<   2014年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

測定日誌(9月27日)

佐藤です。

秋晴れの日、運動会の学校も多かったようですね。
さて、今日の測定当番は神田さんと私でした。
予約がなかったので、自主測定の報告です。
今日は水産物です。

● ゴマサバ(静岡県産)
測定結果は、1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.68Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値3.35Bq/kg。
でした。
スペクトルにピークもなく、不検出と判断しました。

● 秋鮭の卵(北海道産)
c0233009_12475426.jpg

c0233009_1253502.jpg

測定結果は、1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値12.5Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値11.7Bq/kg。
でした。
※卵の量が1リットルなかったので、500ミリリットルで測りました。
なので、下限値が高くなっています。
スペクトルを見た限りでは不検出と考えますが、参考値として見てください。

この鮭は、明日の関西ネットワークの検体として
福島・相馬の市場から一匹まるごと入手したものです。
c0233009_1254955.jpg

神田さんが格闘してさばいてくれました。
明日、切り身をゲルマニウム半導体測定器で測ります。
結果はまたお知らせします。

c0233009_12512560.jpg


やっぱり予約がないと寂しいです。
みなさま、ぜひ測定所をご利用くださいませ。
よろしくお願いします。

以上です。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-09-28 12:51 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(9月24日)

水曜日スタッフの高木です。

本日の測定結果をお知らせします

○三重県産コシヒカリ
測定時間3600秒 
セシウム137 濃度の数値出ず。
検出下限値2.56Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。
検出下限値2.93Bq/kg。
→不検出となりました。

○魚すり身 京都府伊根町産
セシウム137 濃度の数値出ず。
検出下限値3.21Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。
検出下限値2.93Bq/kg。
→不検出となりました

今日は佐藤さんが午前中
上野さんが午後からでした。

桃山の川崎さんが遊びに来てくれました。

お疲れ様でした。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-09-25 23:35 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(9月21日)無料測定会

楠本です♪

9/21(日)の無料測定会の報告です。

今回は午前の平賀緑さんの勉強会
参加された方がそのまま残ったりして
賑やかな測定会になりました。

今回は3枠全て埋まってよかったです。
ヤッタ~!
持参していただいた食品は…

●群馬県産のキャベツ
671g 1900秒
Cs137 検出下限値5.13Bq/kg
Cs134 検出下限値4.64Bq/kg
ピークも無く不検出です。

●エリンギ 580g
広島県産ではありますが、
キノコは産地問わず気になりますねー
Cs137 検出下限値6.13Bq/kg
Cs134 検出下限値5.54Bq/kg
こちらもピークも無く
スペクトルも安定して不検出です。

●フランス産のシリアル。
大麦やむぎの表皮など色々入った
粒つぶした感じのものです。
全国に市民の作った放射能測定所ができて、
欧州産の食品の放射能汚染例もたびたび
耳にするので気になります。
結果は、、、ノートに書いたつもりでしたが
記入してませんでした、、、すみません。
1800秒測定で不検出でした。
ピークも有りません。よかったです。

以上、結果は全て不検出でした。

勉強会と無料測定会がセットだと
人の出入りが有りいろんな話ができて
楽しいです。

終了後、測定所ミーティングがありました。
皆んな忙しく日を取るのが大変なので
勉強会、無料測定会、ミーティングを一日で一気に
行われましたが、さすがにフラフラですが
充実した一日でした。

参加された皆様ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。

あれこれ
くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-09-24 00:14 | 無料測定会 | Comments(0)  

測定日誌(9月21日)@三条御前

楠本です。

三条御前測定依頼所より測定結果の報告です。

北海道産のかぼちゃ
557gで9000秒の測定です。
c0233009_12244480.jpg

Cs137 検出下限値2.86Bq/kg
Cs134 検出下限値3.02Bq/kg
でセシウム137,134共に不検出の判定です。

くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-09-21 12:25 | Comments(0)  

測定日誌(9月13日)

菊池です。
報告遅くなりすみません。

9月13日土曜日の丹波橋測定報告です。
測定当番は、中澤さんと菊池が務めました。

朝までの時点で予約ありませんでしたが、
当日測定依頼の電話があり、測定しました。

滋賀県産の玄米茶を測りました。
マリネリ容器に、1リットル詰め込むと
404グラムありました

測定結果は
1800秒で
セシウム137
濃度の数値出ず。検出下限値9.00Bq/kg。
セシウム134
濃度の数値出ず。検出下限値8.15Bq/kg。

スペクトルにピークもなく、不検出と判断しました。

測定依頼者は、
7月に会員更新をして無料測定券を2枚得たので
測定したいと思ったが、四条の測定室がなくなったため、
丹波橋だとなかなかすぐには行けず、
やっとご都合がつき測りたいと思ったものを
持ってこられたとのこと。

今回間に合わなかったけど、
毎年取り寄せている玄米の新米が届いたら
また測りにきますとのこと。
ありがとうございます。

会員のみなさん
ぜひ無料測定券をどんどんご活用ください。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-09-21 12:20 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(9月17日)

水曜日スタッフの高木です。

な、なんと~本日の当番は私一人ということでドキドキでした。

本日の測定結果をお知らせします。

7/9に測定した伊藤園香り薫る麦茶
1リットル用ティバックを測定した時は、
Cs137にピークが検出されており、
本日は同じもので測定しました。

測定時間3600秒 
セシウム137 濃度の数値出ず。
検出下限値6.49Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。
検出下限値5.86Bq/kg。

不検出となりました。

本日はこれで帰ります
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-09-21 12:14 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(9月10日)@三条御前

楠本です♪

測定依頼の福島県産の梨の結果です。
1087g 65000秒
c0233009_12224892.jpg

Cs137 検出下限値0.78Bq/kgピーク検出無し
Cs134 検出下限値0.83Bq/kgピーク検出無し
共に不検出と判断しました。

フタを開けた時に発酵、膨張した梨が溢れていて大変でした。
シンチレーターにこぼれていなかったのが幸いです。

くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-09-11 02:17 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(9月7日)

会員のみなさま 奥森です。

9月7日の測定日誌です、と胸を張って言いたいところですが、この日は、予約が一件もありませんでした。

午前中は、前日の「納涼の夕べ@桃山」
で使った食器や機材の片付けをしました。

午後からは、副代表の福島さんの子どもさんが、
原発事故直後に福島市に一時避難していたときに着用していた帽子と手袋を、そのままの状態で測定してみました。

切り刻んでいないのでマリネリ容器には入らないため、
シンチレーターのまわりにまんべんなく詰め込んで、測定してみました。

●避難時に着用の帽子と手袋
検体重量171グラム
測定時間3600秒

Cs-137 不検出 検出下限値22.0Bq/kg
Cs-134 下限以下 8.55Bq/kg±12.32Bq/kg 統計誤差>100% 検出下限値20.1Bq/kg

Cs-134の測定結果は、統計誤差が100%を超えているため、不検出と判断できます。

スペクトルの詳細解析の結果、ピークも見られず、不検出と判断しました。

●その後、
チェックサンプル(カリウム40が15000Bq/kgほどある)を検体として扱い、高カリウム検体のコンプトン散乱によるCs-134、Cs-137の測定値への影響(AT1320Aの解析ソフトの特性)を知るために、測定対象核種を変えて検証してみました。

時間の有るときにもう一度検証測定をおこない、
ブログにアップしたいと思います。

ではまた。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-09-11 02:11 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(9月8日)@三条御前

楠本です。

三条御前測定依頼所より測定結果の報告です。
北海道産の大根を預かりました。結果です。

711g 6000秒
Cs137 検出下限値 2.61Bq/kg
Cs134 検出下限値 2.78Bq/kg
ピークも無しで不検出と判断しました。

福島県産の梨をお預かりして測ってます。
また次回報告します。


くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-09-09 13:57 | 測定日誌 | Comments(0)  

【ご案内】測定所勉強会・9月21日午前10時・平賀緑さんとの勉強会(第2回)にご参加ください

 みなさま
 京都・市民放射能測定所の奥森と申します。

 台風のため延期しておりました、「平賀緑さんとの勉強会(第2回)」を下記により開催します。みなさま、ぜひ、ご参加ください。


◆日時  2014年9月21日(日)午前10時~12時

◆場所  京都市民放射能測定所(丹波橋測定室)
       http://nukecheck.namaste.jp/image/map.gif

◆テーマ 「砂糖と油〜私たちの食生活に仕掛けられた罠」

◆プログラム (1)事務局から
       (2)平賀緑さんのお話
       (3)質疑応答・意見交換
       (4)お知らせ、お願いなど

◆参加費 測定所会員500円、一般800円

◆勉強会終了後、お昼ご飯を食べながら、交流しますので、お弁当などお昼ご飯をご持参ください。

◆申込  定員は20名です。
       参加希望の方は、メールで申込をしてください。
       申込先 shimin_sokutei@yahoo.co.jp

◆平賀緑さんからのメッセージ


「砂糖と油〜私たちの食生活に仕掛けられた罠」

みなさま、こんにちは。

 9月21日にお話させていただきます平賀緑です。
 内部被ばくや食べものの放射能汚染については、測定所のみなさんの方が詳しいと思いますが、放射能汚染が始まる前から、百数十年も前から、食べものや食生活によって、私たちの身体や精神が「退化」していたことを、私は勉強しています。食生活が大きな要因である心臓や脳の病気や肥満・糖尿病が、世界的に死因上位にあがり、国連なども動き出している。日本では、震災の前からアトピーやアレルギー、花粉症や鬱病などなど、国民総不健康だったところに、放射能汚染が加わってしまった。その中で、肥田先生がおっしゃる「生きる力」を強めるには、今のフードシステムには期待できない。

 前回は全体的なお話をしました。8月に予定されていた回が台風で延期され9月21日になります。今回はとくに100年くらい前から私たちの食生活と健康を大きく変えてきた砂糖と油脂についてお話します。

 かつては王様がときどき少しだけ食べられる嗜好品だったのに、今では砂糖や甘味料、いろんな形の油や脂肪が私たちの食生活の隅々に入り込んでいます。しかも社会的弱者ほどその影響を受けやすい構図。子どもを狙った巧妙なマーケティング。じつは高度に加工した甘味料や油脂が潜んでいる健康っぽい食品。わかっているのに止められない、止めさせないため食生活に仕組まれた「罠」について、ご紹介し、一緒に考えたいと願っています。

平賀緑
食料政策研究家@京都
hiraga@midori.info

[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-09-04 20:45 | Comments(0)