<   2013年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

【こんなこと始めます】測定スタッフ養成講座

みなさま
奥森です。

京都・市民放射能測定所はこの5月19日に1周年を迎えます。
今年2月からは、四条烏丸に測定室を開所し、2測定室体制で市民のみなさまの測定依頼に応えてまいりました。

測定員はすべてボランティアで行っていますが、仕事や子育て、家事をしながらの活動であり、測定スタッフを継続できない方もおられ、測定スタッフが減少しており、測定所の維持、発展のためには、測定スタッフの拡充が必要不可欠となっております。

このたび、測定スタッフ養成講座を下記のとおり開催することになりました。
ここに参加すると、食品の放射線測定の基礎を学ぶことができます。
食品などの放射線測定に興味のある方は、ぜひご参加ください。


+++++++++++++++++++++++++++++
 測定スタッフ養成講座
+++++++++++++++++++++++++++++
日時   2013年6月30日(日)13時~15時
場所   京都・市民放射能測定所 丹波橋測定室
内容   (1)食品の放射線測定の基礎知識
      (2)測定器のしくみについて
      (3)測定実習
      (4)質疑応答
参加費  無料です
申し込み 養成講座に参加希望の方は、メールで申し込んでください。
      shimin_sokutei@yahoo.co.jp
      電話では受け付けておりません。
      定員は5名程度を考えております。
      定員を超えない場合はお返事をしませんので、
      当日時間までに丹波橋測定室にお越しください。

[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-06-30 13:00 | 主催イベント | Comments(0)  

6月20日(木)測定日誌〜リンゴジュース、だんご粉〜

6月20日の測定日誌です。
今日のスタッフは、たけむらと夕香さん

今日の午前中は、月に1度の『ほっこりかふえ』
昨日から、雨が降り続いている中、
会員さんと、そのお知り合いの方と、ちっちゃな女の子の3人のお客さまが来て下さいました。
いろんなお話をしながら、
長野県産の自然農法のりんごを使ったリンゴジュースを測定。
30分測定で、
Cs-137 検出下限値 3.05Bq/Kg
Cs-134 検出下限値 2,81Bq/Kg
で、ともに不検出でした。

測定後、みんなで頂きました。
濃くて、とっても美味しいリンゴジュースでした。
手間暇かけ、愛情たっぷりに育ったりんごなんでしょうね。

その次に、
だんご粉
(もち米粉・タイ でんぷん、うるち米・国産)
を測定しました。

「夏休みの保養キャンプで、畑から採って来たよもぎで、よもぎ団子をみんなで作って食べたいの。」
とおっしゃられていました。
子どもたちの笑顔を思い浮かべながら測定
30分、1時間測定では、Cs-134だけ、少し数値がちらついていたので、ただいま長時間測定中です。

今日も、お昼に上野さんが、美味しいお昼ご飯を持って来て下さり、ほっこり幸せランチタイムでした。
いつも本当にありがとうございます!
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-06-21 08:49 | 測定日誌 | Comments(0)  

6月19日(水)測定日誌〜見学会〜

楠本です♪
6/19(水)の測定報告です。10:00~12:00まで見学会で4名参加されました。
約20Bq/kgの玄米を実際に測ってみて、数値だけでその値が高いか低いか判断するよりも、
バックグラウンドより明らかに不自然なスペクトルを見て
放射能汚染というものがどういうものなのか、よく分かってもらえたと思います。
参加された方の内3名は環境市民という団体でボランティアをされていて、
色々と情報交換をしました。
もう1名の方は見学会終了後に会員になってくれはりました。
ありがとうございます。。。
予約は入って無かったのでこの日の報告は以上です。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-06-20 10:18 | 測定日誌 | Comments(0)  

6月15日(土)測定日誌〜コープ自然派京都 講演&学習会、米・ハイドロボール・片栗粉・玄米〜

とりこです。
遅くなりました。
6月15日(土)測定日誌です。

この日の測定スタッフの相方は中田さんでした。

午前中、予約がなかったので自主測定。

1件体目 宮城県産 ササニシキ
c0233009_8444423.jpg


量が少なく、500mlのマリネリで測定。
30分測定で
Cs-137、 不検出、 検出下限値 9.96Bq/kg。
Cs-134、 不検出、 検出下限値 9.42Bq/kg。

500mlでの測定なので、下限値が高くなってます。
測定途中、数値のチラツキは ありませんでした。

2件体目 ドイツ製 ハイドロボール
c0233009_8444653.jpg


ハイドロボールとは『粘土を高温で焼き発泡させた発泡煉石』だそう。
観葉植物の栽培に土のかわりに使います。
今回の検体は、先に南福崎土地株式会社さまのゲルマニウム半導体検出器(TG150B)で、測定させていただき、ヨウ素&セシウムがないことを確認しております。

まずは、ゲルマで2時間測定の結果です。
I-131、 不検出、検出下限値 2.0Bq/kg。
Cs-134、不検出、 検出下限値 2.0Bq/kg。
Cs-137、不検出、 検出下限値 2.5Bq/kg。
K-40、1076.2±33.2Bq/kg、検出下限値 99.6Bq/kg。

これをシンチレーター(AT1320A)で、測るとどのようになるか。
AT機で2時間測定の結果。
I-131、 49.3±9.9Bq/kg、統計誤差4.9% 、検出下限値2.50Bq/kg。
Cs-137、7.63±4.03Bq/kg、 統計誤差52.8% 、検出下限値4.03Bq/kg。
Cs-134、 31.2±7.3Bq/kg、 統計誤差11.0% 、検出下限値3.81Bq/kg。
K-40、1040±210Bq/kg、統計誤差4.2%、検出下限値47.5Bq/kg。
ヨウ素・セシウムに数字がでていますが、この場合は、ヨウ素・セシウムとも誤検出です。

※ヨウ素(364.4kev)は 半減期8日なので、さらにいえばドイツ製なので、製造されてから測定までの時間を考えると、すでに検出されないはずであり、鉛214(351.9kev)などの天然核種の影響や、カリウム40(1460.8keV)の後方散乱などの影響で誤検出と考える。

※セシウム137:134は、半減期が30年:2年なので、福一由来なら現在1:0.5、チェルノブイリや核実験由来なら1:ほぼ0 となるはずであり、割合的におかしい。
セシウム137は661.6keV、セシウム134は604.7keVと796.4keVにピークが出るが、これもカリウム40の後方散乱や、ビスマス214(609.3kev)などの天然核種の影響で誤検出かと考えます。

実際、ゲルマでの検出核種一覧をみると、鉛214やビスマス214などが検出されています。

天然核種を多く含むものは、シンチレーターでは誤検出しやすく、測定に関しては注意が必要と言われています。
今後も検証をつみ、
放射性物質や測定に関しての理解を深める勉強を頑張らねばと思いました。


午後からは
生活共同組合コープ自然派京都・脱原発アオギリさま主催の
講演&学習会
『市民放射能測定所の意義と測定の実際~食品の放射能を測定してみましょう~』
奥森代表が講師で行われました。
8名の方々が参加され、講演後は測定室にてコープさまの商品を実際に測定し、説明を交じえつつ、みていただきました。
c0233009_12355568.jpg

c0233009_1242354.jpg


2検体とも30分測定で、
* コープ 北海道産 片栗粉
c0233009_8444777.jpg


Cs-137、不検出、検出下限値 3.43Bq/kg。
Cs-134、不検出、検出下限値 3.28Bq/kg。


*滋賀県産 玄米 2012年度産
Cs-137、不検出、検出下限値 3.50Bq/kg。
Cs-134、不検出、検出下限値 3.35Bq/kg。


すっきり不検出で良かったです♪
生活共同組合コープ自然派京都さまHP
http://www.shizenha.ne.jp/kyoto/

質疑応答も活発に行われ、
中には 測定を実際にしてみたいという方々も いらっしゃいました。

測定に興味がある、実際にやってみたいという方、
初の試み、6月30日(日)丹波橋にて
測定スタッフ養成講座

http://crmskyoto.exblog.jp/20162415/
などもあります。
ぜひ、お気軽に お問い合わせくださいませ。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-06-20 08:24 | 測定日誌 | Comments(0)  

【ご案内】6/20(木) ほっこりカフェ

こんにちは、たけむらです001.gif
今日は、毎月恒例の『ほっこりかふぇ』なのですが、
夕香さんとお菓子とお茶を用意してお待ちしていますが、
お知らせを直前までうっかり忘れていたので、静かな測定所--014.gif

今、ほっこり通信メンバーさんが、お一人遊びに来て下さり、一気にお部屋が柔らかく、明るくなりました053.gif^^

来月の『ほっこりかふぇ』のお知らせ忘れないように--

来月は、6月20日 木曜日 10時~12時(参加費300円です。)
です~

測定済みの材料使ったお菓子とお茶を用意してお待ちしています063.gif
ほっこり、いろいろなお話しましょう~003.gif019.gif
楽しみにお待ちしています。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-06-20 00:00 | ほっこりカフェ | Comments(0)  

【ご案内】6月16日(日)避難者こども健康相談会きょうと

c0233009_1633232.png


 6月16日(日)、「避難者こども健康相談会きょうと」を開催します。
 
原発事故により避難を余儀なくされたこども達のために、
意識ある方々が全国各地で行うこの相談会は、各専門分野の方々が
繋がれる場でもありますので、今後継続していきたい会でもあります。

避難者登録向けの支援情報定期便にも同封させていただいておりましたが、
避難者登録していない人には、この情報が伝わりにくいため、
ぜひそういった方々にもお知らせいただけたら有難いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

避難者こども健康相談会きょうと

日時:6月16日(日)10:00~15:00(要予約)
対象:福島県および東日本から避難されたお子様
内容:医師による健康相談(無料)事前申し込み制 20 家族(福島県の避難者優先受付)
会場:伏見区役所1F ホール(区民交流スペース)
   〒612-8511 京都市伏見区鷹匠町39 番地の2 
   http://www.city.kyoto.lg.jp/fushimi/page/0000128943.html

<アクセス>
市バス…肥後町下車 徒歩5 分、
京阪本線…丹波橋駅下車 徒歩10 分又は伏見桃山駅下車 徒歩10 分
近鉄京都線…近鉄丹波橋駅 下車徒歩10 分又は桃山御陵前駅 下車徒歩10 分
http://www.city.kyoto.lg.jp/fushimi/cmsfiles/contents/0000128/128943/fushimikunew.pdf


同時開催:各専門家がボランティアで協力いたします。無料ですので、気軽にお立ち寄りください。

○教育相談
○法律相談
○アロママッサージ
○ホメオパシー
○お話会
○子どもスペース

お問い合わせ先:
避難者こども健康相談会きょうと実行委員会事務局
080-6034-3107/070-5017-1053
(齋藤・18 時以降)
京都市民放射能測定所FAX 075-622-9870

申込み先:
NPO法人CRMS市民放射能測定所 福島
健康相談会申込み専用メールフォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=818168

健康相談会専用メール:kenkousoudankai@live.jp(@を半角にしてください)
*メールの件名に「6月16日健康相談会 きょうと」とご記入ください。 
*携帯の方は kenkousoudankai@live.jp を受信可能に設定してください。

*以下の内容をお知らせください。
1)お名前(お子さんのお名前と年齢)
2)メールアドレス
3)電話番号(当日連絡のつく番号でお願いします)
4)住所(市町村名)
5)現在、治療中の病気などありましたら病名をお知らせください。
6)先生に相談したいこと
7)希望時間 10:00~/10:30~/11:00~/11:30~/13:00~/13:30~/14:00~/14:30~/

       折り返し相談時間のお知らせを前日までにメールまたはお電話します。

        *当日『生活手帳』を差し上げます。
         生活手帳は、お子さんの体調や行動記録を保管するための冊子です。
         記録をしっかり残すことは大切です。


主催:避難者こども健康相談会きょうと実行委員会
共催:NPO法人CRMS市民放射能測定所 福島
協力:京都小児科医有志、京都市民放射能測定所、
うつくしまふくしまin 京都、さぽーと紡(つむぎ)


 
c0233009_1424352.jpg

[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-06-16 23:59 | 健康相談会 | Comments(0)  

『6月12日(水)測定日誌 〜アスパラガス〜

みなさまの楠本です♪
6/12(水)の測定日誌です。
今日は午後から2枠、長野県産と北海道産のアスパラガスの測定予約です。

長野県産アスパラガス
Cs137 2.63±2.02Bq/kg 統計誤差76.8% 検出下限値3.15Bq/kg 検出下限値以下なので不検出。
Cs134 検出下限値3.02Bq/kg 不検出
一応5800秒まで延長して、結果
Cs137 不検出 検出下限値1.80Bq/kg
Cs134 不検出 検出下限値1.72Bq/kg


次は北海道産のアスパラガスです。
Cs137 0.70±1.09Bq/kg 統計誤差100%以上 検出下限値1.73Bq/kgこれも検出下限値以下なので不検出。
Cs134 不検出 検出下限値 1.65Bq/kg


長野県産、北海道産共に不検出としても良いと思いますが、ずっとCs137が検出下限値以下とはいえ、チラチラしてた事。Cs134は値が低すぎる為に出る気配が無かった可能性もある事。カリウムの値が高いせいもあるけれども605kev~796kev付近がびみょ~に気になる事を考えると夜も眠れ無くなりそうなので、家でミルサーでペースト状にして、 6/13再測定してます。
みじん切りのアスパラガス↓
c0233009_12173111.jpg

ペースト状アスパラガス↓
c0233009_12173294.jpg


長野県産アスパラガスの測定結果。
測定時間65000秒
Cs137 不検出 検出下限値0.81Bq/kg
Cs134 不検出 検出下限値0.77Bq/kg

すっきりさっぱりばっちりほっこりな結果になって良かったです。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-06-16 12:09 | Comments(0)  

講演&学習会 食品の放射能を測定してみよう!

奥森です。
測定所会員の山口さんからのメールを掲載させていただきます。

++++++++++
山口です。

生活共同組合コープ自然派京都の組合員活動グループ
脱原発アオギリからの講演&学習会のお知らせです。

主催:生活共同組合コープ自然派京都・脱原発アオギリ
イベント ID:0613703

講演&学習会 市民放射能測定所の意義と測定の実際
~食品の放射能を測定してみましょう~


東京電力福島第1原子力発電所の事故による環境への放射能汚染は拡大し続けています。

コープ自然派では食材の放射能測定を実施し安全供給に努めていますが、社会全体としては食品の流通、震災の瓦礫の移動と焼却によって内部被曝の危険性はますます増大しています。
私達は食卓を守っていくための判断材料として「現実を正しく把握することは必要なことであり、当然の権利である」という世論を広く形成していく必要があるのではないでしょうか?

福島における市民放射能測定所の設立に、1986年のチェルノブイリ原子力発電所の事故後から活動を継続してきたフランスやドイツの市民測定所の影響や協力がありました。

中立な立場の市民の手で食材の放射能測定を行い可視化すること、情報を発信、提供していくことの意義について、設立1周年を迎えた「京都・市民放射能測定所」代表の奥森祥陽氏から、お話を伺います。また、測定器を使って実際に測定し、モニターのグラフや数字の意味についても解説していただきます。測定器はベラルーシ製ヨウ化ナトリウムシンチレーターAT1320Aです。
質疑応答の時間も確保していますので、この機会に日頃の疑問を持ち寄り共に学んでいきましょう。

日 時:  6月15日(土)  13:00~16:00 (開場12:40)
講 師:  奥森祥陽氏(京都・市民放射能測定所代表)
場 所:  京都・市民放射能測定所
       四条烏丸測定室(プレマヴィレッジ京都内)
参加費:  中学生以上 (組合員 100円  一般 200円)  
       小学生以下 (無料)
定 員:  20名  (定員に達した場合は先着順)


申し込み締め切り: 6月13日(木) 17:00

※託児はありません。お子様を同伴される方は保護者においてご配慮下さい。

申し込み先:コープ自然派組合員サービスセンター 0120-408-300
携帯・IPフォンからは 088-603-0080
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-06-15 13:00 | 連携団体イベント | Comments(0)  

【ご案内】6月は丹波橋と四条烏丸の両方で見学会を開催します!

奧森と申します。

京都・市民放射能測定所の6月見学会を下記のとおり開催いたします。
6月は、丹波橋測定室と四条烏丸測定室の両方で開催いたします。
当日は、Cs-134、Cs-137が含まれている食品や京都に流通している食品の測定の様子を見ていただきながら、測定器のこと、測定の基礎、測定結果の見方などについてお話させていただきます

みなさまの質問に可能な限りお答えいたします。お時間のある方はぜひ、見学会にお越しください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 京都・市民放射能測定所 6月見学会のお知らせ063.gif
 丹波橋測定室、四条烏丸測定室の両方で行います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

丹波橋測定室018.gif
◆日時  2013年6月2日(日) 10時~12時  

◆場所  京都・市民放射能測定所 丹波橋測定室 ◆

       〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254 北川コンサイスビル203号
       tel/Fax:075-622-9870
        http://nukecheck.namaste.jp/image/map.gif

四条烏丸測定室001.gif
◆日時  2013年6月19日(水) 10時~12時  

◆場所  京都・市民放射能測定所 四条烏丸測定室

       〒600-8424 京都市下京区室町通高辻上る山王町569
       プレマヴィレッジ京都内
       tel:070-5260-9870   
       http://www.prema.co.jp/company/map.html

見学会の申込055.gif    
       見学希望の方は、メールで申し込んでください。
        shimin_sokutei@yahoo.co.jp
       電話では受け付けておりません。
       丹波橋は15名、四条烏丸は5~6名程度の見学が可能です。
       定員を超えない場合はお返事をしませんので、当日測定室にお越しください。
    
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-06-14 10:00 | 測定所見学会 | Comments(0)  

6月6日(木)測定日誌 〜EMに浸した玄米と、液〜

齋藤です。

日が経ちましたが
6/6(木)担当はたけむら、齋藤。
午前中、上野さんも来て下さり、
おいしいお昼を作ってきてくださいました。
私達、毎度上野さんに超期待してまっております(笑)

今日はEMに浸した玄米を
前回(2月のブログ参照)と同じように
液と玄米に分けて4回測定。


どれぐらい液に移行しているのか
この実験はスタッフも微妙に関心を持っております。

2月に測定した、汚染された玄米ですが
元々の玄米の数値を控えておらずすみません。
とりあえず液と玄米、どんな割合か。

○玄米(酒粕+1週間EM活性液と光合成菌添加)
137 9.57±2.91(22.8%)2.83  
134 3.89±1.89(44.6%)2.61 
1800秒、P・・・Bi214、Cs137 
○液
137  17.8±4.90(18.7%)4.00
134 7.96±3.04(32.6%)3.68
1800秒、P・・・Cs134が3本、Bi214が2本、Cs137が1本

どちらも検出
ですが液体のほうが倍近く高いですね。
ピークが何本か出ました。

もうひとつの
EMに浸した玄米の液
。既ににおいがきつい状態でしたが
○玄米
137 ND 2.77
134 2.80±1.62(58.0%)2.55
2400秒  134のみ微妙に検出。
137が2400秒かけてもずっと出ませんでした。
○液
137 3.10±1.82(58.6%)2.61
134 3.11±1.64(49.4%)2.40
2400秒  検出。


例えば普通の水だったらどれぐらい移行するのか、
EMとの比較をまったく同じ条件で実験してみたら
効果がどれぐらいあるか確認できる気がしました。

セシウムが移行した液も、
例えばゼオライト等でどれぐらいセシウムを吸着してくれるのか
(EM液は腐らないようにしないとあかんのでとって置くのは大変かな)
そんな実験も可能かも。

専門家、やってほしいですね・・・(笑)
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-06-12 09:16 | 測定日誌 | Comments(0)