カテゴリ:ゲルマ測定( 3 )

 

測定日誌(3月28日)

楠本です。
西日本市民放射能測定所ネットワークで定期的に行っている「ゲルマでお魚お魚測定プロジェクト」で今回は京都が担当だったので、淀屋橋の南福崎測定室に行ってきました。
検体は福井県高浜町産のイカです。
988g 5時間測定で結果は…

Cs-137 検出下限値0.5Bq/kg
Cs-134 検出下限値0.4Bq/kg
にて不検出でした。

原発立地地域で生産される食材の定期的な検査も大切なので続けていきたいです。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2016-03-30 22:46 | ゲルマ測定 | Comments(0)  

3.11以前の「かつお節(鹿児島県枕崎産)」をゲルマ測定

楠本です。

魚介類の放射能汚染が気になる方も多いと思いますが。
福島第一原発事故以前はどうだったのでしょうか?

3.11より前に仕入れた鰹節を粉砕し、
南福崎土地株式会社 放射能測定室にて
ゲルマ(ゲルマニウム半導体検出器)測定
をお願いしました。

結果内容です。

◇鹿児島県枕崎産 かつお節(2011年2月仕入)
◇測定日/ 2014年12月17日
◇測定時間 / 22H
◇測定機器 / ゲルマニウム半導体機器
◇検体重量 / 735g

<結果>
Cs-134→0.2Bq/kg下限値以下の為、不検出。ピークは見えず。
Cs-137→0.60Bq/kg ± 0.1>0.3Bq

定量には至りませんでしたが、Cs-134は不検出でありピークは見えず。
よって、チェルノブイリか原爆実験由来のCs-137と判断できます。

キログラムあたり0.4べクレル位は過去の核実験の影響であるのではないかと覚悟してましたが、0.6Bq/kgはちょっとショックですが事実です(個体差はあると思います)。
正直、削り節工場の責任者の僕がこのデータを公表するのはどうかと躊躇もしましたが、3.11以前に仕入れた事が確認出来る鰹節を、密度を上げる為に粉砕してゲルマ測定をするチャンスがある人間って少ないと思いますので、あえて流します。

ふう〜〜
c0233009_20262043.jpg

[PR]

by sokutei_kyoto | 2014-12-19 20:27 | ゲルマ測定 | Comments(0)  

[Ge測定] 秋田県産 あきたこまち 白米

スタッフのsachiです。(*‘∀‘)

前回の新潟産玄米こしひかりの測定に続いて、新潟産(6/4 訂正)秋田県産あきたこまち」
を測定した結果です。
c0233009_16274650.jpg

測定日:2013年5月17日
商品名:24年産 あきたこまち白米
産地:秋田県産(大仙市)
製造者:三宅精米工場
販売者:幸南食糧株式会社
精米年月日:2013年5月6日
賞味期限:
ロットナンバー:
測定時間:1時間12分30秒
重量:938g
測定容器:1Lマリネリ(全量充填)
+++++++++++++++++++++++++++

解析精度:3σ
セシウム合算:不検出 <1.9Bq/kg
セシウム137:不検出 <1.0Bq/kg
セシウム134:不検出 <0.9Bq/kg
カリウム40 :不検出 <17.2Bq/kg
c0233009_16274890.jpg

スペクトルにセシウム134及び137共にピークなし。
共に「不検出」という結果となりました。

[検出核種]
pb-x 「特性x線」(下記参照)
上記結果となりました。

前回のレポートで、タイトルに「他」と書きながらご紹介できなかった
ゲルマニウム測定室の内部紹介をしたいと思います。
(少しだけですが・・・)
c0233009_16274931.jpg

綺麗に白で統一されたお部屋は全てがおニューな香り。ぷ~ん。
c0233009_16275057.jpg

パソコンにカメラを取り付けまして、各容器別に下限値表作成の為の
撮影準備をしている模様。
素晴らしい~☆
c0233009_16275050.jpg

外からのホコリなどをシャットアウト!!
ドアの周りには目張りが施されました~(*‘∀‘) スゲェー
c0233009_16275159.jpg

そして、何度も口酸っぱく言われる「足元に気をつけてくれ~」と、
冷却装置のコンセント。けつまずいたら首絞められるかな?011.gif

次回は綺麗に収まった部屋全体が撮れたらUPいたします001.gif

レポート by:sachi

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
※測定結果が不検出であっても、永続性を保障するものではありません。
※「特性x線」は各元素の原子核を取り巻く内殻電子の遷移によって発生するX線
http://www.eng.tottori-u.ac.jp/~www_tec/epma/epma.html
[PR]

by sokutei_kyoto | 2013-06-03 16:09 | ゲルマ測定 | Comments(2)