カテゴリ:連携団体イベント( 15 )

 

綾部ひまわり共同保育所でお話をさせてもらいます。

奥森です。
 いつも、京都測定所をご利用いただいている「綾部ひまわり共同保育所」の子育て講座の中で、「食品の放射能測定から見えてきたもの」というタイトルで、お話をさせていただくことになりました。
 測定所から、3名で参加します。

 子育て講演会終了後、有志で、「京都府北部に市民測定所を作ろう会(仮称)」の立ち上げ会ももたれます。
 昨秋に開催した「市民測定所まつりin綾部」の取り組みが、今回に取り組みへとつながってきていることに、感激しております。京都北部での測定所開設については、京都測定所としても総力をあげて取り組んでいきたいと考えております。

 みなさまも、北部測定所の開設に向けて、ご支援をよろしくお願いします。
+++++++++++++++++++
c0233009_12494222.png

[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-02-28 13:00 | 連携団体イベント | Comments(0)  

ご案内:OurPlanetTV・白石草さん講演会(1月10日・キャンパスプラザ京都2階ホール)にご参加ください!

c0233009_1303124.jpg

c0233009_1303782.jpg


みなさま
京都・市民放射能測定所代表の奥森です。

 京都の測定所も主催団体に加わり、OurPlanetTV代表理事の白石草さんの講演会&上映会を開催します。ぜひ、ご参加ください。
++++++++++++++
◆名称 「ルポ チェルノブイリ 28年目の子どもたち~ウクライナの取り組みに学ぶ」
      白石草さんを励ます講演会と上映会
◆日時 1月10日(土)10:00~12:00 (開場9時30分)
◆場所 キャンパスプラザ京都・2階ホール
◆参加費 1,000円、学生500円、避難者無料
◆内容   書籍にまつわるトーク、新作ビデオの上映


 OurPlanetTV代表の白石草さんによる書籍「ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち~ウクライナの取り組みに学ぶ」が岩波ブックレットより12月5日に刊行されました。本書は「チェルノブイリ28年目の子どもたち~低線量被曝の現場から」の活字版です。

 1986年に発生したチェルノブイリ原発事故から28年が経つウクライナを現地取材しがんや白血病をはじめ様々な疾患から子どもたちの命と健康を守るため、に、学校と医療機関の連携や定期的な保養など、国・自治体によってどのような取り組みが行われているかを更に詳細にまとめたものです。

 ウクライナの取り組みに学び、日本に生かすためには人と人とのつながりが重要だと白石さんは考えています。つきま しては出版を記念し白石草さんを励ます会を催したいと存じます。年始のご多忙中恐縮ですがぜひご参加ください。

 主催 龍谷大学松浦研究室 さぽーと紡 京都・市民放射能測定所 OurPlanetTV
 お問い合わせ (担当・松浦)09092539400 Email matsuura@policy.ryukoku.ac.jp

+++++++++++++++
白石草さん(特)OuePlanetTV代表理事
1969年生まれ。93年早稲田大学卒業後、テレビ朝日系の制作会社、東京メトロポリタンテレビジョンを経て2011年、非営利のインターネット放送局「OurPlanet‐TV」を設立。05年NPO法人となる。12年、日本女性放送者懇談会の「放送ウーマン賞」、日本ジャーナリスト会議の「JCJ賞」を受賞。福島原発事故を巡る東京電力のテレビ会議を題材にしたドキュメンタリーで14年、日本科学技術ジャーナリスト会議の「科学ジャーナリスト大賞」を受賞した。活動内容や自主上映申し込みはhttp://www.ourplanet-tv.org/


チラシはこちら
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-01-07 01:42 | 連携団体イベント | Comments(0)  

14日の測定所学習会にぜひお越しください!

上野@事務局です。

 14日の測定所学習会については、奥森さんから流れているところですが、講師・渡辺悦司さんと山田耕作さん他の共著「福島原発事故により放出された放射性微粒子の危険性」という論文をつまみ読みしてみました。

 タイトルのとっつきにくさと違い、大変興味深い内容でした。まず、第1章「放出された放射性微粒子に関する主要な研究成果」では、各地で見つかり「黒い物質」と呼ばれている黒い粉塵について、性質の違う2種類の微粒子があるとし、この紛体が核分裂生成物だけでなく「燃焼しなかった核燃料の一部」も含んでいる可能性が高いこと、「黒い物質」は現在も、多くの住民の生活空間に存在し、戸 外で遊ぶ子どもたちを確実に内部被ばくに導いていること などが結論づけられています。

 また第3章「再浮遊した放射性微粒子の危険と都心への集積傾向」では、福島に近い栃木(宇都宮)、群馬(前橋)、埼玉(さいたま)などよりも東京(新宿)の方がセシウムの降下量が高い原因が追究され、①福島で放出された放射性物質が一度海上に出てから東風に乗る形で東京に届きやすい自然条件②人口の多い東京でのゴミや産業廃棄物の焼却による再汚染③物流や交通機関に伴う首都圏への放射性微粒子の集積などがあげられています。また、近く予定されるえいます。常磐自動車道の開通や2017年春に予定されるJR常磐線の全線開通は東京都心への放射性微粒子の集積をさらに促進するであろうとの予測が提起されています。

 さ らに、そのことは東京圏におけるがんや心筋梗塞をはじめあらゆる病気の急増という破局的な結果をはらんでおり、その兆候はすでに現われているとして、順天堂大学付属病院のホームページに掲載されている悪性リンパ腫などさまざまな病気の急増、井上眼科病院の患者統計に示されている白内障患者の急増などが紹介されています。

 国連科学委員会(UNSCEAR)や国際原子力機関(IAEA)の「権威」を借りて、政府や福島県立医大に巣食う御用医学者たちが「放射線の健康への影響はない」とどれだけ宣伝しようとも、放射線被ばくの影響で小児甲状腺がん以外のさまざまな病気が急増していることは、月刊「宝島」での明石昇二郎さんの連載などでも明らかですが、渡辺さんたち の共同論文は、すでに世に出ている資料を通じて、そうした事態の背景を明らかにしているところに独自の意義があると思われます。

 14日の学習会では時間の関係もあり、どういう点に力点を置いて話があるのかわかりませんが、そして多少専門的な話が入って難しいかも知れませんが、そのテーマは極めて今日的であり、聞かないと損をすると言っても過言ではないと思います。まだ迷っておられる方はぜひ参加されるようお薦めします。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-12-12 00:56 | 連携団体イベント | Comments(0)  

第2回市民測定所まつりin綾部 こんな感じです。

c0233009_13175097.jpg

会館入り口の案内板(23日)

c0233009_13182269.jpg

会館内の案内板(23日)

c0233009_13184191.jpg

無料測定会の案内板(23日)

c0233009_131849100.jpg

無料測定会の様子1(23日)

c0233009_1318531.jpg

無料測定会の様子2(23日)

c0233009_1319166.jpg

写真展の様子(23日)

c0233009_1319937.jpg

原発賠償訴訟原告(原発避難者)のお話会(24日)

c0233009_13191656.jpg

原告のお話(24日)

c0233009_13192680.jpg

避難者の子どもさんたち テスト前で勉強中デス
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-11-24 13:25 | 連携団体イベント | Comments(0)  

【ご案内】「第2回市民測定所まつりin綾部」にご参加ください。

c0233009_11173557.png

c0233009_11174273.png


*************************************
 第2回市民測定所まつりin綾部
 ― 京都・市民放射能測定所―

**************************************
11月23日(日)13:00~17:00
11月24日(祝)10:00~15:30
綾部市・市民ホール(綾部市宮代町1番地・JR綾部駅徒歩5分)

+++++++++++++++++++++++++++++
●23日(日)13:00開場・17:00終了
 13:00 ~ 17:00 無料測定会(食品の放射能測定)
 13:00 ~ 17:00 飛田普秀写真展(福島県三春町出身)
              「福島のすがた― 3/11 で時間の止まった町」
 13:30 ~ 14:30 ホットスポットファインダーによる
              測定デモンストレーション
 15:00 ~ 16:30 測定所講演会(測定所代表)
              「食品の放射能検査から見えてきたもの」

●24日(祝)10:00開場・15:30終了
 10:00 ~ 15:00 無料測定会(食品の放射能測定)
 10:00 ~ 15:30 飛田普秀写真展(福島県三春町出身)
 10:00 ~ 11:30 原発賠償京都訴訟原告のお話会
        「避難の権利の確立・子どもの未来を守る」
 11:30 ~ 12:30 ホットスポットファインダーによる
 13:00 ~ 14:00 測定デモンストレーション
 14:00 ~ 15:30 大飯差止(京都脱原発)訴訟弁護団・原告団のお話会
        「大飯差止福井判決の意義と京都訴訟への参加の呼びかけ]

***********************************************
どなたでも参加できます。ご家族そろっておこしください!
まつりの内容は変更する場合がありますので、詳しくは下記のブログでご確認ください!
http://crmskyoto.exblog.jp/

***********************************************
京都・市民放射能測定所がやってくる
食品の放射能検査を無料で行います!

・23 日(日) 13 時受付、17 時まで(6検体を予定)
・24 日(祝) 10 時受付、15 時まで(7検体を予定)


 太っ腹企画! というより、命がけ企画!!です。
 総重量が130kgもある重たい放射能測定器を、エレベータ-のないビルの2階にある「京都・市民放射能測定所」から搬出するのは、まさに命がけの作業です。2日連続で実施する「無料測定会」では、1検体あたり30分の測定を行ないます。検出下限値は検体の重量により異なりますが、お米の場合ではCs-137で3Bq/kg程度です。食品の検査を希望される方は、細かくみじん切りにした食品を1リットル以上(1kgではありませんのでご注意ください)をご持参ください。計量カップではかるか、1リットルの牛乳パック等にしっかりと詰め込んでご持参ください。

 腐りやすいものはご遠慮ください。希望者が多数の場合は、お持ちいただいた食品すべてを測定できない場合がありますので、ご了承ください。
***************************************
福島県三春町出身写真家
飛田普秀写真展

福島のすがた
~3・11で時間の止まった町~

23日(日)13:00~17:00
24日(祝)10:00~15:30
++++++++++++++++++++++++++++++
 ホットスポットファインダー(GPS連動型空間線量率自動記録システム)による空間放射線量の測定とマッピングのデモをおこないます。
 みなさまお楽しみに!


<講演会・お話会企画>
●23日(日)15:00~16:30 測定所講演会
「放射能測定からみえてきたもの」 参加費500円

 講師は、京都・市民放射能測定所代表がつとめます。福島第一原発事故による放射能汚染の実態、福島県の県民健康調査に見られる健康被害の事実、測定所での測定結果から見えてくる内部被曝の危険性についてお話します。

●24日(祝)10:30~12:00 原発賠償訴訟原告のお話会
「避難の権利・子どもの未来を守る」 参加費500円

 国と東京電力に対して、事故の責任追及と損害賠償の支払いを求めて、福島等から京都に避難している54世帯144人が京都地裁に提訴しました。同様の訴訟は大阪、兵庫など全国で行われています。こどもたちの命を守るために、避難という選択をしたことは正しかったことを明らかにする裁判です。ぜひ、原告の話をきいてください。

●24日(祝)14:00~15:30 大飯差止京都訴訟原告団・弁護団のお話
 「大飯差止福井判決の意義と京都訴訟への参加の呼びかけ」 参加費500円

 「個人の生命、身体、精神および生活に関する利益は、各人の人格に本質的なものであって、その総体が人格権であるということができる。人格権は憲法上の権利であり、また人の生命を基礎とするものであるがゆえに、我が国の法制下においてはこれを超える価値を他に見いだすことはできない」(2014.5.21 福井地裁判決)。画期的な福井地裁判決を活かして、京都地裁でも差止判決をかちとるために、あなたも原告のひとりになってください。脱原発京都訴訟弁護団、原告団世話人のお話を聞いてください。
******************************
(主催)京都・市民放射能測定所
〒612-8082 京都市伏見区両替町9 丁目254
北川コンサイスビル203 号
Tel:090-8232-1664 Fax:075-622-9870
e-mail:shimin_sokutei@yahoo.co.jp
http://nukecheck.namaste.jp/
*****************************

第2回市民測定所まつりin綾部のチラシはこちら
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-11-23 13:01 | 連携団体イベント | Comments(0)  

第4回無料測定会のお知らせ

佐藤です。


京都市民放射能測定所から、
第4回無料測定&測定所見学会の
お知らせです。


9月21日(日)13時~16時 丹波橋測定室にて

無料測定は、3検体限定で受け付けます。

詳しい内容、予約方法はこちら
   ↓
http://nukecheck.namaste.jp/muryo_sokutei.html


また、測定しないけど見学したいという方も大歓迎です。お待ちしています。

なお、当日午前中は勉強会を開催する予定です。詳細決まりましたらお知らせします。

よろしくお願いします。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-08-29 13:31 | 連携団体イベント | Comments(0)  

講演&学習会 食品の放射能を測定してみよう!

奥森です。
測定所会員の山口さんからのメールを掲載させていただきます。

++++++++++
山口です。

生活共同組合コープ自然派京都の組合員活動グループ
脱原発アオギリからの講演&学習会のお知らせです。

主催:生活共同組合コープ自然派京都・脱原発アオギリ
イベント ID:0613703

講演&学習会 市民放射能測定所の意義と測定の実際
~食品の放射能を測定してみましょう~


東京電力福島第1原子力発電所の事故による環境への放射能汚染は拡大し続けています。

コープ自然派では食材の放射能測定を実施し安全供給に努めていますが、社会全体としては食品の流通、震災の瓦礫の移動と焼却によって内部被曝の危険性はますます増大しています。
私達は食卓を守っていくための判断材料として「現実を正しく把握することは必要なことであり、当然の権利である」という世論を広く形成していく必要があるのではないでしょうか?

福島における市民放射能測定所の設立に、1986年のチェルノブイリ原子力発電所の事故後から活動を継続してきたフランスやドイツの市民測定所の影響や協力がありました。

中立な立場の市民の手で食材の放射能測定を行い可視化すること、情報を発信、提供していくことの意義について、設立1周年を迎えた「京都・市民放射能測定所」代表の奥森祥陽氏から、お話を伺います。また、測定器を使って実際に測定し、モニターのグラフや数字の意味についても解説していただきます。測定器はベラルーシ製ヨウ化ナトリウムシンチレーターAT1320Aです。
質疑応答の時間も確保していますので、この機会に日頃の疑問を持ち寄り共に学んでいきましょう。

日 時:  6月15日(土)  13:00~16:00 (開場12:40)
講 師:  奥森祥陽氏(京都・市民放射能測定所代表)
場 所:  京都・市民放射能測定所
       四条烏丸測定室(プレマヴィレッジ京都内)
参加費:  中学生以上 (組合員 100円  一般 200円)  
       小学生以下 (無料)
定 員:  20名  (定員に達した場合は先着順)


申し込み締め切り: 6月13日(木) 17:00

※託児はありません。お子様を同伴される方は保護者においてご配慮下さい。

申し込み先:コープ自然派組合員サービスセンター 0120-408-300
携帯・IPフォンからは 088-603-0080
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-06-15 13:00 | 連携団体イベント | Comments(0)  

阪神測定所いよいよ開設!

c0233009_11252125.jpg


奥森です。

いよいよ阪神・市民放射能測定所が開所します。本日開所の集いがありますので、京都測定所を代表して参加してきます。
また報告します。

阪神測定所いよいよ開設!
開設のつどい案内
http://hanshinshs.blog.fc2.com/
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-05-06 11:26 | 連携団体イベント | Comments(0)  

奈良・市民放射能測定所オープニングセレモニー始まる

奧森です。
今日は、京都の丹波橋測定室によって奈良にきたので、開会に遅れてしまいました。

当直すると、守田さんの講演が始まったところでした。

講演する守田敏也さん
テーマは、「低線量・内部被曝の危険性と市民放射能測定所の役割」
c0233009_10564676.jpg

c0233009_1111472.jpg


守田さんの講演に聞きいる参加者
c0233009_10575817.jpg


私のお土産は、福島県産ひとめぼれ玄米+パーティー用のスパークリングワイン2本。
玄米は、ゲルマニウム半導体検出器で測定済みのもので、CRMS福島から送ってもらったものです。
c0233009_113322.jpg

セシウム137 3.63±0.45 Bq/kg 検出限界放射能濃度0.87Bq/kg
セシウム134 1.87±0.37 Bq/kg 検出限界放射能濃度0.99Bq/kg

奈良・市民放射能測定所の「CSK-3i」の精度確認に使っていただければと思っています。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-03-09 11:04 | 連携団体イベント | Comments(0)  

3月9日(土)奈良・市民放射能測定所オープニングセレモニー

c0233009_23265355.jpg

[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-03-09 10:00 | 連携団体イベント | Comments(2)