<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

守田敏也さんとの勉強会(第2回)の感想です。

守田敏也さんとの勉強会(第2回)の感想です

 2月23日(日)午後1時から開催した、守田敏也さんとの勉強会(第2回)は、「内部被ばく」に勉強しました。参加は16名でした。

 最初に、内部被ばくが意図的に軽視されている現在の状況が作られた歴史的な背景をお話いただきました。続いて、放射線の特徴と被ばくのメカニズム、内部被ばくの危険性についてわかりやすく、お話いただきました。
 
 あっという間に2時間が過ぎました。
 参加者から、感想を寄せていただきましたので、お知らせします。

 1 守田さんのお話はいかがでしたか?

・歴史的経過をしっかり確認できた。詳細な事実を関連つけて話してもらった。

・改めて勉強し直すことができた。とてもわかりやすく教えていただきありがとうございました。今後、自分も発信する能力を身につけるよう、努力します。

・はじめの被ばくについての節米から、とてもわかりやすかったです。広島、長崎の被爆者のことも含めて、福島原発事故後の被ばくの状況ももっと詳しく具体的に知りたいと思いました。

・少し難しいところもありましたが、知らないことばかりで勉強になりました。ありがとうございました。

・科学的な話が頭に入りずらく難しいです。同じ話をもう一度聞きたいです。カリウム40の話、少しわかりました。もっといろいろ知りたい。

・わかりやすい説明でした。

・「100ミリシーベルト、2キロメートル以内」 2キロメートル以上の被ばく以上の被爆者は、ABCCは調べなかったということをはじめて知った。標準(基準)のように取り扱われる数字、文言がどこから出てきているのかということにも注目すべきと改めて思った。

・新聞記事で、「内部被ばくの影響については、意見が分かれている」というのが必ず付け加えられるが、原爆訴訟で内部被ばくの被害が認められていることをもっと重視して、プレッシャーをかけていかなければなりませんね。

・内部被ばくが食品と呼気のみで、ほかにもおこるのかよく知りたい。原子炉の歴史がよくわかりおもしろかった。

・第1回目も参加させていただきましたが、大変わかりやすい言葉でご説明いただき、ありがとうございました。外部被ばくより内部被ばくの方が気になるところです。特に給食に使われる食材など、もっと記をつけていただきたいと思っています。


2 今後の勉強会で取り上げてほしいテーマについて

・海外での市民レベルでの内部被ばく防護の取り組みなど。

・廃炉が可能なのか知りたい。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-02-24 10:56 | 測定所勉強会 | Comments(0)  

【ご案内】守田敏也さんとの勉強会(第2回)にご参加ください。

みなさま 奥森と申します。

 守田敏也さんとの勉強会(主催:京都・市民放射能測定所)の2回目「内部被曝について」を下記のとおり開催します。
 定員は20名です。ふるって申込ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++

守田敏也さんとの勉強会(第2回)

+++++++++++++++++++++++++++++++

◆日時  2014年2月23日(日)午後1時~3時

◆場所  京都市民放射能測定所(丹波橋測定室)
   http://nukecheck.namaste.jp/image/map.gif

◆テーマ 内部被曝について

◆プログラム (1)事務局から
       (2)守田敏也さんのお話、問題提起
       (3)質疑応答・意見交換
       (4)お知らせ、お願いなど

◆参加費 測定所会員800円、一般1,000円
参加費が改定されていますので、ご注意ください。

◆申込  定員は20名です。
     参加希望の方は、メールで申込をしてください。
     申込先 shimin_sokutei@yahoo.co.jp


○第1回勉強会に寄せられた感想は、測定所ブログ
 http://crmskyoto.exblog.jp/21567756/ にアップしております。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-02-23 13:00 | 測定所勉強会 | Comments(0)  

測定所会員のみなさんにお願い

 みなさまへ
 京都・市民放射能測定所代表の奥森と申します。

 測定所のグループメールやホームページでもお知らせしておりますとおり、昨年11月に四条烏丸測定室を閉鎖し、丹波橋に一本化して測定業務を続けております。
 
 丹波橋測定室は市内中心部から離れているためか、昨年末以降測定依頼が激減しており、開所日に全く依頼がないという状況も見られます。
 
 測定スタッフは、休日を返上しての参加や、平日家事をやりくりしての参加で、交通費の支給のみで運営されておりますが、このままの状況が続くようであれば、交通費の支給もままならず、開所日の大幅な縮小も考えなければならない事態となっております。
 
 運営スタッフとしましても、これまで以上に測定利用の拡大に向けて努力をしていきたいと思いますが、会員のみなさんにおかれましては、せっかく設立した市民測定所が閉鎖という事態にならないためにも、重ねてのご協力をお願いしたいと思います。
 
 会員のみなさん。1年に1回で結構ですので測定にきてくださいませんか。新規会員は1検体、継続会員は2検体無料で測定できます。会員のみなさんが、無料測定を確実に利用していただくだけでも、測定数は一気にあがり、測定データの確実な集積がはかれ、汚染状況がより詳しくわかることになります。
 
 依頼測定が増えれば、測定所として自主測定検体の購入の必要が少なくなくなりますので、経費削減にもつながります。
 
 市民共有の財産である市民放射能測定所を維持するために、ぜひ測定に来てください。心からお願いいたします。
 
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-02-15 11:50 | スタッフより | Comments(0)  

測定日誌(2月5日・12日)

2月5日(水)12日(水)まとめてご報告です。

◎薄力粉 フランス産小麦100%使用
 3600秒測定 セシウム137 不検出
           セシウム134 不検出

◎干し椎茸(水戻し) 長崎県原木栽培
 2500秒測定 セシウム137 不検出
           セシウム134 1.62ですが100%他各種の語検出です。
                    
◎朝からフルーツみかん はごろもフーズ
 3600秒測定 セシウム137 不検出
           セシウム134 不検出

◎味噌 まるこめ 「料亭の味」
 1800秒測定 セシウム137 不検出
           セシウム134 不検出

すべて下限値各セシウム共に下限値3ベクレル/kg以下。
詳細スペクトル確認済みです。

しまだ

        
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-02-15 10:44 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2月13日)

2月13日(木)測定日誌

こんにちは、たけむらです。
今日のスタッフは、しまだ&たけむら

測定所は、測定予約が入っていなくて閑古鳥がないています----
かなり困ったことです--
事務作業していても寂しいこと--

会員の皆さま、無料測定券どうぞ使って下さいね。
予約を入れて測定に来て下さい。お待ちしています。

自主測定しました。
○飲用茶(おーいお茶)
3600秒測定で、
Cs-137(検出下限値 2.56Bq/Kg)
Cs-134(検出下限値 2.43Bq/Kg)
で、共に不検出でした。
スペクトル詳細確認しました。

○徳島県産えびちりめん
1800秒測定で、
Cs-137(検出下限値 4.39Bq/Kg)
Cs-134(検出下限値 4.01Bq/Kg)
で、共に不検出でした。
4800秒まで延長して下限値下げてみました。
Cs-137(検出下限値 2.97Bq/Kg)で、不検出
Cs-134(検出下限値2.70Bq/Kg)で、1.45Bq/Kg±1.67Bq/Kg と数値が表示されましたが、統計誤差(不確かさ)が100%を超えているので検出値とはみなせません。

インフルエンザはやっていますが、皆さん体調崩されませんように。
寒いのも後少しでしょうか---元気で過ごせますように!
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-02-15 10:42 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2月9日)

佐藤です。
本日2月9日の測定報告です。

測定所のことを最近知ったという方が測定に来られ、会員になっていただきました。
カンパまでいただき、感謝です。

京都の伏見の地元の方がつくられたお米(2013年秋の白米)を測らせていただきました。
測定結果は、2700秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.17Bq/kg。
セシウム134 下限以下。濃度2.20±1.82Bq/kg。検出下限値2.90Bq/kg。
でした。
お米が水分を吸って天然核種の影響を受けて、セシウム134を誤検出している様子でした。
スペクトルにピークもなく、不検出と考えます。

今日の方はネットを検索していて偶然見つけたとおっしゃってました。
測定依頼がもっと増えるよう、宣伝がんばらねば。
会員のみなさま、ぜひご協力をお願いします。

以上です。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-02-15 10:41 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2月9日)

佐藤です。
本日2月9日の測定報告です。

測定所のことを最近知ったという方が測定に来られ、会員になっていただきました。
カンパまでいただき、感謝です。

京都の伏見の地元の方がつくられたお米(2013年秋の白米)を測らせていただきました。
測定結果は、2700秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.17Bq/kg。
セシウム134 下限以下。濃度2.20±1.82Bq/kg。検出下限値2.90Bq/kg。
でした。
お米が水分を吸って天然核種の影響を受けて、セシウム134を誤検出している様子でした。
スペクトルにピークもなく、不検出と考えます。

今日の方はネットを検索していて偶然見つけたとおっしゃってました。
測定依頼がもっと増えるよう、宣伝がんばらねば。
会員のみなさま、ぜひご協力をお願いします。

以上です。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-02-15 10:41 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2月4日)

佐藤です。

おはようございます。

開所日ではありませんが、2月4日の測定報告です。



1月福島での、放射能健康診断署名の行動に参加された会員さんの依頼で、郡山市の店で購入された農産物を測定しました。



1検体めは、生しいたけ。福島県郡山市三穂田町産 菌生栽培

測定結果は、1800秒で

セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値6.87Bq/kg。

セシウム134 下限以下。濃度6.33±4.51Bq/kg。検出下限値7.23Bq/kg。


でした。

水分が多いので、天然核種の影響を受けてセシウム134を誤検出している様子でした。


原木栽培と違い、菌生栽培の方は原発事故の影響はまだ少ないのかも?という結果でした。



2検体めは、長ネギ。福島県産

測定結果は、1800秒で

セシウム137 下限以下。濃度の数値出ず。検出下限値7.38Bq/kg。

セシウム134 下限以下。濃度の数値出ず。検出下限値7.76Bq/kg。

でした。

量の関係で検出下限値は高めですが、スペクトルにピークもなく、不検出と考えます。




3検体めは、りんご。福島県産

測定結果は、1800秒で

セシウム137 下限以下。濃度の数値出ず。検出下限値3.21Bq/kg。

セシウム134 下限以下。濃度の数値出ず。検出下限値2.94Bq/kg。

でした。

去年の暮れに測った福島産りんごは、セシウムを3.7Bq/kg検出しましたが、その時のスペクトルと比べてもピークはありませんでした。

このりんごは不検出と考えます。



以上です。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-02-15 10:40 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(1月29日)

楠本です♪
1/29の測定担当は島田さんと楠本です
写真はこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/taiitiro_kusumoto

1.石川県産のイカ 7200秒 674g
Cs137検出下限値3.08Bq/kg
Cs134検出下限値2.79Bq/kgで共に下限以下、ピークも無し不検出と判断しました。
海のものはとても気になるので検出されなくて良かったです♪
醤油で炊いて食べるとおっしゃられてました。
僕はバターとコショウで炒めて醤油を落として酒のつまみにしたいな~と思いました。

2.coopほうじ番茶ティーパック 3600秒 291g
マリネリ容器に詰める時に静電気がバリバリで
天然核種が吸着しまくってそうなので一回目はテスト測定としました。
Cs137 9.18±6.30Bq/kg 統計誤差 68.6%検出下限値9.72Bq/kg
Cs134 検出下限値10.3Bq/kg 共に下限以下でピーク無し
今回は延長をせずにもう一回測定しました。
10800秒
Cs137 5.19±4.34Bq/kg 統計誤差83.6% 検出下限値6.83Bq/kg
Cs134 検出下限値7.25Bq/kg 共に下限以下でピーク無し
天然核種の影響と思われますが、時間を開けて測定すれば結果がどう変化するのか
見て見たいので、長時間測定にかけて帰りました。

3.伊藤園おーいお茶ペットボトル入りを3倍濃縮したもの 3600秒 1000g
Cs137 検出下限値2.56Bq/kg
Cs134 検出下限値2.34Bq/kgで共に下限以下でピーク無し不検出と判断しました
写真のお鍋のお茶は島田さんが明日の測定用に濃縮させてる
4倍濃縮バージョンです。
お米やお茶は日常生活で摂取している食品なので色々な角度で検証していくのはとても大事なことです。
ではでは、皆様、風邪が流行ってるのでお身体に気を付けて。



くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-02-15 10:39 | 測定日誌 | Comments(0)  

【ご案内】2月の測定実習&見学にご参加ください!

【京都・市民放射能測定所からのお知らせ】


2/23(日)11:00〜12:30
丹波橋測定室におきまして、測定実習、見学会を実施します。


 実習は5組までとします。1組1検体を持参してもらい、測定スタッフと一緒に体験してもらいます。見学は特に人数制限はありませんが、多人数の場合は、事前にご相談ください。

 当日に測定できるのは2~3検体ですので、実習時間中に測定できない場合は、後日測定して返却する形になりますので、保存のきくもので食品のみの受け付けとなります。

 なお検体は1ℓ必要です。1kgでは無く1ℓで、かなり押し込んで詰めるので多い目に用意して下さい。

 お申し込みはこちらまで。
 e-mail:shimin_sokutei@yahoo.co.jp
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-02-03 11:47 | 測定実習 | Comments(0)