カテゴリ:報道記事( 4 )

 

「第3回市民測定所まつりin呉竹」の様子が報道されました!

みなさん
代表の奥森です。

 「第3回市民測定所まつりin呉竹」の様子を「週刊MDS」が報道してくれました。
 記事全文をブログに掲載させていただきます。

++++++++++++++++++
週刊MDS 2015年10月23日発行 1400号

第3回京都・市民測定所まつりに80人
帰還政策と闘う測定活動を
広がる測定所への期待

“幅広く学習・闘いの拠点に”


 福島原発事故から4年半。放射性物質は垂れ流し状態にもかかわらず、政府は帰還を強要する。京都・市民放射能測定所(代表奥森祥陽さん)は10月12日、京都市内で第3回市民測定所まつりを開催。改めて放射能汚染の実態、避難・移住の重要性や測定所の役割について考える機会をつくった。約80人の参加者は映画、写真展、コンサートと文化満載の1日を楽しんだ。

●幅広い人に

 「帰還政策との闘いがいま焦点だ、と考えています。今日は文化的な催しの中で考えてもらえる企画を工夫しました。いろんな面から興味・関心を持つ人が広がれば」と奥森さんは語った。

 午前9時45分からまつりスタート。映画『小さき声のカノン―選択する人々』(監督鎌仲ひとみ)が上映され、市民放射能測定所の佐藤和利事務局長が測定所の果たす役割について講演。最後はジャズピアニスト河野康弘さんのワッハッハコンサート。聴衆の笑い声をベースリズムに軽妙なジャズの旋律が絡む。終了は17時近くとなった。

 並行して、福島県三春町の写真家飛田晋秀さんが避難地域の現状を撮った作品展も。映画会場近くにある測定所では無料測定会とカフェが用意され、避難者の子どもやおとなの交流の場となった。

●弾む会話
 
 映画は、チェルノブイリ事故での避難政策と対比させながら、子どもを守るために少しでも被ばくを避けようと活動する福島の母親たち、避難したくともできないその葛藤が描かれる。上映後の交流で福島からの避難者は「福島に電話した。友人とけんかになった。除染しても効果がないのに現地の感覚がマヒしてきている。国が支援するといえば、避難できる人は多いはず」と感想を述べた。

 写真展会場では現地の写真を前に会話が弾む。汚染土が詰ったフレコンバッグ、荒れた家、墓石に手を合わせる家族。「敦賀の出身です。明日のふるさとの姿を見るようで」「こんな姿にしてはいけないですよね」。「国道6号を走ってみたんです。好奇心ですけど」「子どもたちがマスクもしないで清掃させられていましたね」。

 幼児をバギーに乗せた若い男性の姿があった。たまたま散歩の途中に見つけて来場した。「放射能や原発の問題は気になっている。安倍首相の政策には反対」と戦争法反対の運動の広がりも話題に。「いま子どもの成長を楽しめる貴重な時期。3年間の育児休暇をとって主夫業に専念」と語る。大切なものを守る思いは父親も負けていない。

●ネットワーク

 佐藤さんは講演で「避難者の声に応えて始めた測定所。人権感覚を大切に、帰還政策批判と結んだ測定活動を広げていきたい」と、楽しく粘り強くネットワークを広げる重要性を語った。測定所への期待は大きい。食や環境問題など地域で学習会に取り組む会員の一人は「測定依頼の件数が少なくなっていると聞くが、測定所は交流や学習の拠点としての役割も重要」と位置づけていた。

 他の市民測定所からの参加もあった。9月末に開設した京都北部(綾部市)市民測定所のスタッフ。測定検体の拡大など軌道に乗せるための困難は続いている。

 滋賀県近江八幡市で11月29日におうみ市民測定所の開設を決めた加納洋さんと宮本幸栄さん。「どう会員を拡大するか」との問題意識で参加した。京都市でレストランを開いていたが、安くて安心できる食材が得やすい滋賀に移住。利用客のつてで京都・市民測定所を紹介され、開設につながった。「反原発での闘いと放射能測定の必要性とは少しギャップがある。福島事故が教訓になっていないと感じる」と言う。「測定機械があるのだから、どんどん無料測定会を開いたら」と奥森さんがアドバイス。数値を示すことが鍵になりそうだ。

 京都・市民放射能測定所の3年間の地道な活動がネットワークを広げている。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2015-10-30 13:58 | 報道記事 | Comments(0)  

【新聞報道から】京都で市民測定所まつり

みなさま
オクモリです。
週刊MDS新聞に「2012年市民測定所まつり」の記事が掲載されていましたので、ご紹介します。
++++++++++++
京都で市民測定所まつり
食品の無料測定が大盛況

関西初からネットワークの中心へ

http://www.mdsweb.jp/doc/1254/1254_06a.html

週刊MDS  2012年11月02日発行 1254号

 京都・市民放射能測定所は10月20、21日の2日間、2012年市民測定所まつりを開催 した。今年5月に関西で初の市民測定所としてオープン。まつりは「すべての食品の放射能測定と公表」という目標に向けて、飛躍するステップの場となった。

 2日間のまつりは多彩な企画でいっぱいだった。会場には「京都市民測定所物語」が展示され、「ほっこりカフェ」やフリーマーケットが配置された。鎌仲ひとみ監督の『内部被ばくを生き抜く』の上映会やアロマハンドマッサージのコーナーも。東京・国分寺市のこどもみらい測定所代表で全国市民放射能測定所ネッ トワーク世話人の石丸偉丈さんの講演会も開催された。

 企画で大人気だったのは、太っ腹企画と銘打った食品の無料測定会。初日は次々と検体が持ち込まれ、予定をオーバーする20検体に。通常は30分の測定時 間を15分に短縮したが、測定スタッフが「残業」してもすべて完了はしなかったほどの盛況ぶり。


●継続的測定が重要

 持ち込まれた検体は、米、玄米、米ぬかが主だったが、今が旬の北海道産のさんま、福島県産の酒も持ち込まれた。保育士たちは保育園で提供するダイコンや ニンジン、削り節など給食の食材を多数揃えた。

 「岩手県や栃木県の親戚から送られてくるお米が大丈夫か知りたくて」「東京に住む娘宅に関西から送っている食材を調べてほしい」などが理由だ。測定時間 が短いので明確な結果は出なかった。

 こどもみらい測定所は昨年12月開所以来、約1500検体を測定してきた。石丸さんは講演の中で、「総合的に継続的に測定をすることで見えてくるものが ある。どんな食材に放射性セシウムが検出されるかの傾向が分かってくる」と述べ、例を示した。「土に近い作物、カリウムを多く含む野菜や豆類にセシウムが 溜まりやすい。木になるもの、とくにお茶などの常緑樹やキノコ類が高い傾向にある」

●奈良で来年3月開所
 
 来年3月10日に市民測定所を開所することを決めた奈良からも多数が参加した。

 「奈良の食材はほとんど出ないと思う。お金を出してまで測りに来るだろうかとの声もある。測定所の維持や役割をどうするか」の質問が出た。石丸さんは 「測定所は検体の測定をするだけではない。相談に応じることも情報を発信していくことも測定所の役割だ」、京都市民測定所代表の奥森祥陽さんも「測定が終 わってすぐに帰る人は少ない。終わってもずっと残って、いろいろな相談をし情報を持って帰っていく」と、相談や情報発信も市民測定所の重要な役割であるこ とを強調した。

 大盛況だったまつり。成果も大きかった。無料測定を依頼した人を中心に京都市民測定所の会員が10人以上も一気に増えた。

 まつりの合間に開いた第1回会員総会で、会員が200人を超えたら会員の測定料金を2千円に値下げすることを決めていた。まつり期間を通して会員が 200人を超えたので、10月27日より値下げを実施する。また、会員300人を超えたら1千円にすることも決めた。この目標達成が今後1年間の方針だ。

 2台目の測定器を購入することも目標だ。奥森さんは「これが達成できたら、測定所を利用することができない地域への測定キャラバンや出張測定ができるよ うになる」と語る。「奈良でのオープンを全面的に支援する。それで関西でのネットワークづくりが見えてくる」と意気込む。

 放射能測定、相談、情報発信の拠点としての市民測定所の役割はますます高まっている。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-11-30 00:33 | 報道記事 | Comments(0)  

内部被曝(京都新聞5/28凡語から)

奥森です

京都新聞の凡語に測定所のことが載りました。

+++++++++++++++

内部被曝  

放射能の被ばくにどう立ち向かうか。そうしたテーマの市民学習会などの場で、さざ波のように広がっている冊子がある▼岩波書店が今年3月に刊行したブックレット「内部被曝(ひばく)」(矢ケ﨑克馬、守田敏也著)だ。「怒りを胸に、楽天性を保って最大防護を」として専門家任せにせず市民が学び、判断を下すことが大切だというメッセージを伝えている▼具体的に何ができるのか。食品の安全性に関して道筋を示す例が今月20日、京都市伏見区のビル一室に生まれた。関西で初となる市民による放射能測定所だ。府職員の奥森祥陽さん(53)=宇治市=ら20人がカンパなどで資金を募り、安定した精度が期待できる機種を海外から購入した▼奥森さんは、震災発生後に職員として福島県での支援活動に志願したことをきっかけに、ボランティアとして京都へ避難した家族の支援を始めた▼「自分たちだけが逃れて本当によかったの」。故郷を離れた母親たちの葛藤や汚染がさらに拡散する懸念を知る。測定所はその延長線上に実現した。避難家族もいっしょにお好み焼きなどを笑顔で囲み、開設を祝った▼「京都に学ぼう」と大阪や奈良から同じことをめざす人も参加した。奥森さんたちは市民測定所が各地に広がることを願う。データが集積されると、「安全」と宣言する側の言葉が本当か市民が見極めることにつながる。めざすのは「自分で判断し安全な道を選択できる社会」だ。

[京都新聞 2012年05月28日掲載]
[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-05-29 00:00 | 報道記事 | Comments(0)  

測定所開設の告知記事(京都新聞の記事から)

奥森です
測定所のオープニングセレモニーの日の京都新聞・夕刊1面に階しあされた記事です。
しっかりと宣伝してくれています。
+++++++++++++++++

食品放射能 市民が検査 京都に測定所開設へ
京都新聞(2012年05月19日 15時00分)

 食品の放射能を調べる「京都・市民放射能測定所」の測定器。測定値がパソコン画面に表示される(京都市伏見区) 福島第1原発事故を受け、食品の放射能検査を行う「京都・市民放射能測定所」が20日、京都市伏見区両替町9丁目に開設される。市民団体や東北からの避難者らが立ち上げた。消費者が持ち込む食品を検査すると同時に、市販の食品を自主的に検査し、データをインターネットで公表する。市民測定所の設立は関西で初という。

 食品による内部被ばくを懸念する避難者や幼い子を持つ母親から「行政の基準や業者の公表データは不十分」という声が上がり、有志約20人で開設を進めていた。

 会費や市民からの募金を基に約180万円で購入したベラルーシ製の測定器で、放射性セシウムや放射性ヨウ素などを調べる。持ち込み検査は有料で受け付け、約30分の測定で得たデータをその場で依頼者に説明する。

 自主検査は当面、菓子などの加工品と魚介類を中心に行う。4月からの試験測定で関西圏の野菜はほぼ正常値を示したためという。

 設立委の奥森祥陽代表(53)=宇治市=は「市民測定所は東北を中心に全国で80カ所に及んでおり、放射能拡散の実態把握につながる」と話す。

 持ち込み検査は予約制で、1回5千円。年会費5千円を支払った会員は1回無料で、2回目以降3千円。予約は5月は20日以降の水曜午前10時~午後3時と土、日曜午前10時~午後5時に電話で受け付ける。検査実施日も原則水曜と土、日曜。問い合わせ、予約は事務局TEL075(622)9870へ。
[PR]

by sokutei_kyoto | 2012-05-20 00:00 | 報道記事 | Comments(0)