<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

測定日誌(10月25日)

佐藤です。
今日は私と菊池さんが当番でした。
本日10月25日土曜日の測定報告です。

チキンライス(大手コンビニのPB 解凍後測定)
測定結果は、2400秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値2.93Bq/kg。
セシウム134 統計誤差100%超えで検出と見なせず。
検出下限値2.68Bq/kgでした。
スペクトルにピークもなく、不検出と判断しました。

あと、10月で更新を迎える会員さんに電話かけをしました。
留守の方が多かったのですが、電話のつながった
4名の方に更新OKをもらいました。
いつも測定所を支えてくださる会員のみなさん、
本当にありがとうございます。

あとは、測定依頼が増えますように。
切に願っています。
と、ここまで書いた時予約の電話1件あり。
うれしいです。

以上です。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-10-25 16:12 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月19日)

大変遅くなりました。奥森です。
10月19日(日)の測定日誌を送ります。

当番は奥森と福島さんでしたが、
この日は予約は一件もなく、
自主測定と測定所の整備作業を行いました。

検体は、生駒市にある「生駒西白庭台食堂」
で無償配布されている「米ぬか」を分けていただいて
おりましたので、それを測定しました。

米ぬかの測定結果から、その食堂で出されている
ご飯の汚染状況を推測できるので、
心を引き締めて測定しました。
(実際に測定したのは福島副代表ですが・・・)

●生駒西白庭台食堂で無償配布されている米ぬか
重量 380g/l 測定時間1800秒
Cs-137 不検出 検出下限値9.59㏃/kg
Cs-134 不検出 検出下限値8.70㏃/kg
k-40 検出 593㏃/kg±147㏃/kg 統計誤差14.0% 検出下限値110㏃/kg

密度が低いので、検出下限値が高いですが、
スペクトルの詳細解析の結果、ピークもなく、
不検出と判断しました。

測定終了後は、測定室の整備をしたり、
ミーティングの準備をしました。

会員のみなさん、是非測定にきてください。
測定所スタッフにいろんなことを訪ねてください。
興味深い話を聞けると思います。

是非、お立ち寄りください。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-10-24 00:44 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(9月28日・10月5日)ゲルマでお魚測定プロジェクト

ゲルマでお魚測定プロジェクト
北海道産の鮭の測定結果

佐藤です。

魚の汚染を監視するために、関西各測定所
持ち回りでお魚をゲルマニウム半導体測定器
で測定するプロジェクトを実施中です。

今回は京都が担当なので、
9/28(日)に南福崎土地測定所で、
北海道産の鮭を測りました。
(購入したのは、福島・相馬の市場からです。)
→鮭の解体やその卵の測定日誌はこちら

京都からは楠本さんと佐藤が参加。
関西の測定所など、
関心を持っておられる方も数名立ち会われました。
c0233009_2233994.jpg

c0233009_2243353.png

9/28午前中に測定開始して15:40に終了。
1062gの検体重量で5時間15分の測定です。
c0233009_225282.png

気になる結果は

Cs137 0.4±0.1Bq/kg
測定下限値<0.3Bq/kg ピークあり
Cs134 濃度の数値出ず
測定下限値<0.3Bq/kg

でした。
残念ながら、ごく微量のセシウムが検出されました。

この北海道産の鮭がどこを泳いで、
どう汚染されたかはわかりませんが、
スペクトルがCs137にピンと立ったのを見たのは
衝撃的でした。

---------------------------------------

後日、京都の三条測定依頼所で、
楠本さんがこの鮭をクロスチェックしました。

以下、楠本さんからの報告です。

「関西測定所ネットのゲルマで
お魚測定プロジェクトで検体に選んだ
北海道産の鮭が「0.4±0.1Bq/kg」
という結果になりました。
これを京都のAT1320Cで再測定しよう
ということになったのですが、
生を解凍していたら怪しげな臭いが
してきたのでオーブンで焼きました。
c0233009_2281643.jpg

c0233009_2265410.jpg

さすがに自宅での魚発酵はきついです。

測定日 10月5日 気温23℃ 湿度54%
検体重量894g 測定時間22000秒
Cs137 放射能濃度 0.44±0.81Bq/kg
統計誤差>100% 検出下限値1.24Bq/kg
Cs134 放射能濃度 0.55±0.86Bq/kg
統計誤差>100% 検出下限値1.33Bq/kg

天然核種の影響等で数値は表示されてますが
統計誤差も100%をこえてます。が、
ゲルマで測定したら出るかもねっていう感じですかね、
実際出てますけど。
せっかくなのでこのまま最長の
65000秒までやってみました。

測定終了時、気温24℃ 湿度54%
Cs137 放射能濃度 表示無し
検出下限値0.95Bq/kg
Cs134 放射能濃度 表示無し
検出下限値1.02Bq/kg

ヤッター!放射能が消えたー!バンザーイ!
…てな訳は無いですよね。
AT機もがむばりましたが
検出することが出来ませんでした。

それでも、不検出でも少し気になる検体を
ゲルマで再チェックできる体制があるのは
ありがたいことです。



この鮭の含有する0.4Bq/kgという
微量な値をどう判断するか?
私なら食べる、食べない、
子どもには絶対食べさせないなど、
分かれるかもしれません。

正直、京都のAT機(ヨウ化ナトリウムシンチレーター)
では判別が難しいようなレベルです。

でも、原発事故は収束しておらず、
海に汚染水が流出し続けている中、
今後汚染が進行する危険があるのが事実です。

測定所として、放射能汚染を
監視し続けなくてはならないと感じました。

以上です。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-10-20 02:29 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月19日)@三条御前

楠本です♪
三条御前測定依頼所より。測定報告です。

家の近くにチェーンのリカーショップがあり、
ジュースやおつまみ系も豊富に置いています。

そこで販売している、
トルコの有機ジュースシリーズが前から気になっていて
いちじくやベリー系、いちじくなどがあり
1本800円するので躊躇してましたが、
購入して測定しました。

結果。

トルコ産有機いちじくジュース(いちじくとりんごの混合)
c0233009_0471054.jpg

1026g 65000秒
Cs137 1.06±0.48Bq/kg 統計誤差40.6%
検出下限値0.70Bq/kg
Cs134 検出下限値0.70Bq/kg
で放射能濃度の検出は無し。

セシウム137のみの検出となりましたが、
AT1320Cの性能上この結果は
あくまでも参考値とさせていただきます。

この後、「おのみち -測定依頼所-」で
クロスチェックをしてもらう予定です。

ベリー系も気になるな~

くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-10-20 00:49 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月11日)

佐藤です。

今日の朝、京都駅は観光客の方であふれていました。
これから紅葉シーズンを迎え、活気ある秋になりそうです。
台風がまた来そうなのが心配ですが。

さて、本日10月11日土曜日の測定報告です。

焼肉ピラフ(大手コンビニのPB 解凍後測定)
測定結果は、1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.95Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値3.60Bq/kg。
でした。
スペクトルにピークもなく、不検出と判断しました。

今日は予約がなくさみしいなと思ったら、
月末10/29水曜日の予約2検体のFAXがきていました。
保育所様、ありがとうございます。
予約が入るとうれしいです。

そして今、みんなのデータサイト参加をめざして、
基準玄米(微量)の長時間測定をセットしたところです。
京都・市民放射能測定所の能力が試されるところです。
玄米一粒も失ってはいけないので、緊張しました。

以上です。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-10-11 22:53 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月1日と10月7日)

水曜日スタッフの高木です。
今日は中澤さんと初のコンビでした。

本日10月7日の測定結果をお知らせします。

★昆布 北海道広尾産 14年度
1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値4.98Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値4.51Bq/kg。
スペクトルにピークもなく、不検出と判断しました。

----------------------------------------------------------

10月1日(水曜日)の測定日誌を先週流していませんでしたので、
合わせて報告いたします。申し訳ありませんでした。

★福島産桃 皮付き
1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.37Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値3.07Bq/kg。
スペクトルにピークもなく、不検出と判断しました。


●福島県の選挙事務所からポスターとチラシがきましたので貼りました。
地元では、まだ盛り上がりは見られないようです。
明日は、先日届いた不在者投票請求書を福島県へ送る予定でーす。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-10-09 22:53 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月8日)@三条御前

楠本です♪
三条御前測定依頼所で3検体の測定依頼を受けました。

1.金時豆 北海道産
c0233009_22463980.jpg

857g 5800秒
Cs137 検出下限値2.16Bq/kg
Cs134 検出下限値2.31Bq/kg
で共にピークも無く不検出としました。

2.長野県産のりんご
c0233009_2247531.jpg

708g 39000秒
Cs137 検出下限値 1.36Bq/kg
Cs134 検出下限値 1.46Bq/kg
こちらもピークも無しで不検出判定です。

3.りんごジュース 長野県産
c0233009_22473041.jpg

1063g 8300秒
Cs137 検出下限値1.49Bq/kg
Cs134 検出下限値1.59Bq/kg
不検出です。
高級で美味しそうなジュースだったので良かったです。

これから食欲の秋です!美味しいものがいっぱいです!
測って安心!食べてハッピー!これからも測定所をよろしくです!

みんなのデータサイトの参加条件である基準玄米が丹波橋測定室に届きました。
ゲルマで定量した並、低、微量のセシウム汚染玄米を測定して精度を確認するものです。
もちろん合格しなければ参加出来ないし、放射能測定所としての信頼性も疑われます。
しかも、送られて来た基準玄米を一粒たりともこぼして紛失してはいけないそうです。
ドキドキです。
10/12の午前から夕方までに測定しようと思いますが、測定中は結果が出るまで退屈なので、測定や放射能の話とかしたい、聞きたい方おられましたら丹波橋測定室まで、お越し下さいませ。

くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-10-09 22:48 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月5日)

<測定日誌 10/5(日) 京都・市民放射能測定所>

茨城県水戸市(笠原町)の家庭の土壌を
奥森代表の援助を受けながら測定しました。

●1 南庭植込みの土壌
(0.5L、387g、3600秒測定)

セシウム137=285±57ベクレル(検出下限値9.6)
セシウム134=111±24ベクレル(検出下限値8.9)

セシウムの理論比率(1:0.3程度)に比べ、
セシウム134はビスマスの影響から高く出ていますが、
スペクトルに明確なピークがあります。
合計300Bqものセシウムが検出されました。

●2 居間脇 西の土壌
(0.5L、548g、4000秒測定)
 
セシウム137=246±49ベクレル(検出下限値6.48)
セシウム134=102±21ベクレル(検出下限値5.96)

植込み土壌同様、セシウム134はビスマスの影響から
理論比率に比べ高く出ていますが、
スペクトルに明確なピークがあります。
合計300ベクレルものセシウムが検出されました。

●3 風呂場脇 西北の土壌
(0.5L、707g、3600秒測定)
 
セシウム137=48.7±11.2ベクレル(検出下限値5.31)
セシウム134=30.8±7.4ベクレル(検出下限値4.97)

セシウム134はビスマスの影響から
理論比率に比べ高く出ていますが、
スペクトルは相当箇所に複数の明確なピークがあります。

同じ家庭の庭でも場所により差が出ましたが、
北関東の土壌から検出されたことは現実です。

(カンダ)
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-10-06 15:09 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定所ボランティアスタッフを募集しています!

みなさま

 京都・市民放射能測定所の奥森と申します。

 京都・市民放射能測定所は、2011年11月27日に「市民放射能測定所を京都につくろう!キックオフ集会」を経て、同年12月11日に「京都市民測定所設立委員会」を発足させ、開設にむけた募金活動をはじめ、2012年5月19日に関西初となる市民放射能測定所を開設しました。

 その後、奈良(奈良市)、阪神(西宮市)、高槻(高槻市)に市民測定所ができ、なばり(三重県名張市)やおのみち(広島県尾道市)に開設された測定所と、「市民放射能測定所関西ネットワーク」をつくり、情報交換や測定技術の向上に努めてきました。

 京都では、開設3年目を迎え、新たなメンバーが加わる一方で、開所当初からスタッフとしてがんばってきたメンバーが、結婚、就職、他の活動への移動などにより活動が継続できなくなるなどの事情があり、スタッフが減少しており、測定所を安定的に継続して運営する点で困難な状況が生じております。

 私たちは、市民の共同の取り組みで開設した市民測定所をなんとしても継続させたいと思っております。
 そのためにも、私たちと一緒に測定所の活動を担っていただけるボランティアスタッフを募集いたします。

 放射能測定や内部被曝のこと等について関心のある方は、ぜひご連絡ください。
 
 連絡先 shimin_sokutei@yahoo.co.jp
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-10-01 12:09 | おしらせ | Comments(0)