測定日誌(2017年4月19日)

楠本です。本日の測定結果報告です。
予約は無かったので滋賀県産の白米を自主測定しました。
1000g
9000秒
c0233009_21064538.jpg
Cs137 検出下限値 1.46Bq/kg
Cs134 検出下限値 1.35Bq/kg

今日はぽかぽか陽気の暖い1日で、ほっこりカフェもあり午後からですが人の出入りもありましたが、測定依頼が無いのはさみしいですね〜
みなさま測定所をもっともっと活用して下さい〜。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2017-04-23 21:07 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年4月8日)

佐藤です。
今村復興大臣の発言は、放射能汚染と日々向き合っている私としても、心底頭にきました。
しかし、非難の嵐を受けて、「原発事故は国と東電の責任」と言いましたね。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/420201(佐賀新聞)
これは大きなことです。責任を認めるなら、きちんと賠償の義務を果たしてもらいましょう。

さて、本日の測定結果です。
生芋こんにゃく、1800秒 1リットル測定で
セシウム137が 1.69±1.90Bq/kg。統計誤差100%越え。検出下限値3.09Bq/kg。
セシウム134が 濃度の数値出ず。検出下限値2.88Bq/kg。
でした。セシウム137は数値が出ましたが、統計誤差が100%を越えているので、検出とは見なせずです。
スペクトルを確認すると、137を特徴づける662KeVに怪しさはなく、水気が多いので天然各種に影響されたのだとわかりました。総合的に放射性セシウムは不検出と判断しました。

2検体めは、滋賀県産の大根です。
3600秒 500ミリリットル測定で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.78Bq/kg。
セシウム134 1.17±2.04Bq/kg。統計誤差100%越え 検出下限値3.11Bq/kg。
でした。これも水気が多いので、天然核種の影響がありました。総合的に放射性セシウムは不検出と判断しました。

3検体めは、長野県中野市産のえのき茸です。
3600秒 500ミリリットル測定で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値5.45Bq/kg。
セシウム134 1.99±2.85Bq/kg。統計誤差100%越え 検出下限値4.42Bq/kg。
でした。これも水気が多いので、天然核種の影響あり。総合的に放射性セシウムは不検出と判断しました。

報告は以上ですが、5月14日をお忘れなく!

京都・市民放射能測定所 5周年のつどい
5月14日(日)10時~17時
呉竹文化センター(近鉄・京阪 丹波橋駅下車)にて会員総会、上映会、特別講演
同日10時~14時
丹波橋測定室にて、無料測定会&お茶会
同日17時から
場所を移して記念コンサート・交流会の予定です。

「東日本土壌測定プロジェクトの講演」
こどもみらい測定所代表 みんなのデータサイト事務局長 石丸偉丈(ひでたけ)さん

「原発事故から6年。避難指示解除と汚染土壌のリサイクルを批判する」
渡辺さんの特別講演

など、企画しております。詳細なタイムスケジュールは決まり次第公表します。よろしくお願いします。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2017-04-08 14:48 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年4月1日)

本日測定員は藤原と佐藤です。

京都は本日は曇り。さて、本日4月1日(土)の測定報告です。

りんご(青森産)1000ml 
測定結果は2400秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値4.23Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値3.90Bq/kg。不検出
スペクトル確認 異常な値はみられず。結果 不検出。
 
いちご (福岡産)500ml 
測定結果は1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値8.93Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値7.22Bq/kg。不検出
スペクトル確認 異常な値はみられず。結果 不検出。

本日2検体測定。2検体不検出。


夜から朝にかけて1桁の気温の日が続いています。皆様お風邪を召されないようきおつけ下さい。
5月14日に測定所5周年の集いを行います。会員の皆様のお越しをお待ちしております。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2017-04-02 02:22 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年3月18日)

本日測定員は藤原と佐藤です。

京都は本日は晴れ。
春の暖かく過ごしやすい陽気な今日さて、本日3月18日(土)の測定報告です。

玉ねぎ(北海道産) 1000ml
測定結果は 1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値5.37Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値4.95Bq/kg。不検出
スペクトル確認、異常な値はみられず。結果不検出。
 
麦茶 (国内)1000ml
測定結果は 1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値9.25Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値8.57Bq/kg。不検出
スペクトル確認、異常な値はみられず。結果不検出。

りんご (青森産) 1000ml 
測定結果は 1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値4.64Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値4.29Bq/kg。不検出
スペクトル確認、異常な値はみられず。結果不検出。

本日3検体測定。3検体不検出。

夜から朝にかけて一桁の気温の日が続いています。皆様お風邪を召されないようきおつけ下さい。会員の皆様のお越しをお待ちしております。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2017-03-22 14:11 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年3月13日)@三条御前

楠本です。三条御前測定依頼所の測定結果報告です。

粉末寒天
原産国インドネシア、日本
700g 65000秒
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値1.07Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値1.09Bq/kg
セシウム137、134共にピークも確認できず不検出と判断します。
c0233009_14090570.jpg


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2017-03-22 14:09 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年3月9日)@三条御前

楠本です。三条御前での測定依頼結果報告です。

宮崎県産ちりめんじゃこ
520g 65000秒
c0233009_23241744.jpg
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値1.46Bq/kg
Cs134 0.57±0.92Bq/kg 統計誤差>100% 検出下限値1.49Bq/kg
半減期30年のセシウム137と半減期②年のセシウム134の比率は現在約1:0.15となっておりセシウム134のみの検出は考えられません。スペクトルグラフからもセシウム137,134共にピークは確認できず統計誤差も100%をこえているため不検出と判断します。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2017-03-12 23:24 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年3月8日)@三条御前

楠本です。三条御前の依頼測定結果報告です。

1、鹿児島県産 鰹節削り節
280g 65000秒
Cs137 6.14±2.15Bq/kg 統計誤差28.7% 検出下限値2.81Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値2.89Bq/kg
スペクトルグラフにピークは見えませんがセシウム137に数値が示されてます。軽量検体を長時間測定した時によく起こることですが粉砕して密度を増やして再測定しました。

2、1を粉砕したもの
572g 65000秒
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値1.32Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値1.35Bq/kg

鰹の削り節は仕事で普段取り扱っているので定期的に自主測定していきます。

3、5日のマイタウン向島での無料測定会での再測定、いわき市で着ていた衣類(カーディガン)
Cs137 6.38±2.94Bq/kg 統計誤差42.0% 検出下限値4.31Bq/kg
Cs134 4.05±2.73Bq/kg 統計誤差67.2% 検出下限値4.45Bq/kg
セシウム137の662kev付近にピークがみられます。微量ではありますが放射性セシウム137の検出と判断します。

4、徳島県産 7分付き米 (胚芽米)
950g 65000秒
c0233009_23221562.jpg
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値0.77Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値0.79Bq/kg

5、大山まきば牛乳
1035g 65000秒
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値0.70Bq/kg
Cs134 0.32±0.45bq/kg 統計誤差>100% 検出下限値0.72Bq/kg
統計誤差が100%をこえておりスペクトルグラフにピークが確認できないことで天然核種などの影響での誤検出と考えられ不検出と判断します。

2月後半から高熱が続き報告遅れてすみません。ほぼ完全復活しましたのでよろしくお願いします。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2017-03-12 23:22 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2017年3月5日)

楠本です。京都文教マイタウン向島での無料測定会の結果報告です。
今回は7件の申し込むで何故か5件が畑や公園の砂などの土壌祭りとなりました。一通り測定結果を報告します。

1、京都市内 畑の土
1283g 1800秒
c0233009_23024343.jpg
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値2.51Bq/kg
Cs134 17.4±4.2Bq/kg 統計誤差9.1% 検出下限値2.32Bq/kg

2、京都市内 堰堤の砂
1724g 1800秒
Cs137 0.45±2.68Bq/kg 統計誤差100% 検出下限値1.92Bq/kg
Cs134 17.4±4.2Bq/kg 統計誤差13.2% 検出下限値1.77Bq/kg

3、京都府産白米
951g 1800秒
c0233009_23035773.jpg
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値3.32Bq/kg
Cs134 4.93±2.32Bq/kg 統計誤差43.1% 検出下限値3.09Bq/kg

4、吹田市の公園の砂
1653g 1800秒
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値2.0Bq/kg
Cs134 25.0±5.8Bq/kg 統計誤差10.4% 検出下限値1.94Bq/kg

5、京都市内の池の底の泥
845g 1800秒
c0233009_23050515.jpg
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値3.77Bq/kg
Cs134 18.3±4.6Bq/kg 統計誤差15.3% 検出下限値3.51Bq/kg

6。震災時いわき市で着ていた衣類
185g 2400秒
c0233009_23061032.jpg
Cs137 4.02±12.49Bq/kg 統計誤差<100% 検出下限値16.2Bq/kg
Cs134 41.7±13.4Bq/kg 統計誤差25.1% 検出下限値15.1Bq/kg

7、京都市内の公園の落ち葉
168g 1800秒
c0233009_23064981.jpg
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値20.6Bq/kg
Cs134 40.0±13.4Bq/kg 統計誤差25.1% 検出下限値19.3Bq/kg

結果判断 1、2、4、5、7、については典型的な西日本土壌の特徴的なウラン系列の鉛214、ビスマス214やトリウム系列のアクチニウム228のピークが確認できセシウム137の電気エネルギーを出す662kevにはピークが見られないため天然核種による誤検出と判断します。

3、の白米もセシウム137のピークはみえず不検出と判断します。

6、の衣類は軽量でありスペクトルグラフからも結果判断がつきにくいため三条御前に持ち帰り長時間測定し後日報告します。

今日は天気も良く暖かくて沢山の方に来ていただき、熱い1日でしたありがとうございました。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2017-03-12 23:07 | 無料測定会 | Comments(0)  

測定日誌(2017年2月5日)@三条御前

楠本です。くっすんらぼの依頼測定結果です。

ホームセンターで購入した土
1075g 10800秒
Cs137 放射能濃度 6.12±1.68Bq/kg 統計誤差 18.5% 検出下限値1.28Bq/kg ピーク検出せず
Cs134 放射能濃度10.3±2.3Bq/kg 統計誤差 9.7% 検出下限値1.32Bq/kg ピーク検出せず

[判定]
セシウム137,134共に放射能濃度検出がありますが、西日本の土壌によくみられる天然核種であるウラン系列の鉛214(Pb214),ビスマス214(Bi214)やトリウム系列のアクチニウム228(Ac228)のピークが確認でき検出された数値は天然核種等の影響による誤検出と考えられます。

[PR]

# by sokutei_kyoto | 2017-03-12 02:55 | 測定日誌 | Comments(0)  

測定日誌(2016年12月4日)

楠本です。
健ライト測定室での無料測定会の時の再測定結果です。

京都府産白米
973g 65000秒
Cs137 放射能濃度1.30±0.52Bq/kg 統計誤差34.9% 検出下限値0.74Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値0.78Bq/kg

ピーク検出はありませんがスペクトルグラフにわずかにピークのようなものが見えます。もう少し再測定をして精査します。 現時点では微量のセシウム137のみ検出の疑いありとしておきます。

[PR]

# by sokutei_kyoto | 2017-03-12 02:47 | 測定日誌 | Comments(0)