<   2015年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

「第3回市民測定所まつりin呉竹」の様子が報道されました!

みなさん
代表の奥森です。

 「第3回市民測定所まつりin呉竹」の様子を「週刊MDS」が報道してくれました。
 記事全文をブログに掲載させていただきます。

++++++++++++++++++
週刊MDS 2015年10月23日発行 1400号

第3回京都・市民測定所まつりに80人
帰還政策と闘う測定活動を
広がる測定所への期待

“幅広く学習・闘いの拠点に”


 福島原発事故から4年半。放射性物質は垂れ流し状態にもかかわらず、政府は帰還を強要する。京都・市民放射能測定所(代表奥森祥陽さん)は10月12日、京都市内で第3回市民測定所まつりを開催。改めて放射能汚染の実態、避難・移住の重要性や測定所の役割について考える機会をつくった。約80人の参加者は映画、写真展、コンサートと文化満載の1日を楽しんだ。

●幅広い人に

 「帰還政策との闘いがいま焦点だ、と考えています。今日は文化的な催しの中で考えてもらえる企画を工夫しました。いろんな面から興味・関心を持つ人が広がれば」と奥森さんは語った。

 午前9時45分からまつりスタート。映画『小さき声のカノン―選択する人々』(監督鎌仲ひとみ)が上映され、市民放射能測定所の佐藤和利事務局長が測定所の果たす役割について講演。最後はジャズピアニスト河野康弘さんのワッハッハコンサート。聴衆の笑い声をベースリズムに軽妙なジャズの旋律が絡む。終了は17時近くとなった。

 並行して、福島県三春町の写真家飛田晋秀さんが避難地域の現状を撮った作品展も。映画会場近くにある測定所では無料測定会とカフェが用意され、避難者の子どもやおとなの交流の場となった。

●弾む会話
 
 映画は、チェルノブイリ事故での避難政策と対比させながら、子どもを守るために少しでも被ばくを避けようと活動する福島の母親たち、避難したくともできないその葛藤が描かれる。上映後の交流で福島からの避難者は「福島に電話した。友人とけんかになった。除染しても効果がないのに現地の感覚がマヒしてきている。国が支援するといえば、避難できる人は多いはず」と感想を述べた。

 写真展会場では現地の写真を前に会話が弾む。汚染土が詰ったフレコンバッグ、荒れた家、墓石に手を合わせる家族。「敦賀の出身です。明日のふるさとの姿を見るようで」「こんな姿にしてはいけないですよね」。「国道6号を走ってみたんです。好奇心ですけど」「子どもたちがマスクもしないで清掃させられていましたね」。

 幼児をバギーに乗せた若い男性の姿があった。たまたま散歩の途中に見つけて来場した。「放射能や原発の問題は気になっている。安倍首相の政策には反対」と戦争法反対の運動の広がりも話題に。「いま子どもの成長を楽しめる貴重な時期。3年間の育児休暇をとって主夫業に専念」と語る。大切なものを守る思いは父親も負けていない。

●ネットワーク

 佐藤さんは講演で「避難者の声に応えて始めた測定所。人権感覚を大切に、帰還政策批判と結んだ測定活動を広げていきたい」と、楽しく粘り強くネットワークを広げる重要性を語った。測定所への期待は大きい。食や環境問題など地域で学習会に取り組む会員の一人は「測定依頼の件数が少なくなっていると聞くが、測定所は交流や学習の拠点としての役割も重要」と位置づけていた。

 他の市民測定所からの参加もあった。9月末に開設した京都北部(綾部市)市民測定所のスタッフ。測定検体の拡大など軌道に乗せるための困難は続いている。

 滋賀県近江八幡市で11月29日におうみ市民測定所の開設を決めた加納洋さんと宮本幸栄さん。「どう会員を拡大するか」との問題意識で参加した。京都市でレストランを開いていたが、安くて安心できる食材が得やすい滋賀に移住。利用客のつてで京都・市民測定所を紹介され、開設につながった。「反原発での闘いと放射能測定の必要性とは少しギャップがある。福島事故が教訓になっていないと感じる」と言う。「測定機械があるのだから、どんどん無料測定会を開いたら」と奥森さんがアドバイス。数値を示すことが鍵になりそうだ。

 京都・市民放射能測定所の3年間の地道な活動がネットワークを広げている。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-10-30 13:58 | 報道記事 | Comments(0)  

測定日誌(10月25日)@三条御前

楠本です♪
三条御前の測定依頼結果報告です。

金時豆 北海道産
909秒 18000秒
c0233009_17382977.jpg

Cs137 検出下限値 1.21Bq/kg
Cs134 検出下限値 1.29Bq/kg
セシウム137.134共に不検出判定、ピーク検出は無く不検出と判断しました。

くっすんらぼも鉛遮蔽強化作業をしたいのですが、気候が変わって測定が不安定になったのでバックグラウンドの取得作業を行いました。測定機が受ける環境の放射線量は、差がないように見えて安定して測定出来ているので良かったです。
c0233009_17384944.jpg

[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-10-27 17:39 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月24日)

佐藤です。

いい天気ですねえ。これこそ秋晴れですかね。
本日10月24日(土)の測定報告です。

乳製品(しっかり濃厚4.4)を測りました。
成分が(乳、乳製品、ビタミンD)となっていたので、何が混ざっているか気になり測ってみました。
測定結果は、2000秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.22Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値2.95Bq/kg。
スペクトルを確認しても問題なし。不検出と判断しました。

★★★ここでお知らせです★★★
丹波橋測定室は測定器のバージョンアップのため、10月いっぱい休業させていただきます。次の開所日は、11月1日(日)の予定となります。

「変わるのは何か?」
検体500ミリリットルでも、精度よく測定できるソフトを導入します。検体1リットルを用意するのが大変という声に応え、半分の量でも標準対応できるようになります。(ただし、測定時間は倍かかります。)
11月1日から検証を開始し、問題ないと見極めた時点で正式に500ミリリットル測定をご案内します。ご期待ください。

それではみなさま、今後も測定所をよろしくお願いします。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-10-25 01:35 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月20日)@三条御前

楠本です♪
三条御前測定依頼所での結果報告です。
今回は4検体お預かりしました。測定結果です。

1.長野県産白菜
515g 12000秒
c0233009_235715.jpg

Cs137 検出下限値2.63Bq/kg
Cs134 検出下限値2.78Bq/kg

2.宮崎県産ちりめんじゃこ
500g 15000秒
c0233009_2353433.jpg

Cs137 検出下限値2.46Bq/kg
Cs134 検出下限値2.60Bq/kg

3.京都府産煮干し
222g 64000秒
c0233009_2355963.jpg

Cs137 検出下限値3.55Bq/kg
Cs134 検出下限値3.79Bq/kg

4.京都府産茶葉
65000秒 200g
c0233009_2361810.jpg

Cs137 検出下限値3.93Bq/kg
Cs134 検出下限値4.21Bq/kg

という結果でした。いずれもピーク判定が無くスペクトル上もピークが確認され無いため、不検出と判断しました。煮干しと茶葉は軽量の為に長時間測定をしましたが、検出下限値は白菜やちりめんじゃこより高くなっています。「測定機周りの環境放射線の影響」と「1リットル容器に入った重量」と「測定時間」で検出下限値が決まるので、ご依頼の場合はぜひ参考にして下さい。

くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-10-21 02:36 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月18日)

みなさま

きれいな秋晴れですね。測定スタッフの福島です。
本日は佐藤さん、上野さんとともに測定しました。

本日の検体は、会員さんになってくださった方のご親族が懸賞であてた産地不明の白米!!
気になる結果は、、、はじめからピークもなく無事測定終了しました。

(913グラム 1800秒)
★Cs-137 検出下限値3.83Bq/kg
★Cs-134 検出下限値3.50Bq/kg
           ↓
不検出と判断しました。

かわいい8ヶ月の赤ちゃんとともに、測定所を訪れてくれた新会員さんです。そろそろ離乳食の準備も、、。ぜひぜひ、測定所を活用してくださいませ。

みなさまも、測定所でご家庭の食卓の再チェックを!
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-10-21 02:28 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月14日)

こんにちは~
今日の測定当番は久々の杉谷さんと高木でした。

本ヒガシマルしょうゆうすくち (1171グラム 1800秒)
★Cs-137 検出下限値3.00Bq/kg
★Cs-134 検出下限値2.74Bq/kg
           ↓
不検出と判断しました。

今日は測定依頼もなく残念でしたが、毎日使う調味料が気になりお醤油を測定しました。結果が不検出で安心しました。

また、お電話で石の測定の依頼がありましたが、代表に連絡しましたが、依頼者にはお断りいたしました。石の測定依頼の理由を聞かせてもらったら、ウランの話を聞かせてくれました。当測定所はセシウム、ヨウ素のみしか測れないとお話をしました。このお客様のお電話で杉谷さんと私はウランの話をすることになりましたが、刺激を受けたお電話でした。

12日の測定所祭りにご来場下さった皆様、ありがとうございまいた。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-10-16 13:19 | 測定日誌 | Comments(0)  

【お知らせ】第3回市民測定所まつりin呉竹にご参加ください! 「小さき声のカノン」の上映や無料測定会など盛りだくさん。チラシもダウンロードできます!

みなさま 奥森です。

第3回市民測定所まつりin呉竹を下記のとおり開催いたします。

ご家族そろって、ご参加ください。
また、多くの方にお知らせ下さい。

チラシをご持参いただいた方には、前売り料金でご入場できます。

*おわび 最初に印刷したチラシの裏面に記載の開催日時が誤っておりました。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

+++++++++++++++++++++++++++++

c0233009_20504940.jpg
c0233009_10244451.png
c0233009_22565697.png
第3回市民測定所まつりin呉竹

●日 時  2015年10月12日(月・休)9:45~16:30
●場 所  京都市呉竹文化センター 創造活動室・第1会議室
●入場料  
  前売 一般1000円 会員700円 避難者・学生500円
  当日 一般1200円 会員900円 避難者・学生700円
●よびかけ

 東京電力福島第一原発事故から4年半が過ぎました。事故は未だに収束せず、放射性物質は放出され続けています。
 しかし、国は、「帰還困難区域(年間50ミリシーベルト以上)」以外の避難指示を2017年3月までに解除し、2018年には賠償を打ち切ることを明らかにしています。福島県は、県外避難者に対する避難用住宅の提供を2017年3月で打ち切ることを決めました。
 私たちは、原発事故避難者に帰還=さらなる被ばくを強要する国や福島県の非人道的なやり方を認めることはできません。

 今年のまつりでは、改めて放射能汚染の現実と向き合い、避難・移住の重要性や市民測定所の役割について、みなさんと考えていきたいと思います。
 ご家族そろってご参加ください。

●企画の内容

1)無料測定会&ほっこりカフェ 10:00~14:00
・場所は京都・市民放射能測定所(丹波橋測定室)
  30分測定で6検体程度受付ます。
・参加者がくつろいでおしゃべりできる「ほっこりカフェ」も開催します。お茶、お菓子を頂きながら、わいわいとおしゃべりしましょう。

2) 「小さき声のカノン―選択する人々」上映会
 ・創造活動室
 ・第1回上映 9:45~11:45
 ・第2回上映12:45~14:45
 
3)測定所ミニ講演会
 ・創造活動室
 ・12:00~12:30
 ・講師 佐藤和利(京都・市民放射能測定所事務局長)

4)河野康弘さん(ジャズピアニスト)
  ワッハッハ コンサート(仮称)
 ・創造活動室
 ・15:00~16:30
 ●河野康弘(ジャズピアニスト・地球ハーモニー代表)
 奈良県生まれ。矢沢永吉バンドでプロデビュー。以降ジャズピアニストとしてリチャード・デイビスほか内外の一流ミュージシャンと共演。91年の湾岸戦争をきっかけに音楽を通じての平和・環境活動「地球ハーモニー」主催。福島第一原発事故後・放射能避難のため東京から京都に拠点を移し核の無い世界をめざして活動中。

5)福島県三春町の写真家 飛田普秀さん写真展開催
  ―福島のすがた 3。11で止まった町―
 ・第1会議室
 ・10:00~14:00

●主催 京都・市民放射能測定所

〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254
  北川コンサイスビル203号

  Tel :090-8232-1664 Fax:075-622-9870
 e-mail:shimin_sokutei@yahoo.co.jp

http://nukecheck.namaste.jp/

「第3回測定所まつりin呉竹」のチラシはこちらからダウンロードできます。 





[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-10-12 09:45 | 主催イベント | Comments(2)  

測定日誌(10月10日)

佐藤です。

あさっては、測定所まつり。
どれだけ人が来てくれるのかなあ~。
心配しつつ、今日の当番をしておりました。


本日10月10日(土)の測定報告です。

白米(近江米)
測定結果は、1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.78Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値3.46Bq/kg。
スペクトルを確認しても問題なし。
不検出と判断しました。

測定所まつりで、私が担当している講演のネタを探していたら、こんな記事がありました。
10月1日(木) 朝日新聞 夕刊
「トモダチ作戦 放射能の影」-元乗組員の米兵が健康被害を訴えて訴訟をしているという記事です。もう2人が骨膜肉腫や急性リンパ球白血病で亡くなっているとか。福島第一原発事故の放射性プルームに包まれ、5時間余り強い放射線にさらされたとか。取材に応じた艦載機部隊の元管理官もひどい症状をリアルに語っています。

会員のみなさま、ぜひ測定所に足をお運びください。
よろしくお願いします。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-10-11 18:05 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月7日)@三条御前

楠本です。
三条御前の測定依頼結果を報告します。

長野県産りんご
941g 50000秒
c0233009_11464333.jpg

Cs137 検出下限値 0.82Bq/kg
Cs134 検出下限値 0.88Bq/kg
で共にピークも見えず不検出と判断しました。

遮蔽を水大量プラス空きスペースに鉛や鉛大量プラス水など色々試し、重いものを1人で地味に作業したわりには変化が無く残念な結果になりました。それでは皆さま失礼します。

くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-10-07 11:47 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月4日)@三条御前

楠本です♪
測定依頼の結果報告です。

長野県産リンゴジュース さみずの里
1009g 47000秒
c0233009_11421446.jpg

Cs137 検出下限値 0.78Bq/kg
Cs134 検出下限値 0.83Bq/kg
にてピークも確認できず不検出と判断しました。

現在りんご(紅玉)を測定中です。♪

くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-10-07 11:43 | 測定日誌 | Comments(0)