<   2013年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

測定日誌(2月27日)

楠本です♪emoticon-0116-evilgrin.gif
2/27(水)の測定報告です。
担当は齋藤さんと楠本でした。
島田さんと上野さんも顔を出してくれはりました。
上野さんが、かやくご飯のおにぎり、きゅうりのお漬け物に+白胡麻和え、手作りケーキを差し入れて下さいました。全て美味しかったです。
感謝~ありがとうございますemoticon-0102-bigsmile.gif
上野さんの差し入れがますますパワーアップ!!今後が楽しみです♪

本日4枠全て埋まってましたが、10:00~予約の方が風邪の為キャンセルになりました。
11:00から1検体目高知県産の菜の花
Cs137不検出 検出下限値 6.80Bq/kg
Cs134不検出 検出下限値 6.22Bq/kg

c0233009_107262.jpg

c0233009_1072734.jpg


12:00より2/23に丹波橋測定室で測定して
(検出下限値)
Cs137 35.8Bq/kg ±8.1Bq/kg. (3.42Bq/kg)
Cs134 12.1Bq/kg ±3.4bq/kg. (3.17Bq/kg)
の玄米
をEM菌に浸して、持って来られ、EM菌の液、浸した玄米をそれぞれ測りました。
結果
EM菌の液=玄米を浸していた液
Cs137 11.3Bq/kg ±3.4Bq/kg (3.4Bq/kg)
Cs134 8.17Bq/kg ±2.58Bq/kg. (2.58Bq/kg)
c0233009_1072823.jpg


浸した玄米
Cs137 10.2Bq/kg ±3.3Bq/kg. (3.42Bq/kg)
Cs134 4.72Bq/kg ±2.23Bq/kg. (3.17Bq/kg)

c0233009_11141032.jpg

という結果でした。
一見、EM菌の効果でセシウムが減ったようにも見えますが、
玄米が水分を吸って減った分継ぎ足したEM菌の量や誤差の範囲を考えると、
液に移行しただけとも取れます。
検体を持ってこられた方は今回、玄米を浸したのが3日だけだったので
もっと長時間浸したもので実験したいとおっしゃってました。
2/23に測定した玄米と2/27に測定した玄米乾燥した状態とEM菌に浸されて水分を含んだ状態と
条件は異なります
が、マリネリ容器に詰める時に1ℓきっちり詰めましたが重量も全く同じになるように
しました。確か954gだったと思います。測定結果は当然違いますが、検出下限値はCs137.Cs134共に同じですね。
たまたまでしょうか?
これは違う形体のもの、例えば粉末やミンチ肉等で同じ重量に合わせて下限値がどう変化するのか?時間を伸ばした時はどうなるか?比べて見て今後、現在の30分測定体制の維持のして行き方を考える材料になると思います。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-02-28 09:24 | 測定日誌 | Comments(0)  

ほっこりカフェ延期のお知らせ

次回、ほっこりカフェ
3月21日で予定しておりましたが
スタッフの調整がつかず、
延期と させていただきます。
色々ご迷惑おかけして申し訳ありませんが
よろしくお願いいたしますemoticon-0139-bow.gif
なお、測定は受付けいたします。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-02-26 22:16 | ほっこりカフェ | Comments(0)  

測定所見学会&測定日誌(2月23日)

とりこです。
午前中は丹波橋にて測定所見学会。
スタッフは奥森代表、杉谷さんと私の3名。
参加者は
*お子さんの給食を気にされている お母さま
*東京から お孫さんと京都へ避難されている方
*長岡京市で毎月 平和や環境などをテーマに集まって活動されている
「オリーブの会」の方々
*仙台にいる妊娠中のご友人を案じる方
*京田辺市の議員さん
(来所順)
7名でしたemoticon-0159-music.gif
c0233009_2321393.jpg

測定器の仕組みや 測定の手順、
放射性物質の特性、
測定結果の読み解き方など
茶葉を用いてのデモンストレーションを混じえながら説明させていただきました。

お持ちいただいたキャベツ(産地不明)も 続けて測定。
密度が大事&検体処理の必要性の説明があってから
お持ちいただいた方が
「粗く刻んでしまったemoticon-0107-sweating.gif」と 気にしてはりました。
密度の重要性を しっかり理解されたんだなぁ、と
大変 嬉しく感じましたemoticon-0105-wink.gif
c0233009_232146.jpg

1800秒での測定で
Cs-137のみに数字が
5.58±3.63Bq/kg 統計誤差65.2% 検出下限値 5.78Bq/kg
下限値も 高め。
念のため、長時間測定
にかけることになりました。

質疑応答でも
・給食についての不安→給食測定をどうするのがベスト?
・柏市に身内の方がいる方や 仙台に友人がいる方から 内部被曝を避ける為に こちらから 何ができる?
など、
スタッフ、参加者の方々ともに
情報や意見の交換があり、
私も大変 勉強になりました。


午後からは4検体 測定emoticon-0158-time.gif

福島県の井戸水(2/11採取)
c0233009_2321756.jpg

Cs-137 ND (検出下限値 3.10Bq/kg)
Cs-134 ND (検出下限値 2.87Bq/kg)

測定中も何の反応もなく、不検出でした。
水の測定はシンチレーターでは難しく、正確にはゲルマでの測定がお勧めであること 再度説明させていただきました。

*次は玄米の測定。
ご自分で試したい事があると、
100Bq/kgの非流通の福島県の玄米を
大阪の玄米とブレンドしたもの
を3検体 測定ご希望でした。
当然 薄まって低い値で検出でした。
(値、控えそびれました…すみません!)

ちなみに
午後から 外せない用事があるとの事で
測定スタッフが 私1名!!!!
に、なる予定でしたが、
前日まで体調絶不調だったという島田さんが 病み上がりなのに駆けつけてくれました!
もし島田さんがいなかったらと思うと……多謝!!emoticon-0152-heart.gif
「1人じゃ、ご飯も食べれないんじゃ…」と上野さんが手作りパンケーキを差し入れに!
優しさのエッセンス入りemoticon-0166-cake.gif美味!!
c0233009_2321699.jpg

たけむらさんからは 用事終わったからと心配して電話がemoticon-0129-call.gif
奥森代表も 急いで 戻ってきてくれ、
スタッフのみんなの あったかさを感じ
良い測定所だよなぁ〜と、
しみじみ感じましたemoticon-0115-inlove.gif

今後、四条烏丸測定室でも見学会を行いたいと思います。
ぜひ、ご参加くださいませemoticon-0157-sun.gif
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-02-24 01:57 | 測定所見学会 | Comments(0)  

丹波橋測定所 2月見学会のお知らせ

奧森と申します。

京都・市民放射能測定所 丹波橋測定室での2013年2回目の見学会を下記のとおり開催いたします。

当日は、Cs-134、Cs-137が含まれている食品や自主測定の様子を見ていただきながら、測定器のこと、測定の基礎、測定結果の見方などについてお話させていただきます

みなさまの質問に可能な限りお答えいたします。お時間のある方はぜひ、見学会にお越しください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 京都・市民放射能測定所 丹波橋測定室
 2013年2月見学会のお知らせ

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆日時  2013年2月23日(土) emoticon-0158-time.gif10時~12時  emoticon-0160-movie.gif

◆場所  京都・市民放射能測定所 丹波橋測定室  emoticon-0159-music.gif 
 
       〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254 北川コンサイスビル203号
       tel/Fax:075-622-9870
        http://nukecheck.namaste.jp/image/map.gif

◆申込  見学希望の方は、メールで申し込んでください。
     
       申込先 emoticon-0154-mail.gif shimin_sokutei@yahoo.co.jp

☆みなさまのご参加をお待ちしております。 emoticon-0139-bow.gif
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-02-23 10:00 | 測定所見学会 | Comments(0)  

測定日誌(2月21日)

こんばんは、たけむらですemoticon-0111-blush.gif
今日は、島田さんと2人で四条烏丸測定室に入りました。

今週も、たかつかさ保育園の給食食材を測定させて頂きました。
園長先生自ら、検体をお持ち下さいました。
お話くださる言葉から、園の子どもたちだけでなく、避難して来られたお母さんや子どもたち、被災地の人々への愛が溢れていました。
温かく、強い--

お話を聞きながら、大人として、子どもたちのためにできること、こつこつ続けていくことが大事なのだと改めて思いました。

1検体目は、岐阜産の豚肉を(ミンチ状)を測定させて頂きました。
お持ち頂いた検体の形状、量、から、測定依頼を何度も重ねて下さっている給食担当の方の「測定しやすいように」というお心遣いも伝わって来ました。
ありがとうございますemoticon-0115-inlove.gif

結果は、30分測定で、
     Cs137(検出下限値 3.07Bq/kg)
     Cs134(検出下現地 2.92Bq/kg)
で、共に不検出でした。


2検体目は、宇治産の干し椎茸を、戻した戻し汁と一緒に測定。
30分測定で、検出下限値は、Cs134、137共に、3Bq/kgほどでしたが、すっきりしないデーターだったので、1時間半測定しました。
まだ、すっきりしないデーターなので、長時間測定にかけて帰りました。
プレマさんのご好意で、長時間測定もさせて頂き、ありがたいです。
本当にありがとうございます。

3月24日 梅小路公園で行われる
『もう原発はいらない!!~被災地進路応援チャリティー』 ママの気持ち企画
のチラシを持って訪ねて来て下さった方があり、色々話がはずみました。
「イベントで、測定所のパネル展示しませんか?たくさんの人に知って頂きたいです。」
と言って頂いたり、「扱ってる産直の産物を測定できたらいいな~」
と言うような話も---
期待しています!!是非、測りに来て下さい~emoticon-0152-heart.gif
お待ちしておりますemoticon-0100-smile.gif
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-02-22 01:05 | 測定日誌 | Comments(0)  

ほっこりかふぇ(2月20日)

こんにちは、たけむらですemoticon-0111-blush.gif
今日は、平井さん、鳥山さんと一緒に「ほっこりかふえ」でした。
お菓子を前日に作って下さった齋藤さん、ありがとうございますemoticon-0152-heart.gif

朝から、焼きたてこだわりの焼き芋を差し入れしてくださった上野さん、
ありがとうございました!
とっても、美味しかったです~うわさに聞いていた上野さんの差し入れ、
水曜日スタッフに入れてラッキーでした~emoticon-0115-inlove.gif

かふえの
参加者は、少なかったのですが、
仙台から避難して来られてまだ間もないお母さんが、可愛いお子さんと参加して下さいましたemoticon-0159-music.gif
「引っ越して来て間もないので、知り合いが居ないのです--」
とおっしゃられたので、色々情報交換させて頂きました。
炎兄さんの、まろやかな雰囲気をかもし出しながらも、素早いフットワークで、その場で電話して、人と人を繋いで下さる姿が、素敵でした~
「番長に言われて参加--」
とおっしゃていた炎兄さん、是非、毎回参加して下さいね~~emoticon-0105-wink.gif

帰り際に、初参加のお母さんに、
「来て良かったです。また来ますね!」
と言って頂け、スタッフ一同嬉しいかぎりです~

顔と顔会わせてゆったり話をする、そんな時間が、人と人を繋いでくれるんだな~と感じた1日でしたemoticon-0155-flower.gif

3月の「ほっこりかふえ」は、3月21日です。
(※スタッフの調整がつかず、延期となりました)

どうぞ、気軽に足を運んで下さいね!
お待ちしていますemoticon-0100-smile.gifemoticon-0162-coffee.gifemoticon-0102-bigsmile.gif
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-02-20 16:12 | ほっこりカフェ | Comments(0)  

報告してきました!「阪神・市民放射能測定所の開設を!成功させる集い」(2月17日・西宮市)

みなさま 奥森です
 
2月17日に開催された、阪神・市民放射能測定所の開所を!  成功させる集いで、放射能汚染のこと、市民測定所での経験のことなどをお話させていただきました。

集いの内容については、こちらを見てください。 

報告のレジュメを掲載いたします。

++++++++++
放射能汚染の現状と京都・市民放射能測定所の取り組み
2013.2.17 
奧森祥陽(おくもり・よしはる)
京都・市民放射能測定所(代表)
http://nukecheck.namaste.jp/ 
http://crmskyoto.exblog.jp/
うつくしま☆ふくしまin京都(事務局長)
http://utukushima.exblog.jp/ 
090-8232-1664/ rentai@s3.dion.ne.jp 

1 避難者の訴えから始まった京都での測定所づくり
 ・「放射能から避難したのに、放射能が追いかけてくる」
   東北応援セールでの「汚染食品」の販売
   学校や保育所給食での東北、関東産食材の使用  産地不公表、独自検査なし
   放射能汚染がれきの広域処理受け入れ
 ・「京都の人たちは無頓着。汚染が広がらないように取り組んでほしい」
   放射能問題への取り組みを強める  行政交渉など
   2011.11.27 市民放射能測定所開設キックオフ集会&食品測定会開催
   → 福島の汚染の実態に愕然。関西(京都)も人ごとではない。
     安売りスーパーの鶏肉から29Bq/kg±8Bq/kgの放射性セシウムを検出。
     12月に設立委員会を組織し、開設に向けた準備を始める。2012.5.19開所。

2 東電福一原発事故による放射能汚染の現状
・放射能汚染地図(早川教授作成) 福島のみならず、東北、首都圏にも深刻な汚染がもたらされた。
・文科省航空機モニタリング地図  ストロンチウム90はセシウム137の1/10~1/1000の濃度
 ・チェルノブイリと福島の比較 福島県のかなりの地域は「移住の権利」ゾーン
 ・ヨウ素131は首都圏もおそった  初期被ばくの深刻さ 首都圏からの避難者の多さ
 ・半減期30年のセシウム137はなかなか減らない  避難移住の必要性
 ・海の汚染状況は  ストロンチウム90の濃度はセシウム137の1/2  魚が危険

3 放射能汚染による健康被害が進んでいる
・「福島県内の18歳以下の子供を対象に行っている検査では約36%の子供の甲状腺にしこりなどが見つか」った(2012.8.27 産経新聞)
 ・「福島県立医大は18日、東京電力福島第一原発事故の発生当時に18歳以下だった県内の約36万人を対象に実施している甲状腺検査で、初めて「直ちに2次検査が必要」とされる子供が1人いたと発表した」(2012.11.18 読売新聞)
 ・福島県が行っている子ども(震災時18歳以下)の甲状腺検査で、新たに2人が甲状腺がんと診断されたことが、13日の県民健康管理調査の検討委員会(座長・山下俊一福島県立医大副学長)で報告された。昨年9月に判明した1人と合わせ計3人になった。他に7人に甲状腺がんの疑いがあり、追加検査を行う。(2013.2.13毎日新聞)

4 内部被曝の危険性はますます高まっている
 ・ 国の規制値 一般食品100Bq/kgは高すぎる
   食品安全衛生委員会の説明を聞いても、とうてい納得できる数字ではない
   100Bq/kgは生産者を守るための数値であって国民の命、健康を守りための数値ではない。
 ・ 国際的にはどうなのか
   原発推進を前提として規制値なので、どの国も高い
   チェルノブイリ原発事故を経験した国々は
   ドイツ放射線防護協会の提唱は参考になる
 ・ 食品汚染の実態は
   CRMS市民放射能測定所(福島)の食品測定結果から
   京都でも水産品、加工品から微量の放射性セシウムを検出
 ・ 放射能汚染の危険性はこれからますます高まっていく
   福一原発からは今もなお放射性物質が出続けている
   放射能汚染がれきの焼却問題
    放射能に汚染されたものは焼却してはいけない 
    汚染地域での焼却(しかも仮設焼却炉で)に加えて広域処理での汚染拡大
焼却灰や汚泥などが、肥料や建築資材としてリサイクルされ、日本全国に汚染が広がっていく
海にも汚染水が放出されている  魚介類への汚染のひろがり 

5 市民放射能測定所は内部被曝から命とくらしを守るための「ツール」
 
<京都測定所の呼びかけから>
 福島原発事故による放射能汚染は広範囲に広がり、私たちは放射能と向き合って生きていくことを余儀なくされています。政府が定める「基準値」以下の汚染食品が全国に流通し、大人も子どもも内部被曝を強いられています。
 こうした状況の中で、市民自らが放射能を測定し、放射線防護の知識を身につけ、正しく判断していくことが必要となっています。私たちは、そのための「ツール」として、関西初となる市民放射能測定所を2012年5月19日にオープンいたしました。
 京都でも、流通している加工食品等から放射性セシウムを検出することがあります。市民による監視の重要性を痛感しています。
 市民による放射能測定の全国的な取り組みは「すべての食品の放射能測定と公表」という大きな目標を実現する力になります。
 あなたも会員になって、市民の力で内部被曝から命とくらしを守りましょう!

6 放射能と向き合って生きる
(1)東電福一原発事故による放射能汚染の実態を正しく認識する。
(2)内部被曝、低線量被ばくについて正しく認識し行動する。
(3)東電福一原発事故被災者、避難移住者が当たり前に生きていくことができる社会をめざして、被災者、避難移住者とともに行動する。
(4)放射能汚染がれきなど、放射能汚染物質の拡散、環境汚染をこれ以上拡大させないために行動する。   
(5)放射能汚染の元凶である原発の即時廃炉のために闘う。
(6)ひるまず、あきらめず、粘り強く闘う。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-02-19 14:03 | 連携団体イベント | Comments(0)  

測定日誌(2月17日)

とりこですemoticon-0102-bigsmile.gif
測定スタッフの相方は楠本さんでした

この日は 2検体 測定しましたemoticon-0158-time.gifemoticon-0158-time.gif

1検体目、会員の方が可愛い お子さま連れで いらっしゃいましたemoticon-0159-music.gif
宇治田原町のお茶 飲む食べるお茶
c0233009_2313576.jpg


生産者さまが わけてくださったそうです。
違う種類の茶葉がブレンドされてますが、100%宇治田原町産とのこと。
粉末の状態です。

試料重量 667g
30分測定で
Cs-137のみに数値があり 2.87±3.92Bq/kg 統計誤差 >100% 検出下限値 5.31Bq/kg

検出下限値 以下であること、さらに統計誤差も>100%であり、有意な数値ではなく、不検出であると考えられましたが、
お急ぎでないとのことにて お預かりし
5400秒で
こんどはCs-134のみに数値があり
2.61±2.40Bq/kg 統計誤差91.8% 検出下限値 3.17Bq/kg
こちらも 先ほどと同じで、有意な値ではないです。

カリウムが多く含まれる茶葉にて、その影響で、スッキリした値が出にくいのかも。
不検出だと考えますが 念のため長時間測定かけて帰りました。

*2検体目は 会員の方と一緒に 避難者の方、京都在住の方が初来所されました。
玄米 京都府綾部市 H24年度産
c0233009_2313688.jpg


30分測定で
Cs-137のみ1.98±2.29Bq/kg 統計誤差>100% 検出下限値 3.65Bq/kg

下限値以下かつ統計誤差、目視でのピークもなく不検出と判断しましたが、
確認のため 30分延長し
Cs-137 ND 検出下限値 2.74Bq/kg
Cs-134 ND 検出下限値 2.54Bq/kg

と キレイに不検出となりました。

また、関東から北陸へ避難されていて、京都に住まいを移そうか検討中の方も 測定所の様子を見に おみえになりました。

午後からは定例のミーティングでしたが、
初めてミーティングに来られた方がいらっしゃったり、
新規会員になってくださる方がいたり、
来所者が多くて 活気のある1日でしたemoticon-0157-sun.gif
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-02-18 22:53 | 測定日誌 | Comments(0)  

【ご案内】2月17日(日)午後2時~・西宮市民会館・阪神・市民放射能測定所を開設しよう~成功させる集い

奧森です。
いよいよ、阪神・市民放射能測定所(西宮市)の開設運動がスタートします。
成功させるつどいのご案内です。
少し、お話をさせていただきます。
+++++++++++
 京都測定所の奥森さんを迎えて、京都測定所の取り組みに学びながら阪神測定所開設への期待を膨らませたいと思います。
 また、当日は、つむぎの家で食材を持ち込み、測定実演も行う予定です。是非ご参加ください。
 3月には、無料測定まつりも計画します。お楽しみに!!

 日時 2月17日(日)14時~16時
 場所 西宮市市民会館 
 内容 ●食品汚染の現状と京都市民測定所の取り組み
      京都・市民放射能測定所代表 奥森祥陽さん
     ●阪神・市民測定所開設準備会報告と今後の予定
     ●現地測定実地見学会(つむぎの家)
 参加費  300円

c0233009_15254439.jpg

[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-02-17 14:00 | Comments(0)  

四条烏丸測定室 開所式&無料測定会

2月16日(土)は
四条烏丸測定室 開所式&無料測定会でした。
c0233009_19155540.jpg

開所式のあいさつでは
奥森代表より
プレマ株式会社様と測定を通じて ご縁があった事、
丹波橋に市民測定所を設立する際には、
今回 ご提供いただいた測定ルームで測定実習をうけた事などの話がありました。

プレマ株式会社
http://www.prema.co.jp/
中川社長様からは
c0233009_2184283.jpg

原発事故後1ヶ月目で福島県へ行った際に、持っていった1個のガイガーカウンターが重宝される状況であった事、
福島県二本松にAT1320Aの測定器を送り、東京・京都にも測定器を購入・設置した経緯。
生産者の方々の現状。
生産者、消費者ともども守るためには、値を出し、消費者が自ら判断して購入する事が必要と考えている事。
放射性物質のみならず 生産者の高齢化や その他諸々の問題について 食について皆で考えていく必要があると思っているとの お言葉をいただきました。

奈良・市民放射能測定所
http://nara-shiminsokutei.blogspot.jp/?m=1
から来られた2名の方々からも、設立にいたった経緯や思いを伺いました。

検体測定では 2検体測定。
c0233009_2243121.jpg


奈良・市民放射能測定所様から いただいた
日本酒 純米大吟醸 春鹿 H24年12月製造
を 測ってみることに。
c0233009_2184330.jpg

30分測定で
Cs-137 のみ 1.28±1.97Bq/kg 統計誤差 >100% 検出下限値 3.24Bq/kg
統計誤差>100%であり、下限値を下回っていることからも不検出と考えられましたが、
確認、勉強のため 30分延長。
Cs-137 ND (検出下限値 2.43Bq/kg)
Cs-134 ND (検出下限値 2.31Bq/kg)

で、不検出となりました。
奈良・市民放射能測定所の皆さま ありがとうございます。

宮城県気仙沼カツオのタタキ
2012年製造のものを冷凍してあったと。
c0233009_2184453.jpg

量がなかった為、ご依頼の方にご了承得て500mlの容器で測定しました。

30分測定で
Cs-137、134とも数値では でなかったのですが、
検出下限値がCs-137が10.3Bq/kg、Cs-134が9.73Bq/kgと高めであり、目視でも怪しい感じだったので、お預かりして、念のため営業時間いっぱいの2時間まで延長しました。

結果、
Cs-137 6.17±3.75 Bq/kg 統計誤差 60.8% 検出下限値 6.10Bq/kg ピークなし
Cs-134 ND 検出下限値 5.73Bq/kg

という結果でした。

・セシウム137ではない何らかのもの(661.6keVに近いエネルギーをだすもの)が含まれている。
・セシウム134が今回 測定途中も まったく反応なかったことより
福島原発由来ではない。

と思われます。
500mlの容量での測定、さらに、陸と違い海産物の測定は難しいなと勉強させていただきました。

また、この日は
一般の参加者として
OKレストランMAPの制作者の方
( 京都 OK レストラン で ぜひ検索してみてください)

*展覧会の間の空き時間に 映画の上映会や、避難者のお話会、その他のイベントをされている堺町画廊の方
http://sakaimachi-garow.com/blog/


*フリーの映像ディレクターの方

が来てくださいました。

たくさんの方々の それぞれの想いに触れた1日でした。
たくさんの想いに応えられる測定所に近づけれるよう、存続できるよう、スタッフ一同 頑張りますので、
今後とも 京都市民放射能測定所を よろしくお願い申し上げます。

(文:とりこ)
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-02-16 11:02 | 測定所見学会 | Comments(0)