います。
4周年記念の集いは盛りだくさんの内容で準備が進んでいます。多くのみなさんのご参加を心からお待ちしています。


(問い合わせ先)
京都・市民放射能測定所
http://nukecheck.namaste.jp/
〒612-2082
京都市伏見区両替町9丁目254 北川コンサイスビル203号
担当 佐藤和利
070-5664-2713
satokazu@wave.plala.or.jp

京都・市民放射能測定所第4回総会&4周年集会のチラシはこちらからダウンロードできます。

[PR]

by sokutei_kyoto | 2016-05-15 10:00 | 主催イベント | Comments(0)  

測定日誌(5月11日)

楠本です。5/11の測定結果報告です。
予約が入ってませんでしたので三条御前で測定依頼を受けたおじゃこ2種類を測りました。

1.広島県産かえりちりめんじゃこ
350g 7400秒
Cs-137 放射能濃度検出されず 検出下限値5.86Bq/kg
Cs-134 放射能濃度検出されず 検出下限値5.40Bq/kg
軽量の為に検出下限値は高いですが共にピークもみられず不検出と判断しました。

2.京都府産煮干し
270g 
Cs-137 放射能濃度検出されず 検出下限値7.51Bq/kg
Cs-134 放射能濃度検出されず 検出下限値 6.95Bq/kg
こちらはさらに軽量なので検出下限値も高くなりましたが共にピークもみられず不検出と判断しました。

2検体とも三条御前測定依頼所にてクロスチェック測定をして結果報告します。

さてさて次の15日日曜日は4周年記念総会+イベントです。呉竹文化センターでの総会、講演、演奏イベントと丹波橋測定室でのほっこりカフェ、無料測定会があるのでぜひ、ご参加ください。
c0233009_00480753.png
c0233009_00483127.png


[PR]

by sokutei_kyoto | 2016-05-11 23:20 | 測定日誌 | Comments(0)