【重要】京大病院の事故現場で放射線測定を行ってきました!

みなさん
京都・市民放射能測定所の奥森と申します。

7月1日に京都大学医学部不足病院・旧産婦人科病舎の1階実験室が出火(まるで爆発のよう)した事故(放射性物質を扱っていたと推測される)を受けて、遅くなりましたが、本日(7月3日)現地で、RADEX R1503による「放射線測定」を行ってきましたので、みなさまにご報告します。

今日の測定では、京大病院の近隣地域よりもやや高い数値が確認されました。あきらかに、今回の事故の影響と思われます。
毎日新聞は、「事故時0.5μ㏜/hを検出した」と報道しています。今後、京大病院に今愛の事故の解明と放出された放射性物質の公表、事故時の対応が適切だったかなど、明らかにさせなければならないと思います。

現場の写真も掲載していますので、ぜひ、お読みください。測定結果は末尾です。

c0233009_20453421.jpg
京大医学部付属病院 旧産婦人科病棟 

c0233009_20465563.jpg
放射線管理区域の表示が

c0233009_20471239.jpg
黒く焦げているのが爆発事故があった部屋だ。窓の部分は閉鎖されていた。

c0233009_20472525.jpg
まだ焦げ臭いにおいがした。
c0233009_20473732.jpg

c0233009_20475273.jpg
地下に入る階段は閉鎖されていた。
c0233009_20480619.jpg
裏に回ると中を見ることができた。
c0233009_20481894.jpg
建物の中の様子。火災現場から少し離れた部屋だと思われる。放射線測定器が机の上に置いてあった。


測定結果
測定器 RADEX RD1503 

京大病院玄関前  高さ1メートル 0.15μ㏜/h 高さ10センチ 0.12μ㏜/h

病院内廊下    高さ1メートル 0.17μ㏜/h

出火現場前   高さ1メートル 0.18μ㏜/h 高さ10センチ 0.17μ㏜/h


<参考>
自宅前       高さ1メートル 0.09μ㏜/h
伏見稲荷鳥居前道路 高さ1メートル 0.10μ㏜/h
東山七条      車中(高さ約1メートル)0.10μ㏜/h
東山五条      車中(同)       0.13μ㏜/h
東山安井      車中(同)       0.11μ㏜/h
八坂神社前     車中(同)       0.12μ㏜/h
知恩院前      車中(同)       0.11μ㏜/h
東山三条      車中(同)       0.12μ㏜/h
東山丸太町     車中(同)       0.10μ㏜/h
熊野神社前     車中(同)       0.08μ㏜/h
京大病院駐車場(地上)車中(同)      0.12μ㏜/h



[PR]
by sokutei_kyoto | 2016-07-03 21:27 | 検証測定 | Comments(0)

このブログは、京都市民測定所のブログです。イベント情報や測定日誌を掲載しています。ぜひ、お立ち寄りください。


by sokutei_kyoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31