測定日誌(2017年1月7日)

佐藤です。
2017年最初の開所日の測定日誌です。
会員のみなさま。今年もよろしくお願いします。

1つ目は、大変興味深い測定をしました。
福島市西部の自家製「干し柿」です。
c0233009_20332584.jpg
測定結果は、3600秒 500ミリリットル測定で
セシウム137 48.0±10.7Bq/kg。検出下限値4.88Bq/kg。
セシウム134 6.75±3.08Bq/kg。検出下限値3.99Bq/kg。
でした。放射性セシウムが合算で54.8ベクレル検出されたことになります。スペクトルもピークがはっきり見える「検出」でした。

実は去年の2月、同じ所の自家製「干し柿」を測っていました。
1年前の結果は、
測定結果は、1800秒 1リットル測定で
セシウム137 28.0±6.3Bq/kg。検出下限値2.71Bq/kg。
セシウム134 6.17±2.32Bq/kg。検出下限値2.51Bq/kg。
でした。

なので、去年より今年の方が高かったという結果でした。
これは去年は量が1リットルあったのに対し、今年は500ミリリットルを切る量だったので、高く出てしまったとも考えられます。あるいは、干している時間や空気中の放射性微粒子の飛散状況の違いかもしれません。
ただ言える事は、汚染はずっと続いていること、そして油断すれば汚染された食物を口にしてしまうこと。だから、測ってみることが大事だということですね。これからも継続して監視していかなければなりません。

2つめは、五目チャーハン(大手メーカーの冷凍食品)を測りました。
測定結果は、3600秒 500ミリリットル測定で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.82Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値3.16Bq/kg。
でした。スペクトルも問題なく、不検出と判断しました。

報告は以上です。
今年も測定所をぜひご利用ください。
よろしくお願いします。


[PR]

by sokutei_kyoto | 2017-01-10 20:33 | 測定日誌 | Comments(0)  

<< 測定日誌(12月20日)@三条... 京都・市民放射能測定所 >>