<   2015年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

測定日誌(11月28日)

佐藤です。
もう11月も終わり、京都も冷え込む日が増えてきました。
みなさまお体にお気をつけください。

今日は、速水さん、藤原さんが測定スタッフでした。
奥森代表のアドバイスを受けながら、福島の土壌測定にチャレンジしました。
開所時間を超えて延長測定するものがありましたので、日誌は私佐藤が書かせていただいています。

土壌1検体目、これは驚きました。
測定結果は、2000秒(100ml測定)で
セシウム137 19600±3900Bq/kg。検出下限値20.0Bq/kg。
セシウム134 4280±860Bq/kg。検出下限値15.9Bq/kg。
恐ろしいまでの値で検出でした。測定開始とともに、スペクトルのピークが、どんどん伸びていくのに「えっ!」という感じでした。

土壌2検体目
測定結果は、2000秒(100ml測定)で
セシウム137 784±157Bq/kg。検出下限値20.0Bq/kg。
セシウム134 180±39Bq/kg。検出下限値15.9Bq/kg。
という値で検出でした。

土壌3検体目
測定結果は、2000秒(100ml測定)で
セシウム137 1130±230Bq/kg。検出下限値20.0Bq/kg。
セシウム134 252±52Bq/kg。検出下限値15.9Bq/kg。
という値で検出でした。

今日は14時からミニ学習会をやりましたが、事前にこの福島の土壌汚染の実態を肌で感じていたので、避難者の方の思いがよくわかりました。
学習会では福島出身の学生の方が制作されたドキュメント映像を見て、避難した人、残っている人、それぞれの思いを知り、写真家の飛田晋秀さんの講演映像で放射能被害の実態を勉強しました。
これからも、測定所の空き時間を使ってミニ学習会を開いていきたいと思います

会員のみなさま、ぜひ測定所に足をお運びください。
よろしくお願いします。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-11-29 18:05 | 測定日誌 | Comments(0)  

【ご案内】おうみ市民放射能測定所の開所式(11月29日)のご案内

 みなさま 奥森@京都測定所です。

 京都北部・市民放射能測定所「たんぽぽ」に続いて、「おうみ市民放射能測定所」が11月29日(日)に、ついに開所します。

 京都測定所として、測定技術面で支援をしてきたので、とても嬉しいです。楽しい開所式になりそうなので、ぜひ、みなさんに参加してほしいです。
 
 よろしくお願いします。
c0233009_14300556.jpg
c0233009_14301631.jpg
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
おうみ市民放射能測定所  
  開所式のご案内
 
http://oumihakaru.shiga-saku.net/e1204579.html

 安心できる食べものを自分たちの手で確かめ、生産者さんとのつながりを強くし、暮らしと食の不安や喜びをわかちあい話し合える場を作りたい。
今も続く原発の放射能汚染から、子どもたちと私たちのいのちを守りたい。
そう願って有志で立ち上がり、みなさまのご支援をいただき、このたび開所の運びとなりました。
下記の日程で開所式を行います。
どうぞのんびり遊びに来てください。

日時: 11月29日(日)10:00~15:00
場所: おうみ市民放射能測定所(しがまる生協内)
    近江八幡市鷹飼町1559-2

お問い合わせ: oumi_hakaru@yahoo.co.jp

※駐車場はお問い合わせください。

9:30 受付
10:00 あいさつ 市民測定所について
10:30 すどうあいこさん(奈良・市民放射能測定所)のお話
12:00 測定デモンストレーション
12:30 交流会
15:00 おひらき

☆すどうあいこさん☆
『放射能が気になるママのための給食・牛乳についてのお話会』著者
奈良・避難者交流会「ツキイチ・カフェ」主催
奈良・市民放射能測定所測定員

開所式参加費は無料です。
交流会は、しがまる生協の安心食材使用のお鍋の予定♪
滋賀の地酒も!
交流会参加費:800円(アルコールなし)/1200円(アルコールあり)
※準備の都合上、交流会参加される方はできるだけ事前にお知らせくださいませ。

*****

測定所の経費はカンパと会員のみなさまの会費と測定料でまかない、有志のボランティア運営です。
測定器の購入費用は今のところ有志による持ち出しであり、まだまだ資金が不足しています。
あなたも会員になって、私たちの食と暮らしを一緒に考えていきませんか。
カンパも大歓迎です。
どうぞあたたかいご支援ご協力をお願いいたします。
『おうみ食べ物の放射能を測る会』http://oumihakaru.shiga-saku.net/

[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-11-29 10:00 | Comments(0)  

ミーティング(11月22日)

佐藤です。
測定所会員のみなさまへ

11月22日に行った測定所全体ミーティングの内容を報告させていただきます。関心のある方はぜひお読みください。参加者は7人でした。

【11月22日の主な議題】
1.放射能汚染、原発事故をめぐる情勢
2.勉強会、無料測定会
3.高浜・大飯原発周辺の空間線量、土壌の調査
4.測定所の運営
5.おうみ市民放射能測定所の開所など
6.インフォーメーション

【放射能汚染、原発事故をめぐる情勢】
10月10日に福島の国道6号線で行われた清掃イベント。参加した1400人の中に、地元の200人の中高校生が参加。しかし、そこは16万4千ベクレル/平方メートル(放射線管理区域の4倍)の汚染地であり、拾ったゴミからは数百ベクレル/kgの放射能が検出された・・・。期間困難区域付近で、清掃隊は1千40万ベクレル/平方メートルの汚染土壌の所まで立ち入っていた。この清掃イベントを地元紙は「美談」として報道しました。最近でも産経新聞が「地元のために何かしたい」という高校生の声を前に出す一方で、反対する声を「誹謗中傷」と決めつける記事を載せました。でも、そういう記事に載らないのが汚染の実際の数値です。被曝させられているという事実です。放射線管理区域や、核物質を規制する法律など、全く無視されていることも伝えません。「最近原発事故関連のニュースを見ないね」という声があります。知らされなければ、無かったことにされるのが「情報化社会」のワナ。ミーティングでは、広く薄く被曝させ、放射能に慣れさせる政策が進められていることも取り上げました。

【勉強会 無料測定会】
11月22日午前中に福島の子どもたちの尿の中にあるセシウムを測定してこられた斉藤さんから、測定結果とそこから見えてきたことを報告していただきました。約15名の方に参加していただきました。とてもいい報告でした。詳しい内容は、測定プロジェクトチームが正式に公表するとのことですので、ご期待ください。好評?いただいている無料測定会ですが、次回は12月20日(日)11時~14時で、2検体を募集します。ぜひ参加、お待ちしています。

【高浜・大飯原発周辺の空間線量、土壌の調査】
11月8日、高浜-関電リレーデモの出発に合わせ、原発周辺の土を採取し、ホットスポットファインダー(HSF)で空間線量を測りました。現在でも原発周辺が汚染されていないか調べること。事故があってほしくはないが、事故前のベースとなる値を記録すること。また、原発を直接見て、その危うさを肌身に感じること。など、重要だと思います。測定所のプロジェクトとして、継続していきたいと考えています。

【測定所の運営】
①マリネリ500ミリリットル測定の開始
11月に検証を続けた結果、めどがたちました。12月から、正式に500ミリリットルでの測定を標準で受け付ける予定です。但し、測定時間は1リットルの倍の1時間かけて測定します。検体が半分ですむのは大きなメリットですので、ぜひご活用ください。もちろん1リットルで30分の測定もこれまで通り行いますので、お米など量の確保が容易な検体は1リットル測定をお勧めします。

②三条御前測定依頼所(くっすんラボ)
11月は10検体の測定依頼をいただきました。ありがとうございます。幸い、みな不検出でした。

③会報の発行
第4号は、10月12日の『測定所まつり』の特集を組みました。測定所ホームページから見れます。第5号は、来年1月発行予定です。よろしくお願いします。

④測定スタッフの調整と会計報告
引き続き測定スタッフ募集中です。興味ある方、スタッフになってください。会計の方は、なんとかやりくりしてますが、会員の減少で測定所の会計が依然としてピンチです。会員のみなさま、測定依頼と会費納入にぜひご協力ください。

【おうみ市民放射能測定所の開所など】
11月29日(日)に、いよいよ『おうみ市民放射能測定所』が開所します。開所式は10時~15時 しがまる生協内に測定所はあります(近江八幡駅下車)。午前中は、『放射能が気になるママのための給食・牛乳についてのお話会』(すどうあいこさん)があり、午後は安心食材のお鍋を囲んだ交流会もあります。京都測定所も応援してきましたので、関心ある方、ぜひご参加ください。
左京区の診療所さん、京都北部測定所『たんぽぽ』さんへも、引き続き技術支援を行っています。左京区の診療所さんには広いスペースがあるので、無料測定会や勉強会などできないかなと計画中です。正式に決まりましたらご案内します。
次回の測定所関西ネットワークの会合は、来年1月11日(月休)14時 丹波橋測定室で開催することが決まりました。関西各地の腕利き?の測定所が集い、気になる測定結果や測定技術の向上、イベント報告など楽しく交流します。参加希望の方は、事前に京都測定所までご連絡ください。

【インフォーメーション】
11月28日(土)14時 ミニ学習会『原発事故が生態系に与えた影響』など 丹波橋測定室
   同日    13時 親子でPeace 平和コンサート(河野康弘さん演奏) 京都バブテスト教会
12月13日(日)13時30分 放射能の健康被害を考える大阪公聴会 エルおおさか
12月16日(水)10時 ほっこりカフェ 丹波橋測定室
12月19日(土)13時30分 冬のZENKO集会(福島ツアー報告あり)大阪・浪速区民センタ
12月20日(日)11時~14時 無料測定会(2検体募集) 丹波橋測定室
   同日    14時 京都測定所全体ミーティング 15時30分 忘年会 丹波橋測定室
12月23日(水休)年越し&クリスマス会を計画中(うつくしま&ふくしまin京都と合同で)
1月11日(月休) 関西ネットワーク 丹波橋測定室
1月20日(日)左京区の診療所でイベント計画中

報告は以上です。お読みくださり、ありがとうございました。
(ミーティングに参加された方、抜けや間違いがありましたら、補足と訂正をお願いします。)
このミーティングはオープンに開催しております。関心ある方の参加、大歓迎です。次回の京都測定所のミーティングは、12月20日(日)14時~15時30分、丹波橋測定室で開催します。

よろしくお願いします。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-11-25 10:38 | ミーティング報告 | Comments(0)  

測定日誌(11月22日)

みなさま
奥森です。

昨日(22日)の当番は、福島さんと奥森でした。

10時から第10回測定所勉強会、その後4検体(すべて土壌)の測定、午後4時から測定所ミーテイングと、忙しい一日でした。

勉強会は15名+講師(斉藤さちこさん)の参加でした。テーマは、「福島こども尿中セシウム測定プロジェクト報告会」で、とても有意義で貴重な報告を頂きました。
内容をしっかりと報告したいのですが、測定プロジェクトチームが正式に公表してからの方が良いと思いますので、内容の報告は省略いたします。ごめんなさい。

その後、4検体の土壌を測定しました。いずれも福島県郡山市の土壌です。 *郡山市以下の住所はわかりません。

測定条件は0.1フラット容器 2000秒測定 信頼水準0.95 です。

●K-1地点(これは依頼者が振っている番号です)
検体容量100g 検体重量122g
セシウム合計1.71±0.29kBq/kg

放射能濃度 不確かさ 統計誤差 検出下限値 ピーク判定
Cs-137 1390Bq/kg ±280Bq/kg 2.8%  21.2Bq/kg 有
Cs-134 321Bq/kg ± 66Bq/kg 5.5% 16.8Bq/kg 有
K-40 559Bq/kg ±559Bq/kg 34.6% 263Bq/kg 有

●Kー2地点 検体容量100g 検体重量130g
セシウム合計1.85±0.31kBq/kg

放射能濃度 不確かさ  統計誤差 検出下限値 ピーク判定
Cs-137 1500Bq/kg ±300Bq/kg 2.6% 20.0Bq/kg 有
Cs-134 349Bq/kg ±70Bq/kg 4.9% 15.9Bq/kg 有
K-40 166Bq/kg ±175Bq/kg >100% 274Bq/kg 有

●Kー3地点 検体容量100g 検体重量130g
セシウム合計1.79±0.30kBq/kg

放射能濃度 不確かさ  統計誤差 検出下限値 ピーク判定
Cs-137 1460Bq/kg  ±290Bq/kg 2.6%   20.0Bq/kg   有
cs-134 327Bq/kg ± 66Bq/kg 5.2%   15.9Bq/kg 有
K-40 471Bq/kg ±203Bq/kg 38.6%  274 Bq/kg 有

●Kー4地点 検体容量100g 検体重量130g
セシウム合計2.23±0.37kBq/kg

放射能濃度 不確かさ 統計誤差 検出下限値 ピーク判定
Cs-137 1820Bq/kg ±360Bq/kg 2.3% 20.0Bq/kg 有
Cs-134 410Bq/kg ±82Bq/kg 4.5% 15.9Bq/kg 有
K-40 440Bq/kg ±204Bq/kg 42.2% 274Bq/kg 有

原発事故から4年半を経過してもなお、「放射線管理区域」の基準を大きく上回る汚染が存在していることに、今更ながら恐ろしい思いがしました。

当測定所では、検体の容量500ミリリットルでも、大変精度良く測定できるように、解析ソフトをバージョンアップしました。ただし、測定時間は1時間程度必要ですが、検体をそろえやすくなったと思うので、ぜひ、測定に来てください。

みなさんの測定利用で「市民のための測定所」を続けていきましょう。
では。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-11-25 10:30 | 測定日誌 | Comments(0)  

【ご案内】第10回測定所勉強会「福島こども尿中セシウム報告会」

みなさま

奥森です。複数のMLに投稿しています。重複ご容赦ください。

測定所勉強会のご案内です。
開場は、京都・市民放射能測定所ですので、定員は20名です。
興味深い内容ですので、ぜひご参加ください。

+++++++++++++
第10回測定所勉強会
「福島こども尿中セシウム報告会」



◆日時  2015年11月22日(日)10:00~12:00

◆場所  京都市民放射能測定所

◆講師  斉藤さちこさん

◆内容  

 福島の子どもたちの尿に含まれるセシウムの測定を行うプロジェクトを担ってきた斉藤さんに、取り組みの報告をしていただきます。
 大変興味深い内容のお話をお聞きできると思います。ぜひ、ご参加ください。
 
◆参加費 会員300円、一般500円

◆定員  20名

◆申込み 参加希望の方は必ずメールでお申し込みください。
  *shimin_sokutei@yahoo.co.jp


[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-11-22 10:00 | 測定所勉強会 | Comments(0)  

測定日誌(11月11日)

楠本です。11月11日の測定結果報告です。
担当は高木さんと楠本です。1件の測定依頼がありました。

福島県いわき市産の白米 1000g 1800秒
c0233009_01031417.jpg
Cs137 放射能濃度検出されず。検出下限値 3.26Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出されず。検出下限値 3.04Bq/kg
→ スペクトルにピークも見えず不検出と判断しました。

今日は暖かく爽やかな1日でした。

冷蔵庫にずっと入っていたトルコ産いちじくジュースと生椎茸を処分しました。椎茸は中々の強烈な臭いで思わず窓とドアを全開にしました。

それでは皆様。測定依頼をお待ちしております。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-11-14 01:03 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(11月7日)

藤原です。

京都は本日は曇り。
11月より測定器のソフトバージョンアップにより、マリネリ容器での500ml測定が可能になりました。
検体が500mlと以前の半分の量となり、持ち込み易くなっております。
同じ検体を比較のため1ℓと500mlで測定しその結果が下記になります。

さて、本日11月7日(土)の測定報告です。


①黒米 (個人農家) 1ℓ容器
測定結果は1800秒で
セシウム137 1.72Bq/kg。絶対誤差±2.26Bq/kg。統計誤差>100% 検出下限値3.51Bq/kg。検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値3.27Bq/kg。不検出
→ セシウム137に数値が出ましたが、統計誤差が100%を超えており、検出とは見なせず。スペクトルを確認したところピークもなく、総合的に見て不検出と判断しました。結果 不検出。

②黒米 (個人農家) 500ml容器
測定結果は1800秒で
セシウム137 2.26Bq/kg。絶対誤差±3.61Bq/kg。統計誤差>100% 検出下限値5.59Bq/kg。検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値4.56Bq/kg。不検出
→ セシウム137に数値が出ましたが、再び統計誤差が100%を超えており、検出とは見なせず。スペクトルを確認したところピークもなく、総合的に見て不検出と判断しました。結果 不検出。

③黒米 (個人農家) 500ml容器
測定結果は3600秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値4.20Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値3.42Bq/kg。不検出
→ 結果 不検出。

●本日の測定は同じ1検体を3通りの方法で測定し、結果は全て不検出でした。

上記のように、500ml測定を試験的に導入しております。これにより、より少ない量での測定も可能となっております。測定結果はご覧の通りで、あまり違いはありません。
500ml測定で通常の1800秒測定だと検出下限値は当然高くなりますが、スペクトルはほぼ同じ傾向でした。それを3600秒にすると、1ℓの1800秒よりスペクトルは平均化された感じでした
もう少し検証は必要と思いますが、マリネリ500ml測定はいけそうです。また、測定に怪しい結果が出た場合でも測定時間を長く取るなどの作業を行い、信頼の出来る結果をお渡し出来ると考えます。

会員のみな さま、ぜひ測定所に足をお運びください。
よろしくお願いします。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-11-14 00:59 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(11月4日)

こんにちは。もう11月…とても寒くなってきましたね。
本日のスタッフは神保1名でした。

さてさて、今日もお客さんはなく(!)、午後からは自主測定の検体探しへ出かけました。近くのスーパーの、そのまた近くにもう1件新しくスーパーができたのです。
「寒いといえば、お鍋…お鍋と言えば…白菜かな!」と思って、検体は白菜に決まり。2件のスーパーを見比べて、その産地を見ると、茨城・長野・奈良のものがありました。やっぱり気になるのは茨城のものなのですが、ただ、そのデータは“みんなのデータサイト”にも多数アップされていますし、ここはデータとして少なそうな奈良県産のものを選んでみました。

●白菜 奈良県産
1020g 3000秒
c0233009_17244264.jpg

Cs-137 検出下限値2.58Bq/kg
Cs-134 放射能濃度1.13Bq/kg 絶対誤差±1.55Bq/kg 統計誤差>100% 検出下限値2.40Bq/kg
→ 134は“統計誤差>100%”ですので、結果は下限以下の不検出ですね。本当は、もう少し下限値を下げてみたかったのですが(結果が怪しかったワケでなく、好きなだけ…)、今日4日は夕方から予定もあるため3000秒がリミットでした。

…はい、そんなワケで今日は一切にぎわいのなかった丹波橋測定室…。さみしいので、是非ご利用ください…遊びに?来るだけでも是非是非です。
噂のあまり美味しくないコーヒーもありますよー!

ではです。皆さん、どうぞあたたかく!
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-11-04 17:22 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(11月1日)

藤原です。

京都は本日は晴れ。朝は寒くなってきました。
さて、11月1日(日)の測定報告です。500ml測定の新ソフトを試しました。

●1検体目
玄米 キヌヒカリ 滋賀県産
測定結果は3600秒で通常の1リットル測定。
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値2.55Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値2.36Bq/kg。不検出
結果、不検出。

同じ検体で、500mlテスト1回目。
測定結果は1800秒
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値5.55Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値4.42Bq/kg。不検出
結果、不検出。

再び同じ検体で、500mlテスト2回目。
測定結果は、今度は3600秒に延長
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値4.17Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値3.39Bq/kg。不検出
結果、不検出。

●2検体目
白米
測定結果は3600秒
セシウム137 2.45Bq/kg。絶対誤差±2.63Bq/kg。統計誤差>100% 検出下限値4.28Bq/kg。検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値3.39Bq/kg。不検出
→ セシウム137に数値が出ましたが、統計誤差が100%を超えており検出とは見なせず。スペクトルも確認したところピークはなく、総合的に見て不検出と判断しました。

本日は2件共に不検出。
本日は500ml容器を導入、結果は1000mlと共に上記に記す。

会員のみなさま、ぜひ測定所に足をお運びください。
よろしくお願いします。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-11-04 10:16 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月29日)@三条御前

楠本です。
AT機の校正とバージョンアップの為、11/28の水曜日の丹波橋測定室はお休みでしたが僕は三条御前依頼所の測定結果の整理や削り節の受け渡しに丹波橋に行きました。
高木さん達がせっせととだしパックに詰めてました。

ではでは、三条御前測定依頼所の測定結果報告です。

保育園で使うホームセンターの土
651g 14000秒
c0233009_1011242.jpg

Cs137 放射能濃度検出無し 検出下限値1.89Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出無し 検出下限値1.99Bq/kg

北海道産さんま
1075g 35000秒
c0233009_1013333.jpg

Cs137 放射能濃度検出無し 検出下限値0.81Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出無し 検出下限値0.85Bq/kg

2検体共に放射能濃度の検出は無く、ピークも見えず不検出と判断しました。測定依頼ありがとうございます。またのご利用をお待ちしてます。

くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-11-04 10:01 | 測定日誌 | Comments(0)