カテゴリ:測定所勉強会( 15 )

 

第11回測定所勉強会 「トリチウムの危険性」

みなさま
京都・市民放射能測定所代表の奥森と申します。

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、、京都北部・市民放射能測定所たんぽぽ、おうみ市民放射能測定所の2カ所が開所し、西日本ネットの仲間に加わりました。嬉しい限りです。
京都・市民放射能測定所も、みなさんと一緒にがんばっていきますので、今年もよろしくお願いします。

さて、新年最初の勉強会の案内です。
ぜひ、ご参加ください。

申込みは、奥森rentai@s3.dion.ne.jp まで。

<拡散希望>
+++++++++++++++++++++++++++++
第11回測定所勉強会
トリチウムの危険性 ―― 汚染水海洋放出、原発再稼働、再処理工場稼働への動きの中で改めて問われるその健康被害

++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆日時  2016年1月11日(月・成人の日)11:00~13:00

◆場所  京都・市民放射能測定所(丹波橋測定室)
     http://nukecheck.namaste.jp/image/map.gif

◆講師  山田耕作さん、渡辺悦司さん

◆定員  20名まで。

◆参加費 測定所会員500円、一般700円




皆さま
 渡辺悦司より

原発や核施設で発生する水素の放射性同位元素であるトリチウムの危険性について、放射線医学が専門の内科医、遠藤医師が中心になって、添付の論文を山田さんと共同で書きました。

ご存じの通り、トリチウムは、現存のどのような技術によっても除去できないので、原発や再処理工場から、無処理で、無制限に、大量に、大気中・海水中に放出されています。

トリチウムをめぐる情勢は、極めて切迫しています。

政府や原発推進勢力は、いま、福島原発事故によってたまったトリチウムを含む大量の汚染水をすべて、希釈して海洋に廃棄しようとしています。
また、加圧水型原発はトリチウムの放出量が沸騰水型に比べて大きいのですが、このような型の原発を次々と再稼働して行こうとしています。
さらに、再処理工場は桁違いに大量のトリチウムを放出するのですが、政府は六ヶ所再処理工場の「アクティブ試験」という名の部分稼働を続けて大量のトリチウムを放出しながらながら、17年3月には本格稼働を目指しています。

政府や原発推進勢力は、トリチウムの危険性を人為的に無視し過小評価することによって、トリチウムの無際限の環境中への放出を正当化してきましたが、このような動きに対応して、最近、「トリチウム安全」宣伝は、一段と強化さ
れています。

このような情勢の中で、トリチウムの危険性について議論を深めることは、脱原発運動の極めて重要な焦眉の課題となっています。

この論文が、トリチウムの危険性についての議論と理解を深めていくための一助となることを願い、謹んで送付させていただきます。

どうかご意見、ご批判、ご質問などお寄せいただければ、ありがたく存じます。
皆さまの議論をふまえて、さらに改訂していきたいと思っております。

なお論文の要旨は以下のとおりです。

------------------------------------------------

トリチウムの人体への影響は過小評価され続けてきた。それは、原水爆実験のみでなく、原発や再処理工場からのトリチウムの日常的放出をも正当化するためであったと思われる。

そして今、福島原発事故によって放出されたトリチウムの正確な量さえも明らかにされない中、大量のトリチウムを含む汚染水を海洋に放出しようという目論見が画策され、マスコミや御用学者によって「トリチウムは危険性が低い。
よく理解し、冷静に受け止めることが大切」などという言説が流されている。

しかしながら、すでにマウスの実験などを通して「トリチウムが特定臓器のDNAやヒストン蛋白に結合する」ことが証明されているし、かつて米国で行われた人体実験によって「トリチウム水の水蒸気が、ヒトではネズミの四倍の速さ
で皮膚から吸収される」ことが確認されている。

ICRPが定めたトリチウムの線量係数は、その前提となる生物学的半減期が非常に短く設定されており、あたかも人体に影響がないかのように過小評価されてきたのである。

世界の核施設周辺では、子供たちの健康被害が数多く報告されてきたが、その多くが、「原因不明」とされてきた。

日本では、特に加圧水型原子炉から大量のトリチウムが海に日常的に放出されてきたが、実は六ケ所再処理工場のアクティブ試験では、年間その10倍以上のトリチウムが放出されてきた。

再処理工場が本格稼働すれば、さらに桁違いのトリチウムが放出されてしまうことになる。
未来の子どもたちのために、今我々が無関心であってはならない。

要約:遠藤順子



[PR]

by sokutei_kyoto | 2016-01-11 11:00 | 測定所勉強会 | Comments(0)  

【ご案内】第10回測定所勉強会「福島こども尿中セシウム報告会」

みなさま

奥森です。複数のMLに投稿しています。重複ご容赦ください。

測定所勉強会のご案内です。
開場は、京都・市民放射能測定所ですので、定員は20名です。
興味深い内容ですので、ぜひご参加ください。

+++++++++++++
第10回測定所勉強会
「福島こども尿中セシウム報告会」



◆日時  2015年11月22日(日)10:00~12:00

◆場所  京都市民放射能測定所

◆講師  斉藤さちこさん

◆内容  

 福島の子どもたちの尿に含まれるセシウムの測定を行うプロジェクトを担ってきた斉藤さんに、取り組みの報告をしていただきます。
 大変興味深い内容のお話をお聞きできると思います。ぜひ、ご参加ください。
 
◆参加費 会員300円、一般500円

◆定員  20名

◆申込み 参加希望の方は必ずメールでお申し込みください。
  *shimin_sokutei@yahoo.co.jp


[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-11-22 10:00 | 測定所勉強会 | Comments(0)  

【ご案内】第9回測定所勉強会「原発再稼働の政治経済学」にご参加ください!

c0233009_2234419.png


測定所だよりNO4はこちら

資料もアップしました
「Fukushima 電源構成案が想定する事故確率について」はこちら

「Fukushima 電源構成案が想定する事故確率について」はこちら
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-06-20 13:31 | 測定所勉強会 | Comments(0)  

【ご案内】第9回測定所勉強会 政府の「2030年電源構成」を考える―その意図、欺瞞、結果(6/20(土)13:30

みなさま 
奥森です。

第9回測定所勉強会をご案内します。
今回は土曜日の午後に、会議室を取っての開催です。
3時間ほどの予定で開催します。
ぜひ、ご参加ください。

c0233009_174182.png


京都・市民放射能測定所だより 号外 2015.5.24発行
測定所第9回勉強会
政府の『2030年電源構成』を考える
―その意図、欺瞞、結果


 ◆日 時 2015年6月20日(土)午後1時30分~4時30分
 ◆場 所 京都市呉竹文化センター・第1会議室(近鉄・京阪丹波橋駅下車すぐ)
 ◆講 師 渡辺悦司さん(大阪市立大学経済学部大学院博士課程単位取得、政治経済学・経済史学会会員)
 ◆参加費 測定所会員・避難者・学生500円、一般700円
 ◆申 込 定員は28名です。メールにて事前に申し込んで下さい。
 ◆申込先 shimin_sokutei@yahoo.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(1)政府の発電コスト計算では原発が最も安価な発電方法となっているが、これにはどんなからくりがあるのか?
(2)政府の計画だと、原発をどの程度再稼働し、新増設することになっているのか?
(3)福島原発事故の影響が深まっていく中でこのような計画が実施されると、いったいどんな結果が生じるのか?
  参加者のみなさんと一緒に考えていきたいと思います。
++++++++++++++++++++++++++++++++++


第9回勉強会の案内チラシはこちら
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-06-20 13:30 | 測定所勉強会 | Comments(0)  

学習会資料をアップしました。

本日の勉強会「『放射線被曝の理科・社会』の問題点」の資料をアップします。
ダウンロードしてお使い下さい。

「『放射線被曝の理科・社会』の問題点」はこちら
学習会資料(パワポ)はこちら

「付表 福島県立医科大学付属病院の診療実績統計 福島県立医科大学付属病院の診療実績統計 福島県立医科大学付属病院の診療実績統計 (DPC DPC包括医療費 包括医療費 支払制度統計 データより集支払制度統計 データより集支払制度統計 データより集)に見る 原発事故後の 原発事故後の がんを含む がんを含む 疾病 の全般的な増加傾向 の全般的な増加傾向 について」はこちら
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-04-19 19:05 | 測定所勉強会 | Comments(0)  

【ご案内】第8回測定所勉強会「放射線被曝の理科・社会」の問題点(4月19日・日・10時~12時)

第8回測定所勉強会
「低線量被爆の理科・社会」の問題点
定員の20名を超えましたので、締め切らせていただきます。
またの機会をお楽しみに!!



c0233009_1653648.png


 みなさま 京都・市民放射能測定所の奥森と申します。

 第8回測定所勉強会のご案内です。
 統一地方選後半戦の告示日と重なっておりますが、大変重要なテーマでの学習会ですので、ぜひともご参加下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
第8回測定所勉強会
 

「放射線被曝の理科・社会」(かもがわ出版)の問題点

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆日時 2015年4月19日(日)10時~12時

◆場所 京都・市民放射能測定所

 http://nukecheck.namaste.jp/image/map.gif

◆テーマ 「放射線被曝の理科・社会」の問題転

◆講師

 山田耕作さん(元京都大学大学院理学研究科・理学博士)
 渡辺悦司さん(大阪市立大学経済学部大学院博士課程単位取得、政治経済学・経済史学会会員)

◆定員  20名

◆申込み メールにて事前に申し込んで下さい。
 
 申込先 shimin_sokutei@yahoo.co.jp
 
◆参加費 会員300円、一般500円

+++++++++++
 昨年12月に、かもがわ出版から刊行された「放射線被曝の理科・社会 4年目の『福島の真実』」と言う本をご存じでしょうか?

 著者は、児玉一八さん( 原発問題住民運動全国連絡センター代表委員)、清水修二さん(元福島大学副学長)、野田邦和さん(原水爆禁止世界大会実行委員会運営委員会代表・福島大学客員教授)の3名です。
 
 「美味しんぼ」を巡る論争を契機に、反原発運動の側にいる学者や反原発活動家により書かれたものです。
 
 どんなことが書かれているかというと
 
 ・福島第一原発事故による放射能による目に見える被害はない
 ・福島県民の被ばく線量で被ばくが原因の鼻血は出ない
 ・美味しんぼの最大の問題は福島に住めないという扇動
 ・今見つかっている小児甲状腺がんは放射能に起因するものではないといってまず間違いない
 ・10ミリシーベルト以下の被害があきらかになることはないだろう

 などなど。

 なぜ、彼らは、反原発を主張しながらICRPを見解を支持するのであろうか?
 
 測定所勉強会では、お二人の講師から、この本の問題点をシャープに語っていただきます。
 
 ぜひ、ご参加ください。
 
測定所だよりNO3はこちら
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-04-19 10:00 | 測定所勉強会 | Comments(0)  

第6回勉強会の感想特集

みなさま
 2月15日(日)10時~12時まで、京都・市民放射能測定所(丹波橋測定室)おいて、「第6回測定所勉強会」を開催しました。テーまは「原発事故、その時あなたは―避難計画の問題点―」でした。講師の市川章人さんから、1時ほどお話をいただいた後、大飯差止・脱原発京都訴訟原告団事務局長の吉田さんから、15分ほど裁判の現状や原告加入の訴えをしていただきました。

 質疑、意見交換では、版境界に参加していただいたフリライターの守田敏也さんから、丹波篠山市での避難計画の検討会議の様子をリアルにお話いただきました。
 
 参加者は、講師を除いて15名でしたが、とてもおもしろい勉強会となりました。
 写真を取り忘れました。参加者の感想をお伝えします。

+++++++++++

1 市川章人さんのお話はいかがでしたか?

・いい加減な避難計画だとは思っていましたが、色々具体的に教えていただいてありがとうございました。

・市川さん、守田さんの話で共同がひろがる議論の話に希望をもらいました。

・非常にわかりやすい説明で良かったが、時間が短いので継続した学習の必要性を感じた。

・原発再稼働反対は受け入れられない人々がいますが、避難計画の問題点などを話しながら、危険性
を訴えるのは効果的。守田さんの「その後の話」はぜひ、お話として聞きたいです。ヨウ素剤は必要とはいえ、これを配らねばならない今がとても悲しいですね。

・避難計画の意味がより深く理解できた。原発災害、自治体職員、自衛隊員の意味はよくわかり・・・目からうろこ。

・地方自治体の役割、住民の生命を守る総合的役割をリアルに問い直される時ですね。


2 今後の勉強家で取り上げて欲しい内容がありましたら、お書きください。・食べ物の放射能汚染の実際を知りたい。特に海の食べ物について

・吉田さんの裁判の報告を聞くことができて良かった、守田さんのお話を聞いて、運動の広がりの可能性を感じた。なるべく多様な切り口で多くの人と話ができるようにしていきたい。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-02-19 10:45 | 測定所勉強会 | Comments(0)  

測定所勉強会:原発避難計画の問題点 まだ空きがあります。ぜひご参加ください。

みなさま 奥森と申します。

 測定所勉強会「原発事故、その時あなたは―避難計画の問題点―」が近づいてきました。
 まだ空きがあります。関心のあり方はぜひ、ご参加ください。

 参加希望の方は、メールで申し込んでください。
  <申込先>shimin_sokutei@yahoo.co.jp

<拡散希望>
***************************************
第6回測定所勉強会
原発事故、その時あなたは
―避難計画の問題点―

***************************************
 原発推進勢力は、福島原発事故の反省も全くなく、川内原発、高浜原発の再稼働を狙っています。今回は、「若狭原発群で事故が起きたらどうなるか」
「自治体が策定する原発避難画の問題点」について、市川章人(いちかわ・あきと)さんを講師に招き、6回目となる測定所勉強会を開催します。
 
 「原発避難計画」は「住民被ばく計画」でしかなく、原発をなくす以外に解決しないことが、はっきりと理解できると思います。ぜひ、ご参加ください。

◆日時2月15日(日)10時~12時
◆場所京都・市民放射能測定所(丹波橋)
  http://nukecheck.namaste.jp/image/map.gif
◆講師市川章人(いちかわ・あきと)さん
(日本科学者会議会員、科学教育研究協議会会員、非核の政府を求める京都の会常任世話人)
◆プログラム
  9:45 受付開始
 10:00 開会
 10:05 市川章人さん講演(60分)
 11:05 大飯差止京都訴訟原告加入の訴え
 11:20  質疑応答
 11:50  アンケート記入、お知らせ
 12:00 終了、片付け
◆参加費500円
◆申込み 参加を希望される方は必ず、メールで申し込んでください。
 <申込先>shimin_sokutei@yahoo.co.jp



[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-02-15 10:01 | 測定所勉強会 | Comments(0)  

【ご案内】今、日本の食はどうなっているか 講師:平賀緑さん

【ご案内】第3回測定所勉強会 平賀緑さんとの勉強会(第1回)にご参加ください。

みなさま 奥森と申します。

 京都・市民放射能測定所主催の第3回勉強会は、「持続可能な食とエネルギー情報室」代表の平賀綠さんをお招きして開催します。平賀さんとの勉強会は、2回連続となります。
 定員は20名です。ふるって申込ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++

第3回測定所勉強会
「今、日本の食はどうなっているのか」(仮題)

平賀緑さんとの勉強会(第1回)

+++++++++++++++++++++++++++++++

◆日時  2014年6月29日(日)午前10時~12時

◆場所  京都市民放射能測定所(丹波橋測定室)
   http://nukecheck.namaste.jp/image/map.gif

◆テーマ 「今、日本の食はどうなっていのか?」(仮題)

◆プログラム (1)事務局から
       (2)平賀綠さんのお話
       (3)質疑応答・意見交換
       (4)お知らせ、お願いなど

◆参加費 測定所会員500円、一般800円

◆勉強会終了後、お昼ご飯を食べながら、交流しますので、お弁当などお昼ご飯をご持参ください。

◆申込  定員は20名です。
      参加希望の方は、メールで申込をしてください。
      申込先 shimin_sokutei@yahoo.co.jp
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-06-14 22:53 | 測定所勉強会 | Comments(0)  

守田敏也さんとの勉強会(第2回)の感想です。

守田敏也さんとの勉強会(第2回)の感想です

 2月23日(日)午後1時から開催した、守田敏也さんとの勉強会(第2回)は、「内部被ばく」に勉強しました。参加は16名でした。

 最初に、内部被ばくが意図的に軽視されている現在の状況が作られた歴史的な背景をお話いただきました。続いて、放射線の特徴と被ばくのメカニズム、内部被ばくの危険性についてわかりやすく、お話いただきました。
 
 あっという間に2時間が過ぎました。
 参加者から、感想を寄せていただきましたので、お知らせします。

 1 守田さんのお話はいかがでしたか?

・歴史的経過をしっかり確認できた。詳細な事実を関連つけて話してもらった。

・改めて勉強し直すことができた。とてもわかりやすく教えていただきありがとうございました。今後、自分も発信する能力を身につけるよう、努力します。

・はじめの被ばくについての節米から、とてもわかりやすかったです。広島、長崎の被爆者のことも含めて、福島原発事故後の被ばくの状況ももっと詳しく具体的に知りたいと思いました。

・少し難しいところもありましたが、知らないことばかりで勉強になりました。ありがとうございました。

・科学的な話が頭に入りずらく難しいです。同じ話をもう一度聞きたいです。カリウム40の話、少しわかりました。もっといろいろ知りたい。

・わかりやすい説明でした。

・「100ミリシーベルト、2キロメートル以内」 2キロメートル以上の被ばく以上の被爆者は、ABCCは調べなかったということをはじめて知った。標準(基準)のように取り扱われる数字、文言がどこから出てきているのかということにも注目すべきと改めて思った。

・新聞記事で、「内部被ばくの影響については、意見が分かれている」というのが必ず付け加えられるが、原爆訴訟で内部被ばくの被害が認められていることをもっと重視して、プレッシャーをかけていかなければなりませんね。

・内部被ばくが食品と呼気のみで、ほかにもおこるのかよく知りたい。原子炉の歴史がよくわかりおもしろかった。

・第1回目も参加させていただきましたが、大変わかりやすい言葉でご説明いただき、ありがとうございました。外部被ばくより内部被ばくの方が気になるところです。特に給食に使われる食材など、もっと記をつけていただきたいと思っています。


2 今後の勉強会で取り上げてほしいテーマについて

・海外での市民レベルでの内部被ばく防護の取り組みなど。

・廃炉が可能なのか知りたい。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-02-24 10:56 | 測定所勉強会 | Comments(0)