測定日誌(2017年11月19日)@三条御前

楠本です。
宮城県産原木の椎茸の測定結果です。

274g 65000秒 500ml容器での測定です。
Cs137 放射能濃度9.50±3.17Bq/kg 統計誤差26.7% 検出下限値3.92Bq/kg ピーク判定あり
Cs134 放射能濃度9.92±3.25Bq/kg 統計誤差25.9% 検出下限値4.08Bq/kg ピーク判定あり
スペクトルグラフにもピークがはっきり確認できますので検出とみなします。

現在セシウム137とセシウム134の比率は1:0.12 ですセシウム134の値が高いので天然核種の影響による数値のかさ上げで実質キログラムあたり10ベクレル位の汚染かなと思います。国の基準値以下ですが僕的には高い数値だなと思います。

丹波橋測定室で測定済みのコンクリート材料の砂利、セメント、砂を再測定しました。
このコンクリート材は放射生セシウムは不検出と判断します。


[PR]
by sokutei_kyoto | 2017-12-02 03:22 | 測定日誌 | Comments(0)

このブログは、京都市民測定所のブログです。イベント情報や測定日誌を掲載しています。ぜひ、お立ち寄りください。


by sokutei_kyoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31