2017年 04月 08日 ( 1 )

 

測定日誌(2017年4月8日)

佐藤です。
今村復興大臣の発言は、放射能汚染と日々向き合っている私としても、心底頭にきました。
しかし、非難の嵐を受けて、「原発事故は国と東電の責任」と言いましたね。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/420201(佐賀新聞)
これは大きなことです。責任を認めるなら、きちんと賠償の義務を果たしてもらいましょう。

さて、本日の測定結果です。
生芋こんにゃく、1800秒 1リットル測定で
セシウム137が 1.69±1.90Bq/kg。統計誤差100%越え。検出下限値3.09Bq/kg。
セシウム134が 濃度の数値出ず。検出下限値2.88Bq/kg。
でした。セシウム137は数値が出ましたが、統計誤差が100%を越えているので、検出とは見なせずです。
スペクトルを確認すると、137を特徴づける662KeVに怪しさはなく、水気が多いので天然各種に影響されたのだとわかりました。総合的に放射性セシウムは不検出と判断しました。

2検体めは、滋賀県産の大根です。
3600秒 500ミリリットル測定で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.78Bq/kg。
セシウム134 1.17±2.04Bq/kg。統計誤差100%越え 検出下限値3.11Bq/kg。
でした。これも水気が多いので、天然核種の影響がありました。総合的に放射性セシウムは不検出と判断しました。

3検体めは、長野県中野市産のえのき茸です。
3600秒 500ミリリットル測定で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値5.45Bq/kg。
セシウム134 1.99±2.85Bq/kg。統計誤差100%越え 検出下限値4.42Bq/kg。
でした。これも水気が多いので、天然核種の影響あり。総合的に放射性セシウムは不検出と判断しました。

報告は以上ですが、5月14日をお忘れなく!

京都・市民放射能測定所 5周年のつどい
5月14日(日)10時~17時
呉竹文化センター(近鉄・京阪 丹波橋駅下車)にて会員総会、上映会、特別講演
同日10時~14時
丹波橋測定室にて、無料測定会&お茶会
同日17時から
場所を移して記念コンサート・交流会の予定です。

「東日本土壌測定プロジェクトの講演」
こどもみらい測定所代表 みんなのデータサイト事務局長 石丸偉丈(ひでたけ)さん

「原発事故から6年。避難指示解除と汚染土壌のリサイクルを批判する」
渡辺さんの特別講演

など、企画しております。詳細なタイムスケジュールは決まり次第公表します。よろしくお願いします。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-04-08 14:48 | 測定日誌 | Comments(0)