測定日誌(2017年2月4日)

佐藤です。
今日は久しぶりに「土壌」測定を行いました。茨城県水戸市の家の土です。

1つ目は、家の西側で採取された土
測定結果は、3600秒 1リットル測定で
セシウム137 78.8±15.8Bq/kg。検出下限値1.98Bq/kg。
セシウム134 27.5±5.9Bq/kg。検出下限値1.84Bq/kg。
でした。セシウムは両方ともピークあり判定。スペクトルもピークがはっきり見える「検出」でした。

2つ目は、同じ家の北側で採取された土
測定結果は、3600秒 1リットル測定で
セシウム137 51.5±10.5Bq/kg。検出下限値2.25Bq/kg。
セシウム134 23.2±5.1Bq/kg。検出下限値2.10Bq/kg。
でした。セシウム137はピークあり判定。(セシウム134は判定なし)スペクトルを確認したところ、両方ピークが見える「検出」でした

いつでもそうですが、「土」を測る時は緊張しますね。測定器や部屋が汚染されないように気を使います。今回のように、汚染がはっきりした土はきちんと保管しないといけませんし。

実は2014年の10月、今回と同じ家の土を測っていました。
その時3箇所の土を計りましたが、結果は、
1箇所目 137が48.7Bq/kgと134が30.8Bq/kg
2箇所目 137が246Bq/kgと134が102Bq/kg
3箇所目 137が285Bq/kgと134が111Bq/kg
でした。同じ家でも採取した場所によって放射能の値は変わりますので、単純な比較はできないでしょう。ですが、汚染が2年以上たっても消えず、続いていることは間違いありません。

報告は以上です。測定所をみなさま、ぜひご利用ください。よろしくお願いします。


[PR]
by sokutei_kyoto | 2017-02-04 16:47 | 測定日誌 | Comments(0)

このブログは、京都市民測定所のブログです。イベント情報や測定日誌を掲載しています。ぜひ、お立ち寄りください。


by sokutei_kyoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31