測定日誌(12月20日)@三条御前など

楠本です。
左京健ライト測定室で検出の疑いありとした京都産白米の時間をおいての再測定結果です。
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値 0.75Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値 0.77Bq/kg
Cs137.Cs134共にピーク検出も無くスペクトルグラフにもピークはありません。
白米でのCs137の誤検出は経験が無かったため慎重に応対しましたが健ライト測定室の長時間測定でも同様の結果だったので大変お騒がせしましたが、不検出と判断します。依頼主さんにも連絡済みです。
今回は初めてのパターンだったので困惑しましたが不検出で良かったです。



次は三条御前測定依頼所での測定結果報告です。

群馬県産りんご 721g 65000秒
c0233009_20364211.jpg
Cs137 0.93±0.64Bq/kg 統計誤差 68.4% 検出下限値1.03Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値1.06Bq/kg
スペクトルグラフにはピークは見られず天然核種等による誤検出として不検出とします。

岩手県産りんご 721g 16000秒
c0233009_20365022.jpg
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値1.64Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値1.68Bq/kg
Cs137.Cs134共にピーク検出せず不検出と判断します。

いつの間にか今年ももう残りますとなりました。皆様お忙しくされてると思いますが
風邪などひかれぬよう、お身体大切にしてくださいませ。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2017-01-10 20:37 | 測定日誌 | Trackback | Comments(0)  

測定日誌(2017年1月7日)

佐藤です。
2017年最初の開所日の測定日誌です。
会員のみなさま。今年もよろしくお願いします。

1つ目は、大変興味深い測定をしました。
福島市西部の自家製「干し柿」です。
c0233009_20332584.jpg
測定結果は、3600秒 500ミリリットル測定で
セシウム137 48.0±10.7Bq/kg。検出下限値4.88Bq/kg。
セシウム134 6.75±3.08Bq/kg。検出下限値3.99Bq/kg。
でした。放射性セシウムが合算で54.8ベクレル検出されたことになります。スペクトルもピークがはっきり見える「検出」でした。

実は去年の2月、同じ所の自家製「干し柿」を測っていました。
1年前の結果は、
測定結果は、1800秒 1リットル測定で
セシウム137 28.0±6.3Bq/kg。検出下限値2.71Bq/kg。
セシウム134 6.17±2.32Bq/kg。検出下限値2.51Bq/kg。
でした。

なので、去年より今年の方が高かったという結果でした。
これは去年は量が1リットルあったのに対し、今年は500ミリリットルを切る量だったので、高く出てしまったとも考えられます。あるいは、干している時間や空気中の放射性微粒子の飛散状況の違いかもしれません。
ただ言える事は、汚染はずっと続いていること、そして油断すれば汚染された食物を口にしてしまうこと。だから、測ってみることが大事だということですね。これからも継続して監視していかなければなりません。

2つめは、五目チャーハン(大手メーカーの冷凍食品)を測りました。
測定結果は、3600秒 500ミリリットル測定で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.82Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値3.16Bq/kg。
でした。スペクトルも問題なく、不検出と判断しました。

報告は以上です。
今年も測定所をぜひご利用ください。
よろしくお願いします。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2017-01-10 20:33 | 測定日誌 | Trackback | Comments(0)  

京都・市民放射能測定所

c0233009_0533784.png

当ブログを ご覧いただき 誠にありがとうございます。
こちらは
2012年5月に開所致しました
京都・市民放射能測定所の ブログとなります。
ぜひ、ホームページも 覗いてみてくださいませ。

ホームページこちら

測定予約こちら
※ 必要量不足や、検体の処理が不十分での持ち込み防止のため
予約時には 必ず Q&Aも併せて ご一読くださいませ。 Q&A

土壌測定については、こちらを参照してください。土壌測定チームが担当します。

当測定所は
市民の持ち寄りで運営しております。
測定所 維持の為、お力添えの程
何卒よろしくお願い致します。
会員・カンパ等のご支援こちら

皆さまの想いに応えられる測定所に
近づけれるよう
在り続けれるよう
スタッフ一同 頑張りますので
今後とも 京都・市民放射能測定所を
よろしくお願い申し上げます。
[PR]

# by sokutei_kyoto | 2016-12-31 23:59 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)  

測定日誌(12月17日)

本日測定員は藤原と佐藤です。

京都は本日は晴れ。
12月も半月が過ぎ年の瀬が近づいて参ります。さて、本日の測定結果は以下のなります。


白米(福島県産) 1000ml
測定結果は、1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値3.58Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値3.33Bq/kg。不検出
スペクトル確認 異常な値はみられず。結果 不検出。


サツマイモ(千葉県産) 1000ml
測定結果は、1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値4.16Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値3.86Bq/kg。不検出
スペクトル確認 異常な値はみられず。結果 不検出。 

もち 500ml
測定結果は、1800秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値6.26Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値5.79Bq/kg。不検出
スペクトル確認 異常な値はみられず。結果 不検出。

本日3検体測定。3検体不検出。
本日はお客様2名お越しになられ、お話などを聞かせて頂きました。また、お持ちになられた2検体共に不検出でした。会員の皆様のお越しをお待ちしております。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2016-12-20 01:14 | 測定日誌 | Trackback | Comments(0)  

測定日誌(12月14日)

佐藤です。
今日は京都地裁で、原発事故避難者の方が責任と賠償を求めている裁判がありました。
当測定所のスタッフも原告になっておりますので、丹波橋測定室は閉所日とさせていただきました。ご不便をかけますが、ご理解をお願いします。

さて、12月7日以降、延長測定を行った2検体の結果を報告させていただきます。

1つめは、福島県伊達産の名物「あんぽ柿」です。
測定結果は、63000秒 500ミリリットル測定で
セシウム137 2.26±1.70Bq/kg。検出下限値2.74Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値2.20Bq/kg。
でした。検体は量が少なかったので、結果はあくまで参考値として見てください。スペクトルも微妙な感じで、セシウム137が検出されたとは言いづらい結果でした。私見としては「検出の疑い」でしょうか。量が十分あればよかったと思います。

2つめは、和歌山県産木材の「灰」です。
測定結果は、63000秒 1リットル測定で
セシウム137 17.5±3.80Bq/kg 検出下限値1.09Bq/kg。
セシウム134 54.9±11.0Bq/kg 検出下限値1.00Bq/kg。
でした。この検体はカリウム40の影響が大きく、スペクトルを見るとバックグラウンドから全体的に測定値が大きくかさ上げされていました。そして複数の天然核種が検出されてますので、セシウム134の値54ベクレルは誤検出分が多く含まれていると判断しました。
今年7月に測ったストーブ用長野県産ペレットの灰はセシウム137が196ベクレルで、スペクトルを見てもピークが明確でした。しかし、今回の灰はセシウム137の所のピークが、それほどではありませんでした。
私見としまては、放射性セシウムが存在しているとしても、137の測定値17ベクレル程度なのではないかと考えます。少なくとも、長野県産ペレットの灰よりずっと低いレベルです。
地球には過去の核実験やチェルノブイリ事故以来、長寿命で半減期30年のセシウム137が残っていますが、その影響とも考えられます。灰はぐっと濃縮されますので、樹木では低いレベルでも、灰になれば高い値になるとあらためて思いました。

この2検体の結果は悩ましく、12月11日のミーティングで複数のスタッフで検討し、今回の報告とさせていただきました。ご意見等いただければ幸いです。

今後も測定所をぜひご利用ください。
よろしくお願いします。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2016-12-20 01:12 | 測定日誌 | Trackback | Comments(0)  

測定日誌(12月3日)

本日測定員は藤原と佐藤です。

京都は本日は晴れ。朝霜がおりる様になり肌寒い日が続きます。

さて、本日12月3日(土)の測定報告です。

さつまいも (島根県産) 500ml 
測定結果は 3600秒で
セシウム137 濃度の数値出ず。 検出下限値3.75Bq/kg。不検出
セシウム134 濃度の数値出ず。 検出下限値3.09Bq/kg。不検出
結果 不検出。

灰。1000mlをしましたが、測定結果が不確かでしたので長時間の再測定を行います。 

本日2検体測定。1検体不検出。1検体再測定。

夜から朝にかけて一桁の気温の日が続いています。皆様お風邪を召されないようきおつけ下さい。


会員の皆様のお越しをお待ちしております。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2016-12-04 14:11 | 測定日誌 | Trackback | Comments(0)  

【ご案内】第4回京都市民測定所まつり「放射線による健康被害」

 京都・市民放射能測定所の佐藤です。
 
(転送歓迎)
第4回市民測定所まつりのご案内です。

 今年は、『大特集:放射線による健康被害』がテーマです。 思いがけないゲストに講演していただけることになりました。 西尾正道さん(北海道がんセンター名誉院長)と森国悦さん(医療問題研究会)です。
○申込み
 会場は289席ありますが、受付をスムーズに行うため、こくちーずを予約用に使わせていただきます。
 こちらから申し込んでください。
  http://kokucheese.com/event/index/435790/
  料金が一般1000円しか表示されていませんが、京都・市民測定所会員の方は700円です。

●11月26日(土)13時開場 13時半開始 17時終了
●キャンパスプラザ京都 第一講義室(JR京都駅前)
●参加費 一般1000円 京都測定所会員700円

○西尾正道(にしおまさみち)さん
 北海道がんセンター名誉院長 講演『長寿命放射性元素 体内取込み症候群について』 西尾さんは医療のスペシャリストとして長年がん治療の最前線で活躍されてきました。 日本政府の施策の根拠であるICRP(国際放射線防護委員会)の問題点を鋭く指摘されており、被曝の人体への影響を過少評価する理論であることを示されています。
  そして、放射性物質が微粒子として存在しており、体内に入っていくことの恐るべき危険性について、医学の深い経験と知識をふまえてわかりやすくお話をされています。
 今回は特別に京都で講演していただけることになりました。

○森国悦(もりくによし)さん
 医療問題研究会 『甲状腺がん異常多発とこれからの広範な障害の増加を考える』 森さんは現在の医療の問題点に警鐘を鳴らされている『医療問題研究会』のメンバーとして、福島原発事故以降の健康被害を取り上げ、訴えてこられました。
 そして、甲状腺がんの異常多発と周産期死亡率の顕著な増加についてデータを分析され、放射線被害の影響を示されています。
  今後の懸念される事態について語っていただきます。

京都・市民放射能測定所 〒612-0066 京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1コーポ桃山105号 E-mail:shimin_sokutei@yahoo.co.jp http://nukecheck.namaste.jp/  http://crmskyoto.exblog.jp/ 担当者 佐藤和利(070-5664-2713夜間のみ satokazu@wave.plala.or.jp) 電話に出れない時は、折り返します。
c0233009_15191667.png
第4回市民測定所まつりのチラシはこちらからダウンロードできます。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2016-11-26 13:30 | 主催イベント | Trackback | Comments(0)  

測定日誌(11月21日)@三条御前

楠本です♪三条御前測定依頼所での測定依頼結果報告です。

宮崎県産ちりめんじゃこ
510g 20000秒
c0233009_18520556.jpg
Cs137 放射能濃度検出せず 検出下限値2.14Bq/kg
Cs134 放射能濃度検出せず 検出下限値2.24Bq/kg
共にピークも無く不検出とします。

今週末の11月26日土曜日13;30〜17;00
JR京都駅前(塩小路側)キャンパスプラザ京都4階第一講義室にて、第4回測定所まつりとして北海道がんセンター名誉院長の西尾正道さん、医療問題研究会の森国悦さんの講演会があります。もちろん測定所としてもICRPの被曝、特に内部被曝の人体への影響の過小評価の問題点を指摘してきましたが、権威ある立場で公の場で講演していただけるのは大変意義のある事です。

もうひとつ。12月4日日曜日 10:00〜14:00
左京区の健ライト測定室にて”毎日食べてるお米をはかろう無料測定&見学会"を行います。お米以外でもミンチ状にして1リットルご用意できればぜひお持ちください。ご予約は測定所ホームページの無料測定会予約欄からお願いします。ぜひぜひご参加よろしくお願いします。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2016-11-21 18:52 | 測定日誌 | Trackback | Comments(0)  

測定日誌(11月20日)

佐藤です。
今日11月20日(日)の測定日誌です。

1検体測定 冷凍えびピラフ(大手食品メーカー製 解凍後測定)
測定結果は、3600秒 500ミリリットル測定で
セシウム137 濃度の数値出ず。検出下限値3.61Bq/kg。
セシウム134 濃度の数値出ず。検出下限値2.97Bq/kg。
でした。スペクトルも確認し、不検出と判断しました。

今日は無料測定会ですが、予約なく残念でした。
12月4日(日)は健らいと測定室で再度無料測定会をしますのでご利用下さい。
予約はこちら → http://nukecheck.namaste.jp/muryo_sokutei.html

そして11月26日(土)は第4回測定所まつりです。
案内はこちら → http://nukecheck.namaste.jp/
ぜひ、よろしくお願いします。

以上です。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2016-11-20 14:27 | 測定日誌 | Trackback | Comments(0)  

測定日誌(11月12日)その2

佐藤です。
昨日11月12日(土)の測定報告の続きです。
東京の霞ヶ関の落ち葉を再測定しました。

1000ml 63000秒で
セシウム137 19.1±4.5BBq/kg  検出下限値3.51Bq/kg。検出
セシウム134 5.03±2.27Bq/kg  検出下限値3.26Bq/kg。検出
でした。

この落ち葉は、私が11月7日に東京から持ち帰ったものです。
会員のみなさまにもご協力いただいた『放射能健診100万人署名』を参議員会館で環境省の役人に提出した後、その近くの場所で落ち葉を掃除していた人から別けてもらいました
環境省の役人は、元小児科医10年やって、福島の健康調査にもかかわった人でしたが、放射能の健康影響は認めない態度でした。東京の汚染が続いている、この事実をつきつけたいと思いました。

11月26日(土)の測定所まつりでは、西尾正道さんに「放射性物質が微粒子として存在」しており「体内に入ることの危険性」を語っていただきます。今回の測定は、その微粒子の存在を裏付ける例になるのではないかと思います。

ぜひ、測定所まつりをよろしくお願いします。


[PR]

# by sokutei_kyoto | 2016-11-20 14:25 | 測定日誌 | Trackback | Comments(0)