<   2013年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

測定日誌(10月30日)追加2

楠本です♪
ししゃもの重量は856gでした失礼しました。

 ついでと言っては何ですが。

 牛乳、玄米、白米は1000gで1800秒測定をしてCs137とCs134の下限値は同じです。
 液体、個体に関わらず検体の重量と測定時間が同じならAT機のアドフューテック社さんの解析ソフトでは検出下限値は同じになります。もちろん測定機周辺の遮蔽を強化して空間線量の影響を減らせば、下限値は下がると思います。

検出下限値はいくらで測定しているのか?という問い合わせが結構あるので僕なりの考え方を示したいと思います。

 検出下限値は測定機の性能と設置場所の環境。検体の重量と測定時間で決まります。

 京都・市民放射能測定所では1800秒測定が基本なのでおおまかに検体1リットルの重量と下限値を抜粋してみます。全て1800秒での検出下限値データです。

◆ミンチ肉、1076g詰まって Cs137 2.87Bq/kg Cs1342.75Bq/kg
1000gでCs1372.94Bq/kg Cs1342.77Bq/kgなのでおおよそこれくらいです。
お肉や味噌などのねっとり系は1リットルに対して1kg以上必要になります。

◆茶葉ですが番茶の葉っぱ系と粉末緑茶系では1リットル容器に入る量が全く違うので下限値も大幅に変わります。葉っぱ状態の番茶では1リットルで229gですが1800秒測定での検出下限値はCs137 14.0Bq/kg Cs134 13.2Bq/kg

◆揉みまくって細かくした状態で558gで検出下限値 Cs137 6.09Bq/kg Cs134 5.57Bq/kgです。
これは計算上必ず決まってくるものなので参考にしていただければと思います。

◆あと、測定に使う容器は1リットルで物によっては1kgでは足らない事もあるので、1kgでなく1リットルを用意してもらうようにお願いしていますが。
 
 測定する時は密度をあげて詰めて行くので、ふわっと1リットルだと実際にぎゅうぎゅう詰めすると試料が足らない事もしばしば有るので、やはり可能なら1kg以上は用意していただいた方が確実かなーと思います。


くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-10-31 12:24 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月30日)追加1

みなさま

本日の測定、検体重量を考察のために、
1000gにして測定しておりました。

2のししゃも検体が少なかったため1000gにはできませんでした。

楠本さん、ししゃもの重量も再度報告に載せて下さい、お願いします。

米ぬかですが、精米の際に天然核種の影響を大きく受けるのか、
データ確定に数日かかりました。

残念ですが、福島原発由来であろう汚染の比率で
検出という結果が出ました。

依頼者のご好意で、その玄米、白米をお借りして、
どのような結果になるのか両検体を長時間測定をしてみることになりました。

依頼者さん、ありがとうございます。

その結果もまた後日・・・。

しまだ
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-10-31 12:21 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月30日)

楠本です♪
10/30の測定報告です。
依頼測定を2検体と先週の米糠の玄米と白米を測定しました。
ちなみに調べてみたら玄米は白米9に対して、およそ米糠1の割合だそうです。
今日の写真です。
http://blogs.yahoo.co.jp/taiitiro_kusumoto/24977819.html
本日の測定結果です。

1.鳥取県、大山牛乳 1800秒 1000g
Cs137 検出下限値2.94Bq/kg
Cs134 検出下限値2.77Bq/kgで共に下限以下、不検出と判断しました。

2.ノルウェー産ししゃも 1800秒 1000g
Cs137 検出下限値4.05Bq/kg
Cs134 検出下限値3.79Bq/kgで共に下限以下、不検出と判断しました。

3.千葉県産の米糠、先週の再測定です 1800秒 697g
がび?ん!結果をメモるのを忘れてしまいました。
Cs137とCs134が合算で約6ベクレル程度検出されました。
明日に結果報告します。

4.↑の米糠と同じ水田の玄米 1800秒 1000g
Cs137 2.38±2.02Bq/kg 統計誤差85.1% 検出下限値2.94Bq/kgで検出判定
Cs134 検出下限値2.77Bq/kgで下限以下

5.↑の白米 1800秒 1000g
Cs137 検出下限値2.94Bq/kg
Cs134 検出下限値2.77Bq/kgで共に下限以下
通常なら不検出と判断する所ですが安心して食べられるかどうかと言う話になると
迷います。検体を提供して下さった方はもう食べないとおっしゃられてました。

4の玄米は1800秒で測定を終了しましたが、3検体共、預かってもう少し精査します。
只今、四条烏丸測定室のバックグラウンドを10800秒で取っています。
ではでは。明日に米糠の結果を、、、

くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-10-31 12:20 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月27日)

遅くなりました。10/27(日)の測定日誌です。

◇担当 : 奥森 / 斉藤sachi

◆1検体目 「丹波篠山 枝豆」
 こちらは、友人よりご厚意で送って頂いた枝豆ですが、食べているうちに「本当に丹波篠山は大丈夫?」なんて、疑問が湧いてきて、途中まで食べて後、皮ごとミキサーにかけ、測定しました。安心なところに落とし穴ですからね。

・測定時間 : 3600秒
・試料重量 : 277g
・結果 : セシウム137  ND??? /  下限値8.93?/㎏
      セシウム134  6.74?/㎏  ± 5.30?/㎏  不確かさ 78.7%?? /???下限値8.21?/㎏

 ※セシウム134のみの検出ですが、ビスマス214の誤検出です。容量も少なく、重量も無いので下限値は   高めに出ています。友よ疑ってごめんね。。。

◆2検体目 「長野県産りんご シナノスイート」
 細かく角切りにして持参してくれました。

・測定時間 : 2400秒
・試料重量 : 628g
・結果 : セシウム137  10.1??/㎏?  ± ? 3.8?/㎏   不確かさ  32.3%?? /??下限値4.59?/㎏
     セシウム134  2.97?/㎏  ± ? 2.74?/㎏  不確かさ  92.2%?? /???下限値4.19?/㎏

 一見、ありそう~、なんですが、スペクトル上ではビスマスが検出されています。
 137と134の比率も微妙に違い、ビスマス214をセシウム134・137としてとらえてしまっています。
セシウム134にも137にもPは立っておりません。

 ※セシウム134の場合(605keV⇒609keV)  セシウム137の場合(662keV⇒609keV)

  とはいえ、探求心は続く~。時間が無かったので後日、長時間測定を試みます。只今、冷凍中!!

◆3検体目 「国産 ほうじ茶ティーパック お茶の玉宗園」
  ティーパックの中身を出して詰めていきました。


・測定時間 : 1800秒
・試料重量 : 318g
・結果 : セシウム137  ND??? /  下限値10.9?/㎏
     セシウム134  4.97?/㎏  ± 7.01?/㎏  不確かさ >100%?? /???下限値9.98?/㎏
 
  ※セシウム134の不確かさが100%を超えています。時間長めに測定したとしてもセシウム134は
    ビスマス214の誤検出です。


◆4検体目 「玄米 木津川の個人農家さん」

・測定時間 : 3600秒
・試料重量 : 277g
・結果 : セシウム137  ND??? /  下限値3.47?/㎏
     セシウム134  ND??? /  下限値3.19?/㎏
 綺麗に不検出となりました。嬉しいですね。

★検体をお持ち頂いたお客様に感謝★

レポート by? 斉藤sachi
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-10-31 12:16 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月26日)

ーーー10月26日(土)測定日誌ーーー

こんにちは! 神保です。
この日のスタッフは島田さんと佐藤さんと私でした。
台風一過ですが、風もあって肌寒い1日。…そろそろあたたかいものが食べたくなってきたりもする季節ですね!

それでは、今日もはりきって測りましょう。

1) 玄米 23年 埼玉県産 有機キヌヒカリ
→測定時間1800秒
Cs-137 不検出 (検出下限値 2.97 Bq/kg)
Cs-134 不検出 (検出下限値 2.79 Bq/kg)

2) 小麦粉 25年 北海道産 大黒 慣行栽培
→測定時間1800秒
Cs-137 不検出 (検出下限値 3.00 Bq/kg)
Cs-134 不検出 (検出下限値 2.83 Bq/kg)

3) 小麦粉 25年 北海道産 慣行栽培 ななかまど
→測定時間1800秒
Cs-137 不検出 (検出下限値 2.94 Bq/kg)
Cs-134 不検出 (検出下限値 2.77 Bq/kg)

4) パウダーライス 23年10月 栃木県大田原市・新潟県胎内市産 自然農法
→測定時間1800秒
Cs-137 不検出 (検出下限値 3.87 Bq/kg)
Cs-134 不検出 (検出下限値 3.62 Bq/kg)

5) 玄米 25年佐賀県小城市三日月町産 さがびより
→測定時間2103秒
Cs-137 不検出 (検出下限値 2.71 Bq/kg)
Cs-134 不検出 (検出下限値 2.55 Bq/kg)

6) 23年産 秋田県有機たつこもち玄米
→測定時間3600秒
60分測定でCs-137がチラチラ見えた結果…
・Cs-137 2.62Bq/kg (統計誤差50.1% 検出下限値 2.71Bq/kg)
しかし、スペクトル解析から見るとピークにあたるものは見つからず…。これは他の各種の影響かもしれないので、後日再測定とします。判定はいかに。

7) 23年産埼玉県有機キヌヒカリ玄米粉
→測定時間1800秒
Cs-137 不検出 (検出下限値 3.74 Bq/kg)
Cs-134 不検出 (検出下限値 3.50 Bq/kg)

8) 埼玉県本庄市産 上新粉
→測定時間2700秒
こちらもCs-137がチラチラ見えた結果…
・Cs-137 1.95Bq/kg (統計誤差99.8% 検出下限値 3.05Bq/kg)
しかし、スペクトル解析を見たところ鉛・ビスマスの影響と考えられ、誤検出と判断できました。粉末状態につき水分を含みやすいから…だとかでしょうか。

以上、8検体の測定報告でした!
島田さんのおかげです。どうもありがとうございます!

それでは皆さん、寒さにお気をつけて。
ごきげんよう!

++++++++++++++++++
佐藤です。
おはようございます。

神保さんが流してくれた、昨日の測定日誌の追加報告です。

6) 23年産 秋田県有機たつこもち玄米
ですが、再測定(延長ではなく最初から3600秒)しました。
結果
Cs-137 下限以下 濃度の数値出ず。検出下限値2.15Bq/Kg
Cs-134 下限以下 1.18±1.34Bq/kg 統計誤差100%越え 検出下限値2.02Bq/Kg
再測定でも、スペクトル解析では検出とは見なせず。
総合的に見て一回目のCs-137の結果は、やはり誤検出だったと考えます。

よろしくお願いします。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-10-31 12:11 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月24日)

今日のスタッフは、しまだ&たけむらでした。

昨日、四条烏丸測定室で測定した千葉県産米糠を、長時間最測定していました。
重量が軽いので、長時間測定し、データーを見ようと思いました。が、---
昨日の測定データーと出方にあまりに差があるので、数日おいてから最測定の予定です。

今日は、保育所さんから問い合わせが入り、来週2検体測定ご予約頂きました。
汚染水問題が連日報道される中、保育園給食関係者さんたちも、日々頭を悩まされていらっしゃるようです。

最近忙しくてお顔見れない測定スタッフTちゃんの元気な様子を知れて、
「元気そうでよかった~」とほっとしたり---もあった1日でした。

季節の変わり目、皆さま体調崩されませんように。
元気で楽しく毎日過ごせますように!!

11月、継続更新に当たる会員様に、お知らせとお願いを郵送させて頂きました。
どうぞ、よろしくお願いします。
2013年度継続更新頂いた皆さま、ありがとうございました。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-10-31 12:07 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月23日)

 楠本です♪
 11/23のよんから担当は島田さんと楠本です。

 写真はこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/taiitiro_kusumoto/24956802.html
測定依頼が多く、忙しい一日でした。

 ぶなしめじを依頼され方がとても細かくみじん切りにして来て下さり、1リットルで1019g詰まりました。その結果通常の1800秒測定でも、スペクトルが安定し、検出下限値も下がりました。

 11/21(木)にキノコの自主測定を実施しますが、予約の上、容器に気合い入れて押し込んだ状態で1リットルを持って来て下さい。

1.埼玉県有機キヌヒカリ2011年産 1800秒 992g
Cs137 1.10±1.87bq/kg 統計誤差>100% 検出下限値2.97Bq/kg下限以下
Cs134 検出下限値2.79Bq/kg
不検出と判断しました。

2.島根県産いなか味噌 2400秒 1276g
Cs137 検出下限値 2.05Bq/kg
Cs134 検出下限値1.92Bq/kg
下限以下で不検出判定です。

3.米糠、2013年千葉県産 698g 1800秒
Cs137 4.43±3.45Bq/kg 統計誤差77.9% 検出下限値4.34Bq/kg 検出判定
Cs134 3.31±3.19Bq/kg 統計誤差96.5% 検出下限値4.06Bq/kg 下限以下
Cs137にビスマス214の複合ピーク有り。

延長して、3600秒
Cs137 6.02±2.69Bq/kg 統計誤差40.4% 検出下限値3.12Bq/kg 検出判定 B214の複合ピーク有り
Cs134 1.92±2.26Bq/kg 統計誤差>100% 検出下限値2.91Bq/kg 下限以下
1120kevのビスマス214のピークも立ってます。

 黒に近いグレーでもなく、白に近いグレーでも無い、ど真ん中グレー?という感じ?
 天然核種の影響を考えて、預かって後日測定することと精米後の白米を持って来てもらい比較して測定してみたいと伝えてました。

 今日のたみさんのMLを見て島田さんに連絡したら天然核種の誤検出の可能性が高いと聞いてちょっと安心しました。

4.めんつゆ 静岡県の食品会社で製造 1800秒 1047g
Cs137 検出下限値2.82Bq/kg
Cs134 検出下限値2.65Bq/kgで共に不検出

5.ぶなしめじ2013年長野県産 1800秒 1019g
Cs137 検出下限値2.89Bq/kg
Cs134 検出下限値2.72Bq/kgで共に不検出

6.長野県産りんご 1800秒 976g
Cs137 検出下限値3.02Bq/kg
Cs134 検出下限値2.89Bq/kgで共に不検出

最近は預かり測定が多かったので、久々に賑やかで色々あった一日でした。

皆様、11/17(日)に恒例の測定実習、見学会を行いますんで、気軽にご参加ください。


ではでは皆様、おやすみなさい。。。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-10-31 12:05 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月19日)

中田です。10月19日の測定日誌です。

当番として初めて四条烏丸の新しい測定所に入りました。
中澤さんとでこぼこコンビで、なんとか6検体!こなしました。

<測定結果>

①牛乳 四国乳業㈱
Cs137下限以下 下限値 2.89Bq/kg
Cs134下限以下 下限値 2.72Bq/kg

②玄米
Cs137下限以下 2.4±1.84  76.1%  下限値 2.94Bq/kg
Cs134下限以下 下限値 2.77Bq/kg

③25年青森産りんご
Cs137下限以下 3.44±2.60 75.6% 下限値  4.17Bq/kg
Cs134下限以下 下限値 3.90Bq/kg

④かつおだし汁
Cs137下限以下 1.79±2.02 71.00% 下限値 3.3Bq/kg
Cs134下限以下 下限値 3.13Bq/kg

⑤昆布だし汁
Cs137下限以下 下限値 2.89Bq/kg
Cs134下限以下 下限値 2.72Bq/kg

⑥椎茸のだし汁 (1回目)
Cs137下限以下 2.54±2.08 81.6% 下限値 3.26Bq/kg
Cs134下限以下  下限値 3.07Bq/kg

⑥椎茸のもどし汁 (延長 3600秒)
Cs137下限以下  下限値 2.35Bq/kg
Cs134下限以下 1.20±1.36 71.0% 下限値 2.20Bq/kg

①は26日の予約の方でしたが、ふだん飲む牛乳が気になるのでと持って来られました。

②③は、値が出たので時間があれば延長したかったのですが、次の予約があったので30分で
切り上げました。

④⑤⑥は、保育園の方の持ち込みでした。事前に電話を頂いていたのですが、携帯の電源を
入れるのを忘れていたので、液体で持ち込んで来られました。より正確を期するために次
回からもどす前のままで持って来て頂くように言いました。
椎茸のもどし汁が少し気になったので、延長しました。
いずれも、少し数字がチラチラしましたが、ピークもなく不検出と判断しました。

PS 1日6検体は、はじめての経験で、あ~疲れました。(>_<)


+++++++++++++++++++++

19日(土)の再測定の結果を報告します。

②の玄米 25年滋賀県野洲市産ヒノヒカリ

③の青森産リンゴ

両検体共に、セシウム137・134 検出下限値3ベクレル/kg前後で
不検出。

詳細スペクトル確認済みです。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-10-31 11:59 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月16日)

みなさま

またまた遅れて申しわけありません・・・。

16日(水)の測定日誌でございます・・・。

① 玄米 24年愛媛今治産 1800秒測定 不検出 

② 味噌 (伊予の味噌) 1800秒測定 不検出

セシウム134のみ統計誤差100%以上で1.35ベクレル/kg
他核種の影響によるもののため不検出と判断できます。

③ 白菜 岐阜産 

 詳細スペクトルにてピークは見えないものの 
 セシウム137に若干の数値が出たため時間を空けて
 再測定・・・

④ 玄米 25年三重県名張市産 コシヒカリ 1800秒測定 不検出

⑤ 玄米 25年三重県名張市産 ヒノヒカリ 1800秒測定 不検出

⑥ 白菜 岐阜産 (③の再測定) 3200秒測定 不検出

全て下限値はセシウム137・134共に 3ベクレル/kg前後まで下げ
詳細スペクトルを確認の上 不検出と判断いたしました。

すぎたに&しまだ でございました。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-10-31 11:55 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(10月17日)

 こんばんは、たけむらです。

 急に寒くなって来ましたね。
 皆様、体調崩されませんように

 10月17日(木)の丹波橋測定室の報告です。
 スタッフはしまだ&たけむらで、2検体を測定しました。

 上野さんが、またまた美味しい差し入れを持って、事務作業(郵送作業)に来て下さいました。
 いつも、本当にありがとうございます。
 メーリングリストに登録されていない会員さん向けのデーター郵送作業をしました。

 それから、午前中、ハワイ大学で助教授をされておられ、ご主人と一緒にサバティカルで1年京都に滞在していらっしゃる女性の方が、来所され、熱心に話を聞いて下さいました。

 奈良の市民測定所にも行って話を聞かれたそうで、これから、各地の測定所を回られるそうです。
 
 「京都で、他に回ったらいいお勧めないですか?」と聞かれたので、「是非、NONベクレル食堂に行って、話を聞いてみてください。食事も、むちゃくちゃ美味しいですよ!!」
と、お勧めしました~
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-10-31 11:54 | 測定日誌 | Comments(0)