<   2013年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

【拡散希望】自主測定の検体募集

みなさま

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?058.gif

この度、京都・市民放射能測定所では、
通常の測定と並行して、
自主測定の充実を図るため、
自主測定の検体を大・大・大募集いたします060.gif

第一弾の募集は
『麦茶』
『小麦粉』
です。
産地は問いません。

季節柄、麦茶は7月末までの期間限定 受け付けです。
小麦粉は8月末まで受け付けます。

ご提供していただける方、
まずはshimin_sokutei@yahoo.co.jpまで、ご連絡くださいませ。

上記以外にも
『ベリー類』『西日本の魚・川魚』
1リットル分、ご提供をいただける方、お願いします。
ただし、測定中に傷むことが予想されます。
測定時期については 改めてお知らせいたします。

通常測定では1検体2000円の測定料がかかりますが、自主測定の検体提供の場合、測定料は無料です。
この機会に是非、普段 お使いのもの、気になってるもの 測ってみませんか?034.gif

自主測定の検体の提供は会員でない方でも大歓迎です!!
スタッフ一同 ご利用 心からお待ちしております001.gif

*検体の持ち込みや測定後の返却は、測定所の営業時間内にお願いします。
通常測定が優先で、自主測定は依頼のない空き時間で行います。
その為、予約が入っていれば、検体をお預かりして後日の測定とさせて頂くことを ご了承くださいませ。
また、お持ちこみ いただいた順ではなく、『傷みやすいもの→麦茶→小麦粉』など、その時々の状況でスタッフで判断し測らせていただきます。

*今回、麦茶は茶葉のみ可
煮出しや水出ししたものや、ペットボトル等、液体のものは不可とさせていただきます。
ティーバックから出した状態で1リットル お願いします。
商品パッケージも 一緒にお持ちください040.gif
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-07-31 18:36 | 検体募集 | Comments(0)  

測定日誌(7月13日)

中田です。7月13日の測定結果です。

奥森代表の監督?下のもと、昼からは斉藤(幸)さんも合流、持込みも4検体でにぎやかな測定日でした。この日の烏丸四条界隈は断続的にスコールのような雨の中、あちらこちらで山鉾が立てられ、四条通りは祭ばやしが響く、世間は祇園まつりでした。
持込み4検体は、保育所で食の安全を考えていらっしゃるお二人の方からの測定依頼でした。全て、測定用にミンチ済みで1リットルきっちり量って持って来て頂きました。感謝です。(^_^)

① 干ししいたけ(もどし) (原木)熊本産 001.gif
c0233009_948512.jpg

Cs137 不検出下限値2.74Bq/kg
Cs134 不検出下限値2.62Bq/kg

② 牛バラ 黒毛和種003.gif
c0233009_9483427.jpg
 

Cs137 不検出下限値 2.95Bq/kg
Cs134 不検出下限値2.83Bq/kg

③ さば 三重県近海041.gif
c0233009_9484776.jpg


Cs137 不検出下限値2.75Bq/kg
Cs134 不検出下限値2.63Bq/kg

④ 京都丹後はたけしめじ025.gif
c0233009_9485542.jpg


Cs137検出3.09Bq/kg ±1.57 統計誤差 47.20%  下限値 2.18Bq/kg
Cs134  不検出下限値2.08Bq/kg

 ①②③まできれいに不検出でしたが、4検体目のしめじだけ微妙な数字が出ました。
ピークも立っていなくて、カリウムが高い値(125Bq/kg)だったのでその影響もあるのではと説明しました。  念のため、丹波橋に持って帰って再測定することにしました。
 → 後日報告します!034.gif
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-07-19 09:52 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(7月11日)

報告が大変遅くなりましたが、
7月11日測定日誌です。

スタッフは、たけむらと上野さん。

朝から、事務作業しながら自主測定

奥森さんが、2013年度会員継続のお願い電話をかけて下さった効果ありのようで、2013年度の年会費を振り込んでくださる方が、急に増えたり、
「会員継続しますよ~」のお返事頂け嬉しいです。
会員のみなさま、2013年度も会員継続どうぞよろしくお願いします。

1検体目は、ざくろジュース(果汁飲料 トルコ産ざくろ25%)072.gif
Cs137 検出下限値 2,93Bq/Kg
Cs134 検出下限値 2,70Bq/Kg
で、共に不検出

2検体目は、丸粒麦茶(石川県六条大麦100%)001.gif
Cs137 検出下限値 6,64Bq/Kg
Cs134 検出下限値 6,04Bq/Kg
で、共に不検出

3検体目は、小麦粉(日清バイオレット 薄力小麦粉)034.gif
30分測定では、Cs137だけ下限値以下ですが数値がちらちらしていたので、6000秒に設定して帰りました。結果は、不検出となりました。003.gif
 
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-07-19 09:46 | 測定日誌 | Comments(0)  

市民測定所関西ネットワーク第1回会合が開かれました!

奥森です。

 7月7日(日)午後2時から、奈良・市民放射能測定所におきまして、市民測定所関西ネットワークの第1回会合が開かれました。
c0233009_1332123.jpg


 昨年5月19日に、関西初の市民測定所が京都でスタートしてから丸1年が経過しました。この間、関西各地で市民測定所が開設されてきました。各地の測定所を緩やかにつなぐ、関西規模でのネットワークがついに結成されました。
c0233009_10405254.jpg


003.gif当日は、
広島県から おのみち測定依頼所
兵庫県から さかな2匹の測定所、阪神・市民放射能測定所
大阪府から 南福崎土地株式会社放射能測定所、高槻・市民放射能測定所
奈良県から 奈良・市民放射能測定所
京都府から 京都・市民放射能測定所
計7カ所から参加がありました。056.gif
三重県のなばり放射線測定所しるみるは、都合が悪く不参加でした。

 会合では、各所のホームページやブログ、チラシなどを見ながら、活動報告を受け、質疑応答をしました。
それだけで、あっという間に2時間がたってしまいました。

 第1回会合では、9月15日(日)午後2時から、第2回会合を「阪神・市民放射能測定所」で開催することを決め、MLリストを開設し、MLで情報交換を行い、議題設定などを行うことになりました。060.gif
 次回会合からは、測定結果についての検討などができればいいかと思います。

 会合の詳しい報告を、おのみち測定依頼所の測定員である杉原さんが、ブログにアップしてくれているので、そちらを参照してください。

http://onomichi-labo.blogspot.jp/2013/07/blog-post_8.html
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-07-13 13:16 | Comments(0)  

測定日誌(7月10日)

島田です。

遅くなりましたが、7月10日の測定報告です。


①みりん風味調味料(新味料・神戸物産 業務用)

セシウム137、134ともに、検出下限値2.5ベクレル/Kg
以下で不検出。

②生パパイヤ モルディブ産

セシウム137、134ともに、検出下限値3ベクレル/Kg
以下で不検出。

③粉ミルク オマーン産 2013年5月製造

セシウム137、134ともに、検出下限値5ベクレル/Kg
以下で不検出。

*検出下限値にばらつきがありますが、検体の重量など、いろいろな事情はありますが、スペクトルの詳細解析は確認しております。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-07-13 10:54 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(7月6日)

 新米スタッフで初投稿の神保(ジンボ)です。よろしくお願いします。
 さて、7月6日の測定日誌です。測定当番は佐藤さんと私でした。

◆ 1検体目「ほうじ茶入り麦茶ティーパック」
1800秒(30分)間測定した後でスペクトルを見たところ、粗い波形だったので、精度を上げるために7200秒(2時間)測定を行いました。

● 結果
Cs-137 不検出(検出下限値→3.88Bq/kg)
Cs-134 放射能濃度→1.48±2.45Bq/kg 統計誤差→>100% 検出下限値→3.67Bq/kg

● 判断
Cs-134の濃度の数値を見て検出されているように思われるかもしれませんが、統計誤差(不確かさ)が100%をこえているため、この数値は検出値とは見なせません。
また、スペクトルから見極めても、Cs-134が存在するとは見なせませんでした。
 (そもそも、福島第一原子力発電所事故由来であれば、Cs-137とCs-134がセットで検出され、137の方が高く出るるはずですが、137は検出されませんでした。)

※こちらの麦茶ティーパックは“まんまんちゃん・あん”さんでもお買い求め頂けます。


◆ 2検体目「宇治市 乾燥椎茸 (原木も宇治のものとのこと)」

c0233009_1111147.jpg



こちらは1800秒(30分)測定後のスペクトルを分析したところ、検出の疑いがあるピークも見られたため、精度をあげるために6000秒(100分)測定を行いました。

● 結果
Cs-137 放射能濃度→8.59±2.29Bq/kg 統計誤差→17.3% 検出下限値→2.06Bq/kg
Cs-134 放射能濃度→1.74±1.32Bq/kg 統計誤差→75.6% 検出下限値→1.96Bq/kg

● 判断
 セシウム比を考えるとCs-137が高めに検出されていますが、こちらはスペクトルのピークから見極めても検出と判断しました。
環境研の河野益近先生よりご教示頂いたことを考慮すると、大気圏核実験由来のCs-137まで合わさって検出された可能性もあるのでしょうか。
 どうなのでしょうか。

ーーー測定日誌後記ーーー

 初投稿、緊張しました。
 これからも先輩の皆さんから素直に教わり、測定技術や分析能力を高めていきたいです。これからどうぞよろしくお願いします。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-07-13 10:47 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(7月4日)

齋藤です。

今日のスタッフは上野さんと私。自主測定に勤しみました。

午前中は同志社大の学生さんの見学もありましたので
二人でちょっと緊張?しながらも、測定の説明や、
今なぜこうして測定を行っているのか、そして
西日本でも検出される食品が流通していることなどを話しました。

放射能測定結果を見ていただき、セシウムが検出されているものと
検出されていないものを見比べたり、
国で決めている100bq/kgということがどういうことかも
少しずつ理解してきたように感じました。

定期的な見学会で、もっと学んでほしいことも話しました。
彼らの認識やものの見方が、話を聞くたびに変化している気がしています。


【検体と結果】

徳島産の玄米・・・下限値137が3.58bq/kg、134が3.30bq/kgで不検出、問題なしです。

鶴瓶がパッケージの伊藤園の香り薫るむぎ茶
c0233009_10495785.jpg


昨年も行ったときと同様にパックのままやってみました。
終わったらパックから出してやってみようと思っていましたが
軽すぎて下限値下がらず、時間足らず次回。

137のみ、30分だと17.3bq/kg、絶対誤差±8.8bq/kg、統計誤差47.1%、下限値12.9%で
さらに30分延長、137のみ、4.9bq/kg、±5.74bq/kg、>100%、下限値9.21%で不検出~
・・・って言うのがなんだかな~ですね、この下限値では。
ギュウギュウ詰めたけど、次回時間があればパックから出して再測定します。

徳島・香川の農場で飼育した若鶏もも肉
c0233009_105029100.jpg


6日のほっこりバーに使う予定のお肉です。
実は当日上野さんがメニューを考えていて、当日使うので
冷蔵庫の扉に結果を貼ってきてしまい(笑)
下限値が書けませんが、数値は全く出ていませんでしたので
6日参加する方は冷蔵庫をご覧ください(笑)。

そんなこんなでちょっと中途半端な感じですみません(><)

6日のほっこりバーは、測定所の雰囲気をガラッと変えますので
お楽しみに。マスターの手料理も楽しみです。

みなさまぜひご参加ください。











ヘルプページ: http://help.yahoo.co.jp/help/jp/groups/
グループページ: http://groups.yahoo.co.jp/group/shimin_sokutei/
グループ管理者: mailto:shimin_sokutei-owner@yahoogroups.jp
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-07-07 10:51 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(7月3日)

楠本です♪

7/3(水)の測定報告です

担当は島田さんと楠本です。

今日は3検体の測定でした。まずは、

宇治田原産ほうじ番茶。
c0233009_1044314.png


ひたすらもみもみして茶柱も折りまくって細かくしましたが、278gしか詰まりませんでした。結果は時間に空きがあったので8000秒やって、

Cs137 検出下限値5.92Bq/kgで不検出

Cs134 検出下限値5.64Bq/kgで、

数値として3.69±3.75Bq/kg統計誤差>100%と出ましたが、不確かさが100%を越えているためこの結果は検出値とは認められないと判断しました。、、、ややこしい書き方かもしれませんが、ぶっちゃけ、僕なら家族で毎日でも安心して飲めるぜー!と思います。

次は24年北海道産アイガモ栽培米、農薬を撒いた田んぼにアイガモを泳がす訳にいかんし、その肉も食べるのもどうだかな?だし、もちろん無農薬。
c0233009_10445097.jpg

c0233009_1045118.jpg


これは、Cs137 検出下限値2.09Bq/kg

Cs134 検出下限値2.00Bq/kg

で、共に不検出でした。

3検体目はツナ缶ですが、延長して最終、島田さんにお願いしたので後日連絡します。

c0233009_10453319.jpg

c0233009_10454114.jpg




くっすん
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-07-07 10:47 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(6月30日)

測定スタッフは、神田・斉藤sachi

本日は、宮城県産の切干大根の測定予約が入っていました。
測定後不検出なら「どうぞ。」と差し渡されました。

測定日:2013年6月30日
商品名:「宮崎県産 切り干し大根」   001.gif

測定時間:3600秒
重量:377g
測定容器:1Lマリネリ(全量充填)

+++++++++++++++++++++++++++

セシウム合算:「不検出」
セシウム137:3.62±4.89 統計誤差>100% 下限値6.47Bq/kg
セシウム134:下限値以下 下限値 5.92Bq/kg
この計算結果は統計誤差(不確かさ)が100%を超えているため、検出値とは見なせません。
スペクトルにセシウム134及び137共にピークなし。 「不検出」という結果となりました。

[検出核種]
なし

切干大根はぎゅーぎゅーに詰めても詰めてもマリネリ容器に入ります。
それでも、377gですからね、軽いですねぇ。
乾物類は最初のスペクトルの出方が「何かあるの?」という動きを見せる傾向がある
ように思います。乾燥椎茸なんかもそうです。乾燥しているお茶もそうですね。
大気の何かを吸着しやすいからでしょうか。測定していて感じるところです。

この切干大根は美味しく頂きます♪♪

sachi
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-07-07 10:35 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(6月29日)

佐藤です。

6月29日(土)の四条烏丸測定所の報告です。

スタッフは佐藤と、午前中は神保さん、午後は上野さんで行いました。

予約が入っていなかったので、自主測定をやりました。



シーキューブの『ロールケーキ』を大丸京都店で購入して測りました。

関東、関西、名古屋の百貨店に店を出している名の知れた洋菓子店のケーキです。



とても美味しそうなケーキでした。

しかし、ここは測定のためと割り切り、マリネリ容器につめていきました。

神保さんが粘っこいクリームと悪戦苦闘。

その結果、原型をとどめない、かわいそうな姿になりました。



測定結果は、3600秒測定で 059.gif

Cs137 下限以下。濃度の数値出ず。検出下限値4.21Bq/kg。ピークなし。

Cs134 下限以下。濃度の数値出ず。検出下限値3.98Bq/kg。ピークなし。

スペクトルも問題なしでした。



神保さんの聞き取りによれば、卵(日本)、豆乳(日本)、調整豆乳(日本)、バター(日本)小麦粉(アメリカ、加工、日本)だそうです。

この測定後の検体は、昨日の測定所全体ミーティングで、スウィーツ?として参加者みんなで食べました。

味はとても美味しかった?と思います。



以上です。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-07-07 10:33 | 測定日誌 | Comments(0)