<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

測定日誌(4月27日)

楠本です♪
4/27(日)の測定です。

先ず1つ目、大山まきば牛乳 1023g 10800秒
Cs137 検出下限値1.76Bq/kg
Cs134 検出下限値1.61Bq/kgで共にピークも無く不検出と判断しました。

2.鰹削り節の出汁をとった後のもの805g 6000秒
Cs137 検出下限値2.70Bq/kg
Cs134 検出下限値2.46Bq/kgで共にピークも無く不検出と判断しました。

気候が良くなったおかげか、測定依頼や新規入会の方が増えたような気がします。
もうすぐ2周年を迎えます。
3年目に向けてがむばりますんで応援よろしくお願いします。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-04-28 21:59 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(4月23日)

楠本です♪
2014.4.23(水)の測定日誌です。
http://blogs.yahoo.co.jp/taiitiro_kusumoto/25509600.html
担当は高木さんと楠本です

c0233009_19291876.jpg

1.王将の餃子 893g 1800秒
Cs137 検出下限値3.85Bq/kg
Cs134 検出下限値3.52Bq/kgで共にピーク無しで不検出と判断しました。

c0233009_1929562.jpg

2.干し椎茸 京都府宇治産 1023g 3600秒
Cs137 3.78±1.86Bq/kg統計誤差45.4%検出下限値2.50Bq/kg Cs137のみピーク判定
Cs134 2.94±1.48Bq/kg統計誤差50.5%検出下限値2.29Bq/kg

再測定で5000秒
Cs137 6.02±1.93Bq/kg 統計誤差25.2% 検出下限値2.27Bq/kg
Cs134 1.94±1.50Bq/kg 統計誤差77.1% 検出下限値2.42Bq/kg Cs137、Cs134ともピーク判定有り、福島原発事故由来のセシウムの汚染が有ると判断しました。
原木の産地が不明なので問い合わせしてもらってます。

c0233009_1929347.jpg

3.カレールー甘口 1033g 1800秒
Cs137検出下限値3.30Bq/kg
Cs134検出下限値3.03Bq/kgで共にピーク無しで不検出と判断しました。

4.coop混合出しパック 608g 1800秒
Cs137検出下限値5.95Bq/kg
Cs134検出下限値6.28Bq/kgで共にピーク無しで不検出と判断しました。

c0233009_19294261.jpg

5.かつおだし(液体) 1022g 2200秒
製造元を見ると僕の勤めている店の鰹節!?お得意先のお料理屋さんでした。
びっくりです。祇園のお料理屋さんが食材の放射能を気にしてくれるって
嬉しくなっちゃいます。
Cs137 検出下限値3.06Bq/kg
Cs134 検出下限値2.80Bq/kgで共にピーク無しで不検出と判断しました。

今日は新規入会と6月が年会員期限が切れる方の更新をしていただきました。
ありがとうございます!
久々のAT機フル稼動でした。ドシドシ測定に来て下さい。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-04-26 19:29 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(4月20日)

楠本です♪
4/20の測定結果です。
担当は福島さんと楠本です

1、鮪削り節 402g 6000秒
Cs137 検出下限値5.76Bq/kg
Cs134 検出下限値6.08Bq/kgで共にピークも無しで不検出と判断しました。

2、岩手県産磯汁 429g 1800秒
量が足りなかった為0.5ℓ容器で測定
Cs137 11.6Bq/kg
Cs134 10.7Nq/kgで共にピークも無しで不検出と判断しました。

3、岩手県産生昆布 340g 7200秒 0.5ℓ
Cs137 3.80±5.29Bq/kg統計誤差>100%検出下限値8.68Bq/kg
Cs134 検出下限値8.13Bq/kgと言う結果でした。統計誤差が100%を越えているのと、ピークが確認出来ないので不検出と判断しました。

4.南相馬の土 614g 1800秒
Cs137 12300±2500Bq/kg
Cs134 5050±1010Bq/kg
強烈です。

次の水曜日は現在、予約が2件入っていて王将の餃子等を測ります。皆さんもジャンジャン測定に来て下さいね〜!!ではでは、それでは失礼します。

くっすん

京都・市民放射能測定所HP
http://nukecheck.namaste.jp/
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-04-26 19:19 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(4月16日)

楠本です♪
4/16の測定結果を報告します。
担当は高木さんと楠本です。
写真です→http://blogs.yahoo.co.jp/taiitiro_kusumoto/25484447.html

c0233009_1955835.jpg

c0233009_1962358.jpg

1.宮崎県産ちりめんじゃこ 5000秒 641g
Cs137 検出下限値3.67Bq/kg
Cs134 検出下限値3.32Bq/kg ピークも無しで不検出と判定しました。

c0233009_1963469.jpg

2.道明寺粉 産地不明 4000秒 864g
Cs137 検出下限値2.88Bq/kg
Cs134 検出下限値2.63Bq/kgでピークも無しで不検出と判定しました

c0233009_197929.jpg

3.長野県産りんごジュース 1800秒 1033g
Cs137 検出下限値3.30Bq/kg
Cs134 検出下限値3.03Bq/kgでピークも無しで不検出と判定しました。
本日は気候も良く爽やかな一日でした。


くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-04-26 19:09 | 測定日誌 | Comments(0)  

原子力規制委員会 田中委員長あて「食品の放射能汚染基準値の緩和に反対する意見書」

佐藤です。
本日のミーティングで話し合い、下記の通りとなりました。
これで原子力規制委員会に提出します。

++++++++++++++++++++++++++++

  原子力規制委員会 田中委員長 殿

      食品の放射能汚染基準値の緩和に反対する意見書

 2014年3月5日、原子力規制委員会の田中委員長は記者会見で、一般の食品に含まれる放射性物質濃度を1キログラム当たり100ベクレルとした国の基準について「欧州の10分の1以下(の厳しさ)で非常に疑問だ」と述べ、近く設置する放射線審議会で、基準の緩和も含めた見直し議論が必要との認識を示しました。

 私たち京都・市民放射能測定所は、内部被曝による健康被害をもたらす基準緩和は絶対に許すことはできません。むしろ、現在の100ベクレルという基準こそ見直し、大幅に引き下げることを求めます。
 
 チェルノブイリ原発事故による食品汚染によって、甚大な健康被害が出ていることは「ウクライナ政府報告書」など周知の事実です。
 健康被害を防ぐために存在するはずの原子力規制委員会が、健康被害を加速する基準緩和を進めるなど言語道断です。

 そもそも、低線量被曝であっても人体に影響を与えることは、『妊婦への放射線検査によって生まれた子のがん発症リスクが上昇した研究報告(Alice Stewart 1956 Lancet)』などで明らかです。
そして放射線影響研究所も、放射線影響に閾値がないことを報告書(2014年 第14報)で明示しています。

 本年2月7日に発表された福島県「県民健康管理調査」の検査結果によると、小児甲状腺ガンとその疑いが74例に達し、異常多発していることが明白になり、3月11日の「報道ステーション」でも取り上げられました。放射能汚染の脅威が、福島をはじめ近隣・関東圏の居住者、そこからの避難・移住者に深刻な不安をもたらしている今こそ、率先して被害に警鐘を鳴らし対策を打ち出すべき規制委員会が、任務を放棄するばかりか被害の拡大に手を貸すような行為は、許されるものではありません。
 
 当測定所では、食品汚染の実態を監視し続けていますが、思いがけない汚染食品が流通していることに驚かされます。今後100ベクレル/Kg以下の食品を摂取し続けることで、被害のリスクが蓄積されていくことを非常に懸念しています。

 田中委員長は発言を撤回し、むしろ規制の強化を実施されることを強く求めます。

  2014年4月20日

                            京都・市民放射能測定所
                            代表 奥森祥陽
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-04-21 13:09 | 意見書・意見表明 | Comments(0)  

測定日誌(4月13日)

会員のみなさまへ

奥森です。13日の測定日誌です。相方は神田さんでした。2人とも1時から外せない用事があり、午後1時までの開所でした。

13日は、たかつかさ保育園からの依頼分の2検体を測定しました。

・朝9時30分すぎに、検体中継場所のくっすん宅にお邪魔し、検体を受け取り、10時30分には丹波橋測定室に到着しました。測定は、神田さんがやってくれました。

◆北海道産タマネギ 京都中央市場で購入

Cs-137 不検出      検出下限値 3.50Bq/kg
Cs-134 不検出      検出下限値 3.21Bq/kg
K-40  68.8±29.4Bq/kg 検出下限値39.8Bq/kg

◆リンゴジュース(長野県産)

Cs-137 不検出      検出下限値 3.23Bq/kg
Cs-134 不検出      検出下限値 2.96Bq/kg
K-40  36.4±23.0Bq/kg  検出下限値 36.8 Bq/kg

神田さんは、長野県産のリンゴジュースを心配していましたが、すっきりくっきり不検出となり、一安心でした。

13日は、依頼測定がありましたので、充実した測定となりました。


みなさん、春の食卓にあがるものを測定してみませんか?
暖かくなりましたので、ぜひ、測定所に足を運んでください。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-04-15 15:27 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(4月9日)

こんにちは!
お久しぶりの神保です。
今年初投稿ということで、すでに4月ですが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします!



さてさて、本日4月9日の測定は玄米3本勝負。

1) 玄米 北海道深川産 ゆめぴりか
→測定結果 1800秒
Cs-137 検出下限値3.37Bq/kg 放射能濃度1.73Bq/kg 絶対誤差±2.29Bq/Kg 統計誤差>100% 判定は下限以下
Cs-134 検出下限値3.09Bq/kg 放射能濃度1.84Bq/kg 絶対誤差±2.05Bq/Kg 統計誤差>100% 判定は下限以下

上記ですが、天然核種が気になったので時間をおいて再測定…
→測定結果 1800秒
Cs-137 検出下限値3.37Bq/kg 放射能濃度2.65Bq/kg 絶対誤差±2.18Bq/Kg 統計誤差>82.4% 判定は下限以下
Cs-134 検出下限値 3.09 Bq/kg 判定は下限以下

※ スペクトル詳細解析を確認した結果、他核種の影響による誤検出と考えられます。Bi-214のおかげか、2回目の測定結果の方が落ち着いていました。

2) 玄米 山形県鶴岡産 ミルキークイーン
→測定結果 1800秒
Cs-137 検出下限値3.39Bq/kg 放射能濃度1.17Bq/kg 絶対誤差±2.25Bq/Kg 統計誤差>100% 判定は下限以下
Cs-134 検出下限値3.11Bq/kg 放射能濃度1.13Bq/kg 絶対誤差±2.02Bq/Kg 統計誤差>100% 判定は下限以下

※ スペクトル詳細解析を確認した結果、こちらも他核種の影響による誤検出と考えられます。

3) 玄米 岐阜県産
→測定結果 3600秒
微量検出の可能性もあり長時間測定としました。結果はまた後日!



さてさて、お花見シーズンですね。すでに葉桜も見かけたりしますが、まだまだ満開なところもあるとか?!
どうぞ皆さん、京都の春を楽しんで! そして、まだ肌寒い日もありますのでお気をつけて。

ではでは!
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-04-15 15:25 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(4月5日)

佐藤です。
本日4月5日土曜日の測定報告です。
測定所の周辺の桜が満開。昼間は天気もよく最高でした。
測定スタッフは菊池さんと佐藤でした。

今日は朝の時点では予約がなかったので、最初の2検体は自主測定。
コンビニの食品を追いかけているシリーズです。

1.ごはん(大手コンビニのプライベートブランド)
測定結果は、5400秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値2.56Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値2.72Bq/kg。
でした。
スペクトルにピークもなく、不検出と判断しました。

2.レトルトパックのカレー(大手コンビニのプライベートブランド)
測定結果は、3600秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値2.61Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値2.39Bq/kg。
でした。
スペクトルにピークもなく、不検出と判断しました。

昼ごろ、お米屋さんのご主人から電話あり。
お客様から測定所で測るべきとの声があったとかで、連絡してこられました。
午後さっそく測定所に来られ、会員になっていただき、2検体測定しました。
両方不検出だったので、こちらもほっとしました。

3.宮城県登米産玄米
測定結果は、1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.79Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値3.47Bq/kg。
でした。
スペクトルにピークもなく、不検出と判断しました。

4.新潟県魚沼産玄米
測定結果は、1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.58Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値3.28Bq/kg。
でした。
スペクトルにピークもなく、不検出と判断しました。

今日は、おかげさまで4検体測定しましたが、今月の予約画面を見るとさびしい限りです。
会員のみなさまも、ぜひ測定をご依頼ください。
よろしくお願いします。

以上です。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-04-15 15:20 | 測定日誌 | Comments(0)