<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

測定日誌(11月13日)

楠本です♪
11/13(水)の測定報告です。
写真はこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/taiitiro_kusumoto
本日は6検体を測定しました。

1.オランダ産ひよこ豆のスープ 1800秒 1115g
Cs137 検出下限値2.79Bq/kg
Cs134 検出下限値2.63Bq/kgで共に不検出

2.フランス産スパークリング有機リンゴジュース 1800秒 1109g
Cs137 検出下限値2.81Bq/kg
Cs134 検出下限値2.64Bq/kgで共に不検出

3.オランダ産オニオントマトスープ 1800秒 1115g
Cs137 1.51±1.75Bq/kg統計誤差>100%検出下限値2.79Bq/kg ピーク判定無し
Cs134 2.62Bq/kg、共に下限以下の判定で統計誤差も100%をこえていますが
少し延長しました。 2250秒
Cs137 検出下限値2.54Bq/kg
Cs134 検出下限値2.38で共に不検出

4.オランダ産野菜&ビーンズスープ 1800秒 999g
Cs137 検出下限値3.09Bq/kg
Cs134 検出下限値2.91Bq/kgで共に不検出

5.玄米 2013年福岡県産ひのひかり 1800秒 1000g
Cs137 検出下限値3.09Bq/kg
Cs134 検出下限値2.90Bq/kg

6.玄米 2013年佐賀県杵島郡産自然米 1800秒 1000g
Cs137 検出下限値
Cs134 検出下限値


以上です。ではでは。

くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-11-24 12:56 | 測定日誌 | Comments(0)  

11月の測定見学会&実習のお知らせ

【京都・市民放射能測定所からのお知らせ】


11/17(日)11:00〜13:00
丹波橋測定室におきまして、測定実習、見学会を実施します。


 実習は5組まで1組1検体を持参してもらい測定スタッフと一緒に体験してもらいます。見学は特に人数制限はありませんが、予約人数が多いと打ち切らせていただきます。

 当日に測定できるのは1~2検体で残りは後日測定して返却する形になりますので、保存のきくもので食品のみの受け付けとなります。

 なお検体は1ℓ必要です。1kgでは無く1ℓで、かなり押し込んで詰めるので多い目に用意して下さい。

 お申し込みはこちらまで。

 e-mail:shimin_sokutei@yahoo.co.jp
  
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-11-17 11:00 | 測定所見学会 | Comments(0)  

測定日誌(11月9日)

佐藤です。
大変遅くなりましたが、11月9日(土)の四条烏丸測定所の報告です。
保育園の方から依頼のあった京都産生シイタケ(原木京都)を測定しました。
不検出と判断しました。

測定結果は、3600秒まで延長測定し、
セシウム137 下限以下。濃度の数値出ず。検出下限値3.37Bq/kg。ピーク検出マーク有。
セシウム134 下限以下。濃度2.60±2.01Bq/kg。検出下限値3.09Bq/kg。ピークなし。
でした。
生シイタケをミキサーにかけた状態だったこともあり、水分が非常に多く、天然核種の鉛やビスマスが明確に検出されました。
スペクトルも確認しましたが、セシウム134の数値は、天然核種の影響によって誤検出したものと判断しました。
また、セシウム137にピーク検出のマークが出ましたが、濃度も数値が出ず、スペクトルの詳細を見てもノイズと見分けがつかないレベルでしたので、検出とは見なせませんでした。

生シイタケで原木栽培と聞き、ドキドキしながら測りました。
検出とならなくて、ほっとしました。

以上です。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-11-09 23:59 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(11月7日)

みなさん

いつも遅くなります・・・・ごめんなさい。

7日(木)の測定日誌です。

①ちりめんじゃこ (高知産)

3600秒測定 不検出

*検体重量が軽く、下限値が下がりにくく、3600秒で
 セシウム137・134共に5ベクレル/ kg前後でしたが、
 気になるスペクトル上の問題はないため不検出です。

②福島県相馬市産梨

3600秒測定を2回しました(すりおろし状態)

結果は非常に難しいい結果で不検出に近いが・・・どーだろう?というもの。
依頼者がしれでも良いとのことなので、その結果でお出ししました。

*検体重量は1kg近くあり、下限値も2ベクレル/ kgまで下がったのですが、
 すりおろしを測定直前にしたため、ラドンなどの天然核種がついてると思われ、
 確定できない結果となりました。

 すりおろし・粉砕などをする場合、他核種を含んでいることが多いので、
 その場合、半減期が数時間、数十分などのものがほとんどなため、
 すりおろして、1日ぐらいラップをかける、タッパなどに入れるなどして、
 放置すると性格なデータが得られやすいです。

急に冷え込みましたね。風邪に流行っております。
手洗い、うがい・・・基本を守って暖かく過ごしたいですね。

しまだ
 
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-11-07 23:59 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(11月6日)

ーー11月6日(水)測定日誌ーーー

こんにちは! 神保です。
そろそろ紅葉かしら…という時期もあって、朝晩と冷えこむようになってきましたね。

今日は長野県の「りんごジュース」と測定一本勝負!
ご予約も少なかったので、1800~7200秒測定をしました。
c0233009_1252173.jpg


結果は…

1800秒測定
Cs-137 下限以下 検出下限値 2.91Bq/kg
Cs-134 下限以下 1.15±1.79Bq/kg 統計誤差 >100% 検出下限値2.70Bq/kg

3600秒測定
Cs-137 下限以下 検出下限値 2.19Bq/kg
Cs-134 下限以下 1.54±1.32Bq/kg 統計誤差 85.4% 検出下限値2.02Bq/kg

5400秒測定
Cs-137 下限以下 検出下限値 1.89Bq/kg
Cs-134 下限以下 1.45±1.12Bq/kg 統計誤差 77.3% 検出下限値1.74Bq/kg

7200秒測定
Cs-137 下限以下 検出下限値 1.72Bq/kg
Cs-134 検出 1.60±1.01Bq/kg 統計誤差 63.5% 検出下限値1.59Bq/kg

● 考察 ●
7200秒測定では下限値を1.59Bq/kgまで下げられたため「検出」と表示されましたが、スペクトル解析から詳細を確認したところ、どの
結果においてもピークは見られなく、問題ないだろうと判断しました。天然放射性核種等の影響で誤検出されたものだろうと思います。

短い報告ですが、それではでは!
皆さん、風邪などひかれませんように。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-11-06 23:59 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(11月2日)

佐藤です。
11月2日(土)の四条烏丸測定所の報告です。
スタッフは奥森代表と佐藤で、保育園から依頼のあった2検体を測定しました。
牛乳と椎茸を測りましたが不検出でした。

1検体目 大山牛乳
測定結果は、1800秒で
セシウム137 下限以下。濃度の数値出ず。検出下限値3.15Bq/kg。ピークなし。
セシウム134 下限以下。濃度の数値は出ましたが統計誤差100%超えのため検出とは見なせず。(1.34±1.86Bq/kg) 検出下限値2.92Bq/kg。ピークなし。
スペクトルを確認しても問題なし。

2検体目 干し椎茸(水戻し) 高知県四万十市産
測定結果は、1800秒で
Cs137 下限以下。濃度の数値出ず。検出下限値3.21Bq/kg。ピークなし。
Cs134 下限以下。濃度の数値出ず。検出下限値2.97Bq/kg。ピークなし。
スペクトルを確認しても問題なし。

依頼者の方は本当に園児さんに出す食材に非常に気を配っておられ、さすがと思いました。
途中測定器の操作ミスで、再立ち上げが必要になったりしてご迷惑をかけ、申しわけなかったです。
とにかく、測定結果が問題なくてよかったです。
特に椎茸は検出例が多いので心配していましたが、この高知産のものは大丈夫でした。
測定後は、スタッフに頂けるとのことでしたので、ありがたく持ち帰りました。

以上です。


ヘルプページ: ht
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-11-02 23:59 | 測定日誌 | Comments(0)